児童文学 『赤毛のアン』シリーズ

『アンの夢の家』アンとギルバートの幸福な結婚生活を描く傑作!

更新日:

モンゴメリ『アンの夢の家』村岡花子訳、2008、新潮文庫

新潮文庫「赤毛のアン」シリーズの6作目『アンの夢の家』をご紹介します。

今作でついにアンはギルバートと結婚し、アン・ブライスとなります。

アンの新たな始まりとなる今作は、この後続いていくシリーズにとっても大切な出逢いが満載です。

  1. アンとギルバートがついに結婚!
  2. 「ヨセフを知る一族」の隣人たち
  3. ブライス家の新しい家族
スポンサーリンク

背景

『アンの夢の家』(原題"Anne's House of Dreams")は、アン・シリーズ5作目として、カナダの女流作家モンゴメリが、1917年に発表した。

新潮文庫では、間にスピンオフ短編集『アンの友達』をはさむため、6作目。

執筆順としては、第3作にあたる『アンの愛情』の次に書かれている。

日本では『アンの夢みる家』と題して、1958年、三笠書房より出版。

同年、『アンの夢の家』と改題され、新潮文庫より出版された。

アンの25~27歳の結婚後初めの3年間を描いている。

ルーシー・モード・モンゴメリ、村岡花子について詳しくは、次の記事をどうぞ。

ルーシー・モード・モンゴメリの略歴

村岡花子の略歴・翻訳作品

あらすじ

19世紀末のカナダ・プリンスエドワード島。

前作の『アンの幸福』において、3年間のサマーサイド高校校長としての婚約時代を終えたアン。

ギルバートと晴れて結婚し、アン・ブライスとなる。

フォア・ウィンズという港村の海辺の小さな「夢の家」での新生活が始まった。

男嫌いだが親切なミス・コーネリア、目をみはるほど美しいが寂しげなレスリー、天賦の話術をもつジム船長などの隣人に囲まれて、甘い新婚生活を送る。

やがて二人に素晴らしい授かりものが・・・。

主な登場人物

『赤毛のアン』~『アンの幸福』より継続

アン・ブライス・・・シリーズの主人公。細身で色白、灰色の目をしている。今作でギルバート・ブライスと結婚し、アン・ブライスとなる。

ギルバート・ブライス・・・今作で医者としての一歩を踏み出すとともに、長年の愛を実らせアンと結婚する。

ダイアナ・ライト(旧姓バーリー)・・・アンの最初にして最大の友人。『アンの愛情』で結婚し、今ではフレッドJr.とアン・コーデリアという2人の子供がいる。

マリラ・カスバート・・・アンをかつて引き取った兄妹の妹。アンを変わらず愛しており、暖かく見守る。今作ではアンが結婚して最初のクリスマスと出産の際、夢の家をたずねる。

リンド夫人・・・『アンの青春』よりマリラと同居している長年の親友。

デイビー・キース&ドーラ・キース・・・マリラが引き取った遠縁の双子。15歳になり、デイビーは婚約している。共にクリスマスに夢の家へやってくる。

新登場

ジョイス・ブライス・・・アンとギルバートの最初の子供。誕生してすぐに死んでしまう。

ジェイムズ・マシュウ・ブライス・・・ジョイスの死後1年目に生まれたアンとギルバートの2番目の子供で、長男。

ジム・ボイド船長・・・「ヨセフを知る一族」(好みや意見が一致する「同類の友」)の一員。フォア・ウィンズ岬の灯台守をしている老人。

ミス・コーネリア・・・近所に住む独身の中年女性。男嫌いだが世話好き。アンやレスリーのことをいつも気にかけている。

レスリー・ムーア・・・たぐいまれなる美貌を持つアンの隣人。子供のような夫ディックの世話をしながら、つつましい生活を送っている主婦。

ディック・ムーア・・・レスリーの夫。航海中に行方不明になり、ジム船長に発見されたときは大きな子供のようになっていた。以来レスリーの世話を受けている。

オーエン・フォード・・・一夏をアヴォンリーで過ごすためにやってきた、作家。濃いとび色の髪と暗い灰色の美しい目を持つ好男子。

スーザン・ベーカー・・・アンの妊娠のために、お手伝いとしてブライス家が雇った、中年の独身女性。結局、ブライス家のお手伝いとして家族の一員となる。

参考:Wikipedia

1.アンとギルバートがついに結婚!

1-1.アンとギルバートのラブラブっぷり

3作目『アンの愛情』で友人から恋人になったアンとギルバート。

4作目の『アンの幸福』では、3年間の婚約時代が描かれていますが、二人は遠距離恋愛中。もっぱらアンからギルバートへの手紙という形で、二人の愛が描かれています。

そして、いよいよ『アンの夢の家』で二人は結婚する。

ここにきて、初めて愛し合う二人の様子が手に取るようにわかります。

実のところ、アンを心から愛するギルバートがロマンチックで、たまらなく魅力的なんですよね。

結婚式の日、ギルバートは、感嘆のまなざしで花嫁姿のアンを見上げます。

この捉え難かった、ながいあいだ求めてきたアン、何年も辛抱づよく待った後、獲ちえたアンはとうとう自分のものになったのだ。

ギルバートにとって、アンが花嫁という優しい降伏の形をとって到来するように思われた。

出典:モンゴメリ『アンの夢の家』村岡花子訳、2008、新潮文庫

ギルバートがどれだけアンのことを愛しているか、その熱が伝わってきますよね。

また、新婚生活が始まってからの、二人の次のやりとりも好きです。

「ギルバート、わたしの髪がレスリーのようだったらもっとそのほうが気にいって?」と、アンは悲しげに訊いた。

「今の色のほかは絶対にどんな色だっていやだよ」ギルバートは一つ二つ納得させる動作とともに言った。

「もしも金髪だったら君はアンではないものーまた、どんな色にしてもそうだよ、ただー」

「赤のほかはね」と、アンは意地の悪い満足をおぼえながら言った。

そうだよ。赤だよーその乳のように白い皮膚とその輝く緑灰色の眼に暖か味をそえるためにね。金髪は君にはちっともうつらないよ、クイーン・アンー僕のクイーン・アンー僕の心と生活と家庭のクイーン

出典:モンゴメリ『アンの夢の家』村岡花子訳、2008、新潮文庫

もう、勝手にやってくれっていうくらい二人の世界なんですが、そこがいい!

セリフが美しい詩のようなので、ラブラブっぷりも全然胸焼けしないんです。

次作『炉辺荘のアン』以降は、アンの子どもたちが主役になっていきます。

そのため、二人だけの世界の幸福感は、この『アンの夢の家』でしか味わえません。

1-2.象徴する建物は『夢の家』

『赤毛のアン』ではグリン・ゲイブルス、『アンの青春』では山彦荘、『アンの愛情』ではパティの家、『アンの幸福』では柳風荘。

今作で象徴となる建物はもちろん、「夢の家」です。

ギルバートが二人の新居に選んだ海辺の小さな白い家。アンはこの家を気に入り、「夢の家」と名付けるのです。

新しい家は眼にも心にも快いものだったー港の海岸に打ち上げられた大きなクリーム色の貝殻そっくりに見えた。(中略)

小さな家の扉が開き、暖炉のあたたかな光が夕闇の中へ射し出た。

ギルバートはアンを馬車から抱え下ろし、頂の赤味がかった樅の間の小さな木戸をくぐって庭へ入り、こぎれいな赤い小径をつたって砂岩の段々をのぼった。

出典:モンゴメリ『アンの夢の家』村岡花子訳、2008、新潮文庫

この夢の家には歴史があり、花嫁が来るのは、アンが三人目でした。

この港の生き字引と呼ばれるジム船長から聞く、昔の花嫁たちの話は神話めいていて、夢の家をさらにファンタジックなものにしているところも見どころです。

アンとギルバートは、今作の最後に手狭になった夢の家を手放すことになり、友人が次の住人となります。

こうして、家が変わらず受け継がれていく文化も好きです。

2.「ヨセフを知る一族」の隣人たち

今作でも、魅力的な隣人たちが登場して活躍します。

今作で出てくる「ヨセフを知る一族」という言葉は、好みや意見が一致する「同類の友」という意味で、たくさん出てくる言葉です。

2-1.美しいレスリー・ムーア

赤毛のアン・シリーズすべて通した中でも、ももちんが1,2を争うくらい好きな登場人物が、アンの新しい隣人、レスリー・ムーアです。

アンシリーズは小説ですが、ももちんの想像の中では、このレスリーが一番美しい人として映ります。

モンゴメリも、そうなのではないかしら?というくらい、レスリーの容姿の描写にひきつけられます。

しかし、息も止まる思いだったのは少女の美しさであったーどこにいても眼に立つほどの際立った美しさであった。

帽子をかぶっていなかったが、熟れた小麦のような色をした輝く髪を豊かに編んだのが冠のように頭に巻きつけてあった。

眼は青く星のように輝いていた。

質素な更紗の服をまとった姿は堂々たるものであった。

ベルトにさしたひとたばの血のように赤いけしの花にも比べたいまっかな唇だった。

出典:モンゴメリ『アンの夢の家』村岡花子訳、2008、新潮文庫

アンは初めてレスリーを見たとき、このような感想を持ちました。

過去に出てきた美人たち

ここで、前作までに登場した美人たちを回想してみます。

ダイアナ・ライト(旧姓:バーリー)

アンの最初にして最大の友、ダイアナ。その黒い目と髪、バラ色の頬とえくぼは、初対面からアンを魅了してきました。

アンとは違い、想像力は乏しく実際的な性格ですが、生まれ持った陽気さで、周りを明るく照らします。

ルビー・ギリス

ダイアナと同じくアンの幼友達で、『アンの愛情』で若くして亡くなったルビー・ギリス。

美しい金髪と青く大きな目をもち、クイーン学院時代は学年一の美人とされました。

恋人や結婚のことばかりを話すルビーに、アンはときにうんざりしていましたが、ルビーの最後には、アンは大きな支えとなりました。

フィリパ・ゴードン

『アンの愛情』で登場したフィリパは、レドモンド大学の同級生で、パティの家でのルームメイト。

光沢のある栗色の紙と柔らかな頬、少しゆがんだ真っ赤な唇。アヴォンリー時代の友人たちにはない、型にはまらない美しさがありました。

ルビーと同じように恋人のことばかり話すフィリパでしたが、アンは早々にその本質の違いを見破ります。

のちにフィリパは、貧しくて不器量な牧師、ジョナスと恋に落ち、結婚します。

悲劇のヒロイン

美しい少女のようにしか見えなかったレスリーは、実際に知り合ってみると、28歳の主婦でした。

事故で子どものようになってしまった夫、ディックの面倒を見る苦しい生活。

それに加え、レスリーが抱える過去は、きくと誰もが耳をふさぐような悲劇。

その逃れられない運命ゆえに、アンともっと仲良くなりたいのに、どうしても妬ましく思ってしまうのです。

レスリーにさらに惹きつけられるのは、その心の奥に秘めた激しさ。

人間なら、憎しみや恨み、葛藤があって当然だけど、現在のアンにそれらはあまり見られません。

アンは愛する人と結婚をし、赤ちゃんを授かり、幸福そのもの。

同年代の友人の境遇の違いに、比較して劣等感や孤独感を感じるレスリーに共感を覚えます。

今作でアンの第一子ジョイスが死んでしまうという悲しい出来事が起こります。

これをきっかけに二人は唯一無二の親友となります。

オーエン・フォードの登場

美しさ以上に、その人間的な部分に惹きつけられるレスリーというキャラクター。

後に、ひと夏だけやってきた美男子の作家、オーエン・フォードと、許されない恋に落ちます。

お互いに一度はあきらめた愛ですが、展開は二転三転しながら、最終的には真に愛する人と結ばれるレスリー。

アンとギルバートの恋愛模様が落ち着いてしまって物足りない!と思った人も、満足できるストーリーです。

ちなみに、ももちんがもう一つ好きな恋愛ストーリーは、赤毛のアンシリーズ9作目『虹の谷のアン』で登場する、メレディス牧師とローズマリー・ウエストのエピソードです。

『虹の谷のアン』レビューは☆こちら☆

2-2.ジム船長

フォア・ウィンズ岬の灯台守をしている老人。

たびたび夢の家と灯台を行き来しては、おしゃべりを楽しみ、ジム船長とアンとギルバートは親交を深めます。

数年前まで船乗りだったこともあり、その波乱万丈な体験記を自信の「生活手帳」につづっています。

後に作家のオーエン・フォードが休暇を過ごしに村にやってきた際、アンの紹介で知り合い、生活手帳を見せました。

そのおもしろさに魅了されたオーエンは生活手帳を題材に作品を書き上げ、出版しました。

アンの第二子ジェイムズ・マシュウという名前は、このジム船長と、少女時代一緒に暮らしていたマシュウ・カスバートから名前をとったもの。

それほどアンはジム船長のことを慕っていたのでした。

実際にこんなおじいちゃんがいたら、毎日遊びに行きたくなる・・・そんな魅力を持った、サンタクロースのようなおじいちゃんです。

2-3.ミス・コーネリア

独身の中年女性、ミス・コーネリアは、頑固な男嫌い。

アンのところにしょっちゅうお茶に来ては、「お針の集い」をしながらおしゃべりをしていきます。

親切で、近所に生まれる赤ちゃんの服を100着以上縫ってあげているミス・コーネリア。

男性にはとても厳しいですが、アンやレスリーのよき理解者であり、今後も欠かせない存在となっていきます。

3.ブライス家の新しい家族

結婚したアンとギルバートは、待ちに待った赤ちゃんを授かります。

お手伝いのスーザン・ベーカーも、かけがえのない家族の一員となっていきます。

3-1.ジョイスの誕生と死

『アンの夢の家』の中で、アンは、この上ない喜びと悲しみの両方を経験します。

第一子の女児、ジョイスを出産するものの、生まれてすぐに死んでしまいます。

妊娠のときから、楽しみに待ち望み、着せる予定の服の一つ一つを自らの手で作っていたアン。

アヴォンリーからマリラも出産にかけつけ、このときからお手伝いとして加わるスーザン・ベーカー、ミス・コーネリア、レスリーもあたたかく見守っていました。

しかしながら、悲しい結果となり、一時はアン自身の生命すら危ぶまれました。

なんとか一命をとりとめたアン。しかし、悲しみは心と体に刻まれました。

アンは生きていかれることがわかった。ミス・コーネリアの話をきいて再び笑顔さえ見せる日が来た。

しかし、その微笑には今までかつてなく、また今後永久に消えることのない、あるものがまじっていた。

出典:モンゴメリ『アンの夢の家』村岡花子訳、2008、新潮文庫

3-2.ジェイムズ・マシュウ出産

周りの人々の愛情と友情に励まされながら、日々元気になっていくアン。

一年後、第二子の男児、ジェイムズ・マシュウを出産。

「ああ、マリラ、去年の夏のあのおそろしい日のあとで、とても信じられないくらいよ。あのとき以来、心が痛んでならなかったけどー今はすっかりそれがとれたわ」

「この子がジョイのかわりになってくれるよ」と、マリラが言った。

「いいえ、いいえ、いいえ、マリラ。それはだめなのーどんなことがあってもそれだけはだめなの。このわたしのかわいい男の子にはこの子の場所があるの。でも、ジョイの場所もあるの。いつまでもあるのよ。

(中略)わたしにはあの子がはっきり見えるのよ、マリラ。」

出典:モンゴメリ『アンの夢の家』村岡花子訳、2008、新潮文庫

こうして母親になったアンは、夢の家を卒業し、新しい住みかとなる「炉辺荘」での生活に移っていきます。

3-3.スーザン・ベーカー

今作初登場となる、お手伝いのスーザン・ベーカーは、新潮文庫の赤毛のアンシリーズ最終巻『アンの想い出の日々』まで主要人物として登場します。

「赤毛のアン」シリーズ全体を通して欠かせない役割を果たすのが、この「住み込みのお手伝い」という存在。

『アンの青春』では、石造りの家「山彦荘」にミス・ラベンダーとともに住んでいた、シャーロッタ4世。

『アンの幸福』では、アンが下宿する「柳風荘」にともに住んでいた、レベッカ・デュー。

当時、独身女性が務めていたこの役割は、主人となる家族、特に奥さんを支える存在でした。

スーザン・ベーカーは自分の仕事(台所仕事などの家事、アンの世話)はきっちりこなし、部外者の干渉を嫌うタイプ。

次作以降は、アンの子供たちにも愛を注ぎ、ブライス家にとって欠かせない存在となっていきます。

他出版社の『アンの夢の家』リスト

今回の記事は、村岡花子翻訳の新潮文庫『アンの夢の家』(2008年)をもとに書いています。

『アンの夢の家』は2018年7月現在、新潮社以外では、2社、4シリーズ出版されています。

それぞれの出版社ごとに、翻訳者や特徴をあげておきます。

講談社文庫

講談社文庫は、掛川恭子による完訳版。

原作に忠実に、現代の言葉で読みやすく訳されている。

『アンの夢の家 (講談社文庫―完訳クラシック赤毛のアン 5)』モンゴメリ、掛川恭子訳、2005年

講談社

講談社からの完訳版は、ハードカバーの児童向けでも出版されている。

銅版画家の山本容子の挿絵が入っていて、豪華。

『アンの夢の家 (完訳 赤毛のアンシリーズ 5)』モンゴメリ、掛川恭子訳、1990年

講談社青い鳥文庫

講談社の児童文庫、青い鳥文庫からは、HACCANによるイラストがかわいらしい『アンの愛情』が出版されている。

こちらは村岡花子訳で、完訳ではないが、すべての章が入っている。

『アンの夢の家 赤毛のアン(5) (講談社青い鳥文庫)』モンゴメリ、村岡花子訳、2014年

ポプラポケット文庫

ポプラ社の児童文庫、ポプラポケット文庫からは、村岡花子訳『アンの愛情』が出版されている。

表紙のイラストは、透明感ある水彩画で多くのファンがいる内田新哉。

『アンの夢の家―シリーズ・赤毛のアン〈4〉 (ポプラポケット文庫)』モンゴメリ、村岡花子訳、2008年

まとめ

『アンと夢の家』みどころまとめ。

  1. アンとギルバートがついに結婚!
  2. 「ヨセフを知る一族」の隣人たち
  3. ブライス家の新しい家族

アンとギルバートのラブラブっぷりと、家族が増える喜び、そして親友レスリーとの出逢いと、初めから最後まで目が離せない内容となっています。

ぜひ、読んでみてね!

電子書籍の商品リンクはこちら。

電子書籍サイト 新潮文庫『アンの夢の家』取り扱い
Amazon Kindle
☆レビュー記事☆
〇(作品ページ)
楽天Kobo 〇(作品ページ)
honto 〇(作品ページ)
紀伊國屋書店 〇(作品ページ)
セブンネット 〇(作品ページ)
BookLive! 〇(作品ページ)
eBookJapan 〇(作品ページ)
コミックシーモア 〇(作品ページ)
BOOK☆WALKER 〇(作品ページ)
ブックパス 〇(作品ページ)
電子貸本Renta! ×
U-NEXT ×

 

PC記事下

スポンサーリンク


PC記事下

スポンサーリンク


-児童文学, 『赤毛のアン』シリーズ
-,

Copyright© ももちんの書評情報 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.