『ムーミン』シリーズ

シリーズ書評

ムーミン展


ムーミン展2021感想。本を読んで行こう。物語を思い原画を楽しむ

東京・六本木で開催された「ムーミン展」に行ってきた。 ムーミン小説・絵本ファンの大人がたっぷり楽しめる、ぜいたくな展示。 原画が充実しているので、ぜひ、本を読んでから行くのをおすすめするよ。 こんな方 ...

続きを見る


まとめ記事


「ムーミン」原作シリーズ本・絵本・アニメなど18シリーズまとめ!

「ムーミン」シリーズは、アニメやキャラクターだけ知っている人も多いけど、原作は児童文学。 児童文学シリーズや絵本・アニメなど、いろんな形の「ムーミン」をまとめてみた。 こんな方におすすめ アニメやキャ ...

続きを見る


ごゆっくりどうぞ。

『小さなトロールと大きな洪水』本の感想。ムーミン小説幻の第一作

2021/3/25    

 『小さなトロールと大きな洪水』はトーベ・ヤンソンの小説「ムーミン」シリーズの最初の作品。 長らく絶版だったものを1990年に再版したので、読者へのなじみは薄く、挿絵の印象も全然ちがう。 まだ荒削りだ ...

小説『ムーミン谷の十一月』感想。一家のいないムーミン屋敷の物語

2021/3/25    

『ムーミン谷の十一月』はトーベ・ヤンソンの小説「ムーミン」シリーズの最後の作品。 ムーミン一家が不在のムーミン屋敷に、6人のキャラクターが集まり、共同生活をはじめる。 衝突をくりかえしながらも、少しず ...

小説『ムーミンパパ海へいく』感想。灯台守になるパパと家族の気持ち

2021/3/16    

 『ムーミンパパ海へいく』はトーベ・ヤンソンの小説「ムーミン」シリーズの8作目。 ムーミンパパが家族を連れて島へ移住し、灯台守になる。 パパ、ママ、ムーミントロール、それぞれの心の変化を繊細に描いてい ...

『ムーミン谷の仲間たち』本の感想。シリーズ唯一の個性豊かな短編集

『ムーミン谷の仲間たち』はトーベ・ヤンソンの小説「ムーミン」シリーズの7作目。 シリーズの中で唯一の短編集である今作には、個性あふれる9つの物語が描かれる。 他の作品とは、トーベ・ヤンソンの絵のタッチ ...

『ムーミン谷の冬』本の感想。ひとり冬眠からさめたムーミントロール

2021/3/25    

『ムーミン谷の冬』はトーベ・ヤンソンの小説「ムーミン」シリーズの6作目。 ムーミントロールがひとリ冬眠から目をさまし、初めて冬の世界を見る。 おしゃまさんと心を通わせながら、冬の静けさと魅力を知ってい ...

『ムーミン谷の夏まつり』本の感想。仲間たちが夏至の劇でひとつに!

2021/3/25    

『ムーミン谷の夏まつり』はトーベ・ヤンソンの小説「ムーミン」シリーズの5作目。 劇場に移り住み、はなればなれになったムーミン一家が、夏まつりの劇でひとつになる。 北欧の夏至の魅力もいっぱい。 この記事 ...

小説『ムーミンパパの思い出』感想。若き日のパパの冒険と心の成長。

2021/3/25    

 『ムーミンパパの思い出』はトーベ・ヤンソンの小説「ムーミン」シリーズの4作目。 ムーミンパパが自分の若かりし頃を「思い出の記」につづり、息子たちに語り聞かせる。 ムーミンパパの冒険と友情、心の成長が ...

『たのしいムーミン一家』本の感想。ムーミンの人気を決定づけた名作

2021/3/25    

『たのしいムーミン一家』はトーベ・ヤンソンの小説「ムーミン」シリーズの3作目。 ムーミンシリーズで日本で一番読まれているのはこの「たのしいムーミン一家」。 ほのぼのした中にもたくさんの冒険があって味わ ...

ムーミン展2021感想。本を読んで行こう。物語を思い原画を楽しむ

2021/3/15    ,

東京・六本木で開催された「ムーミン展」に行ってきた。 ムーミン小説・絵本ファンの大人がたっぷり楽しめる、ぜいたくな展示。 原画が充実しているので、ぜひ、本を読んでから行くのをおすすめするよ。 こんな方 ...

『ムーミン谷の彗星』本の感想。地球の危機に不気味さを感じる異色作

2021/3/25    

『ムーミン谷の彗星』はフィンランドの作家トーベ・ヤンソンのファンタジー小説。 ムーミンたちがスナフキンやスノークのおじょうさんたちと出会い、冒険する物語。 今回は、『ムーミン谷の彗星』を紹介するよ。 ...

© 2021 ももちんの書評情報 Powered by AFFINGER5