絵本『だってだってのおばあさん』感想。年齢から自由になれる!

2018年6月11日

佐野洋子『だってだってのおばあさん』2009年、フレーベル館

『だってだってのおばあさん』は、『100万回生きたねこ』の佐野洋子作の絵本。

年齢も心次第で簡単に超えることができる、そんなことを軽やかに伝えてくれる絵本だよ。

今回は絵本『だってだってのおばあさん』の魅力をお伝えするよ。

この記事で紹介する本

絵本『だってだってのおばあさん』とは?

『だってだってのおばあさん』は、1975年にフレーベル館より出版された、佐野洋子作の絵本。

30年間愛され続けているロングセラー。全国学校図書館協議会選定図書。一年生の国語の教科書にも掲載されている。

佐野洋子紹介

『100万回生きたねこ』作者、佐野洋子の世界。山梨県立美術館

名作『100万回生きたねこ』の作者、佐野洋子。 山梨県立美術館で開催されている「佐野洋子の世界展」に行ってきました。 佐野洋子って、『100万回生きたねこ』だけじゃないんだね。 他の作品や、佐野洋子自 ...

続きを見る

佐野洋子の本をAmazonで見る

佐野洋子の本を楽天で見る

 

内容紹介

ちいさなおうちに、男の子の猫と暮らす98歳のおばあちゃん。

おばあちゃんの口癖は、「だって、わたしはおばあちゃんだもの」。

そんなおばあちゃんの99歳の誕生日がやって来た!

でも、猫が持って帰ってきたろうそくの数は、たったの5本。

次の日、おばあちゃんは・・・。

 

『だってだってのおばあさん』感想

  1. お誕生日のこだわり
  2. おばあさんって子どもみたい!
  3. ねこの男の子がかわいい

お誕生日のこだわり

『だってだってのおばあさん』に登場するおばあさんは、98歳。

1匹の男の子のねこと暮らしているんだ。

おばあさんの口癖は、「だってわたしはおばあちゃんだもの」。

ねこが一緒に魚釣りに誘っても、「だってわたしは98だもの。」と言って断るんだ。

そんなおばあさんの99歳の誕生日がやって来た!

おばあさんはケーキを作るのがとっても上手。

お誕生日ケーキには、ろうそくがつきものだよね。

おばあさんも、お誕生日ケーキにさすろうそくにこだわっていたんだ。

ケーキにささったろうそくの数を数えることを楽しみにしていたおばあさん。

ねこはおおいそぎでろうそくを買いに行ったんだ。

 

おばあさんって子どもみたい!

ところが、ねこは泣きながら帰ってきた。

あまりに急いだから、せっかく買ったろうそくのほとんどを川に落としてしまったんだ。

残ったろうそくはたったの5本。

おばあさんはがっかり。ねこの前であからさまにがっかりしているおばあさんが、子どもみたいでかわいい。

きっととってもがっかりしたおばあさんだけど、ねこを励ますためと、自分に言い聞かせるために、こうつぶやいたんだ。

ろうそくくらい、別にいいじゃんって思わない?

だけど、次の場面で、ろうそくを数えるのがおばあさんにとって、とても大切なうれしい儀式なんだっていうことが伝わってくるんだ。

そういって、ケーキを食べるおばあさんは、とっても幸せそう。

そして翌日。

ねこは魚釣りにおばあさんをさそった。

そしてら、おばあさんはなんて答えたと思う?

「だってわたしは5さいだもの」

おばあさんの心は本当に5歳に戻ったみたい。

魚釣りに行く途中で、川を飛び越えたり、花のにおいをかいだり・・・

身体は変わっていないのに、心が変わると世界がまったく変わってしまう。

ろうそくの数の年にすぐなってしまうなんて、おばあさんはなんて素敵な子どもの心を持っているんだろう!

ももちんも子どもの心を持ったおばあさんになりたいなあ。

 

ねこの男の子がかわいい

『だってだってのおばあさん』に登場するねこは、人間の男の子のように描かれている。

おばあさんとたくさん話すし、二本足で歩くし、買い物にも行くし。

人間の男の子だと、おばあさんと男の子の関係性に関心が行くよね。

これをねことして表現することによって、ファンタジーとして疑問の余地のない物語に仕上げているんだ。

ねこは、おばあさんが5歳になって、一緒に遊ぶようになってうれしそう。

でも、おばあさんが5歳になっても、ケーキを作るのが上手か心配してるところがかわいい。

だって、ねこはおばあさんのつくるケーキが大好きだから。

 

まとめ

『だってだってのおばあさん』みどころまとめ。

  1. お誕生日のこだわり
  2. おばあさんって子どもみたい!
  3. ねこの男の子がかわいい

年齢も心次第で簡単に超えることができる、そんなことを軽やかに伝えてくれる絵本だよ。

佐野洋子の本をAmazonで見る

佐野洋子の本を楽天で見る

 

佐野洋子の名作絵本『100万回生きたねこ』感想はこちら。

check
絵本『100万回生きたねこ』感想。誰もが涙する。後世に残る名作!

『100万回生きたねこ』佐野洋子(作・絵)1977年、講談社 『100万回生きたねこ』は、誰でも一度は読んだことがあると言えるほど、ロングセラー絵本。 ももちんは大人になってから読んだけど、本当に本当 ...

続きを見る

 

ももちんの書評情報の最新情報を、フォローしてチェックしよう。

書籍の表紙画像について、各出版社/著者ご本人から許諾を得るか、版元ドットコム等許諾申請不要の確認のもと掲載しています。表紙画像掲載不可または可否不明の書籍については、Amazonアソシエイトの商品画像リンクを掲載しています。

Kindleまとめ



そもそも電子書籍って何?っていうところから、Kindleアプリの操作、Kindle Unlimitedまで、Kindleの記事をまとめたよ。

  • この記事を書いた人

ももちん

夫と猫たちと山梨在住。海外の児童文学・絵本好き。 紙書籍派だけど、電子書籍も使い中。 今日はどんな本読もうかな。

-書評(絵本), 猫の絵本
-,

© 2021 ももちんの書評情報 Powered by AFFINGER5