猫の絵本

絵本『なまえのないねこ』感想。ジャケ買いしたら中身も秀逸な猫絵本

『なまえのないねこ』竹下文子(文)町田尚子(絵)小峰書店、2019年 絵本『なまえのないねこ』は、表紙をひと目見て「うちのこに似てる!」と、思わずジャケ買いした猫の絵本。 読んでみたら、主人公の猫の言 ...

絵本『くまとやまねこ』感想。誰かを亡くした悲しみに優しくしみこむ

『くまとやまねこ』湯本香樹実(文)酒井駒子(絵)河出書房新社、2008年 絵本『くまとやまねこ』は、『夏の庭』の湯本香樹実と、『よるくま』の酒井駒子によって生み出された、スペシャルな絵本。 愛する存在 ...

幻のトラウマ映画『猫は生きている』感想。原作絵本に劣らぬ迫力!

2021/7/8    

映画『猫は生きている』は戦争を題材とした人形劇映画。 このまえ新宿の平和祈念展示資料館に見に行ってきました。 初めて見た感想をお伝えするよ。 映画『猫は生きている』とは? 映画『猫は生きている』は、映 ...

絵本『だってだってのおばあさん』感想。年齢から自由になれる!

佐野洋子『だってだってのおばあさん』2009年、フレーベル館 『だってだってのおばあさん』は、『100万回生きたねこ』の佐野洋子作の絵本。 年齢も心次第で簡単に超えることができる、そんなことを軽やかに ...

絵本『Music Tree』感想。猫とうさぎのロマンチックな物語。

アンドレ・ダーハン『Music Tree』きたやまようこ訳、講談社、2012年 『Music Tree』は猫とうさぎのロマンチックな物語。 今回は絵本『Music Tree』の魅力をお伝えするよ。 こ ...

絵本『ディディ』感想。猫のバレエ団で奮闘する1匹のネズミの物語!

アンドレ・ダーハン『ディディ パリ75001ばんち オペラ座に すむ ネズミの バレリーナの おはなし』きたやまようこ訳、2006年、講談社 『ディディ パリ75001ばんちオペラ座にすむネズミのバレ ...

絵本『ぼくのちいさなともだち』感想。お魚を想う猫の姿に心が温まる

アンドレ・ダーハン『ぼくのちいさなともだち』きたやまようこ文、2000年、講談社 『ぼくのちいさなともだち』は猫とお魚の友情に心温まる、大人にもおすすめの絵本。 アンドレ・ダーハンの幻想的な絵がとても ...

絵本『100万回生きたねこ』感想。誰もが涙する。後世に残る名作!

『100万回生きたねこ』佐野洋子(作・絵)1977年、講談社 『100万回生きたねこ』は、誰でも一度は読んだことがあると言えるほど、ロングセラー絵本。 ももちんは大人になってから読んだけど、本当に本当 ...

絵本『猫のプシュケ』感想。読み始めて1分で涙。猫好き必読の良書。

『猫のプシュケ』Goosehouse/竹澤 汀 (著)、もずねこ (イラスト)、TOブックス、2013年 猫が登場する泣ける絵本といえば、やっぱり『100万回生きたねこ』ですって? もちろん、名作絵本 ...

絵本『猫は生きている』感想。衝撃の結末に戦争を考えさせられる。

2021/7/7    

出典:早乙女勝元(著)田島征三(絵)『猫は生きている』1973年、理論社 1973年に出版された『猫は生きている』っていう戦争の絵本。 幼少期に読んでトラウマになっている人もいる衝撃的な内容。 大人に ...

© 2021 ももちんの書評情報 Powered by AFFINGER5