贈りたい絵本

絵本『なまえのないねこ』感想。ジャケ買いしたら中身も秀逸な猫絵本

『なまえのないねこ』竹下文子(文)町田尚子(絵)小峰書店、2019年 絵本『なまえのないねこ』は、表紙をひと目見て「うちのこに似てる!」と、思わずジャケ買いした猫の絵本。 読んでみたら、主人公の猫の言 ...

絵本『ひみつがあります』感想。動物達の「好きなこと」を丁寧に描く

2020/9/6    ,

『ひみつがあります』布川愛子(作)白泉社、2020年 絵本『ひみつがあります』は、森の動物たちの「ひみつ」を丁寧に描いた絵本。 絵の可愛らしさと、動物たちが「好きなこと」にとことん愛を込める姿に癒やさ ...

絵本『ビロードのうさぎ』感想。酒井駒子の絵と訳が大人の心にしみる

『ビロードのうさぎ』マージェリィ・W・ビアンコ原作、酒井駒子絵・抄訳、ブロンズ新社、2007年 絵本『ビロードのうさぎ』は、クリスマスにもらわれたウサギのぬいぐるみの物語。 絵本『よるくま』で有名な酒 ...

絵本『くまとやまねこ』感想。誰かを亡くした悲しみに優しくしみこむ

『くまとやまねこ』湯本香樹実(文)酒井駒子(絵)河出書房新社、2008年 絵本『くまとやまねこ』は、『夏の庭』の湯本香樹実と、『よるくま』の酒井駒子によって生み出された、スペシャルな絵本。 愛する存在 ...

『めっけもののサイ』感想。『おおきな木』の作者のユーモラスな絵本

2020/5/21    

『めっけもののサイ』シェル・シルヴァスタイン(作)、長田弘(訳)、2011年、BL出版 『めっけもののサイ』は、『おおきな木』の作者、シェル・シルヴァスタインの絵本。 いま売りに出てるサイを、ユーモラ ...

絵本『だってだってのおばあさん』感想。年齢から自由になれる!

佐野洋子『だってだってのおばあさん』2009年、フレーベル館 『だってだってのおばあさん』は、『100万回生きたねこ』の佐野洋子作の絵本。 年齢も心次第で簡単に超えることができる、そんなことを軽やかに ...

絵本『Music Tree』感想。猫とうさぎのロマンチックな物語。

アンドレ・ダーハン『Music Tree』きたやまようこ訳、講談社、2012年 『Music Tree』は猫とうさぎのロマンチックな物語。 今回は絵本『Music Tree』の魅力をお伝えするよ。 お ...

絵本『おつきさまとちいさなくま』感想。海も空も愛で満ちあふれる!

2020/11/3    

アンドレ・ダーハン『おつきさまとちいさなくま』きたやまようこ訳、講談社、2010年 『おつきさまとちいさなくま』は、お月さまやお星さまと仲良くなり方がわかる、素敵な絵本だよ。 今回は絵本『おつきさまと ...

絵本『なんてすてきな日』感想。ぬいぐるみと男の子の素敵な出会い。

2020/5/21    

『なんてすてきな日 - Eddy Bear (BOOKS POOKA)』 アンドレ・ダーハン(作)角田 光代 (訳)学研、2009年 『なんてすてきな日』は、アンドレ・ダーハン作の、心温まる絵本。子ど ...

絵本『ディディ』感想。猫のバレエ団で奮闘する1匹のネズミの物語!

アンドレ・ダーハン『ディディ パリ75001ばんち オペラ座に すむ ネズミの バレリーナの おはなし』きたやまようこ訳、2006年、講談社 『ディディ パリ75001ばんちオペラ座にすむネズミのバレ ...

© 2020 ももちんの書評情報 Powered by AFFINGER5