絵本

絵本『おおきな木』にみる無償の愛。村上春樹の翻訳版。

更新日:

シルヴァシュタイン『おおきな木』村上春樹翻訳、2010年、あすなろ書房

絵本『おおきな木』は、大人になっても、読むたびに新しい感じ方ができる名作。

シンプルな絵と文から、さまざまな解釈ができる絵本でもある。

今回は、英語版の表記も紹介しながら、村上春樹翻訳の『おおきな木』の魅力をお伝えするよ。

  1. 木と少年の相思相愛
  2. 木にとっての「少年」という存在
  3. 「おおきな木」から感じる豊かな母性
  4. 新旧翻訳の違い
スポンサーリンク

背景

『おおきな木』(原題:The Giving Tree)はシェル・シルヴァスタイン作の絵本。1964年にアメリカ合衆国で出版された。

日本では、1976年、藤田 圭雄(ふじた・たまお)の翻訳により、実業之日本社より出版された。

同年、本田錦一郎(ほんだ・きんいちろう)の翻訳により、篠崎書林より出版された。

2010年、村上春樹による新訳により、あすなろ書房より出版された。

シェル・シルヴァシュタイン/作

米国の作家、イラストレーター。1969年、1984年にグラミー賞を受賞するなどシンガーソングライターの顔ももつ。

1932年、シカゴ生まれ。イリノイ大学、ローズヴェルト大学などで学ぶ。

詩人、音楽家、漫画家、児童文学作家と多彩な顔を持つ。自由な性格であり一箇所に留まらない放浪の生活だった。

1999年没。

主な作品

村上春樹(むらかみ・はるき)/訳

日本の小説家、翻訳家。

1949年、京都府生まれ。早稲田大学文学部卒業。

1979年、『風の歌を聴け』で群像新人文学賞を受賞しデビュー。

1987年発表の『ノルウェイの森』は2009年時点で上下巻1000万部を売るベストセラー。

日本国外でも人気が高く、2006年、フランツ・カフカ賞をアジア圏で初めて受賞。

翻訳も精力的に行い、スコット・フィッツジェラルド、レイモンド・カーヴァー、トルーマン・カポーティほか多数の作家の作品を訳している。

主な翻訳作品

  • グレート・ギャツビースコット・フィッツジェラルド 2006年11月 中央公論新社、村上春樹翻訳ライブラリー版および愛蔵版
  • レイモンド・カーヴァー全集(全8巻、中央公論社、新版2004年)
  • ティファニーで朝食をトルーマン・カポーティ 2008年2月 新潮社、同年12月 新潮文庫
    他多数

あらすじ

リンゴの木と少年は友達であった。ともに遊び、心を通わせていた。

しかし少年は大人になってゆきお金が必要になる。木は「私の果実を売りなさい」と言う。少年は果実をすべて持っていった。

しばらくして、大人になった少年は家が必要になる。木は「私の枝で家を建てなさい」と言う。少年は枝をすべて持っていった。

また時が経ち、少年は「悲しいので遠くへ行きたい」と言う。木は「私の幹で舟を作りなさい」と言う。少年は幹を持っていった。

時が経ち、少年は年老いて帰ってきた。そして「疲れたので休む場所がほしい」と言う。

木は「切り株の私に腰をかけなさい」と言う。少年は腰をかけた。木は幸せであった。

特徴①木と少年の相思相愛

初めに表紙を見て気づくのが、題名の違いなんだよね。

日本語版では「おおきな木」となっているけれど、原題は“The Giving Tree”っていうんだ。

ここから、『おおきな木』は、「与え続けること」が大きなテーマであり、そこから読む人に何かを感じさせる物語であることがわかるよね。

物語の前半、一本の木とひとりの少年の、相思相愛の様子が描かれている。

幼い少年は一本のリンゴの木の下に毎日やってくる。

葉っぱをいっぱい集め、かんむりを作る。

きのぼりをして、枝にぶらさがって遊ぶ。

木になるリンゴを食べ、かくれんぼをする。

くたびれると木陰で眠る・・・

少年はこの木のことが大好きだったんだ。

もちろん、木のほうも少年のことが大好きだった。とても幸せな日々を送っていたんだよね。

特徴②木にとっての「少年」という存在

だけど、ときが流れ、少年は成長していく。

少年が木へそそいでいた愛情は、人間の女の子への愛情に変わり、木の下に来ることも減っていくんだ。

一方、木の少年に対する愛情は変わらない。

少年が大人になっても、年老いても、変わらず木は「ぼうや」と呼びかけるんだ。

英語版でも一貫して”boy”と表記されていることから、どんなに人間の姿が変わろうと、木にとっては愛しい「ぼうや」であることがわかる。

木と人間の時間の流れの違いを感じるよね。

人間にとっての一生分は、木にとってのほんのひと時に過ぎないのかもしれない。

特徴③「おおきな木」から感じる豊かな母性

おおきな木の少年への愛情は変わらず、木はいつもわが身を差し出して、少年に幸せになってもらおうとするんだ。

あるときは、お金が欲しい少年のために、リンゴをどっさり取らせてやる。

あるときは、家を建てたい少年のために、全部の枝を切らせてあげるんだ。

どのときも、木は自分の身を少年に差し出し、それで木は幸せだった。

そしてしまいには、船を作りたい少年のために、木はこう言うんだ。

「わたしのみきを切ってふねをつくりなさい」と木は言いました。

それにのってとおくにいって・・・しあわせにおなりなさい

シルヴァシュタイン『おおきな木』村上春樹翻訳、2010年、あすなろ書房

ここで初めて、木の違う感情が湧いてくる。

それで木はしあわせに・・・なんてなれませんよね。

シルヴァシュタイン『おおきな木』村上春樹翻訳、2010年、あすなろ書房

この一言は、いろいろな解釈ができる。

なぜ、切り株になった木は、幸せに疑問を持ったんだろう?

ももちんは、こう思うんだ。

切り株になった木には、いよいよ少年に与えられるものがなくなってしまった。

遠くに行ってしまう少年は、そんな自分の元もう二度と戻ってこないと思った。

その寂しさから、「幸せだった」と言い切れなかったのではないかな。

そして最後、年老いておじいさんになった少年が木のところにやってくる。

切り株になった木は、少年に与えられるものがなく残念に思う。

だけど同時に、少年はもう何も必要としなくなっていたんだ。ただ一つ、腰かけて休める場所があればよかった。

木は喜んで自分の身を差し出し、少年はその切り株に腰かけるんだ。

最後の最後まで少年に与え続けた無償の愛。

英語版では木は”She(彼女)”と表記されている。このことから、おおきな木の少年への、母のような、祖母のような愛を感じるよね。

特徴④新旧翻訳の違い

今回レビューしたのは2010年に出版された村上春樹翻訳の『おおきな木』。

この『おおきな木』は、それまで篠崎書林から本田錦一郎のの翻訳で出版されていた。

本田錦一郎が亡くなり、出版社が出版を続けることができなくなったという事情から、村上春樹による新訳版が生まれたんだ。

この本田錦一郎と村上春樹の翻訳では、内容がだいぶ変わってくる。

一番顕著なのは、木が少年に船をつくるための幹を与えてしまった場面。

村上春樹翻訳では、「それで木はしあわせに・・・なんてなれませんよね。」となっている。

英語版では”And the tree was happy...but not really.”となっているこの場面、本田錦一郎は、「それで木はしあわせだった。だけど それは ほんとかな。」と訳しているんだ。

ここをどう解釈するかは、読み手次第。

まとめ

絵本『おおきな木』村上春樹翻訳版みどころまとめ。

  1. 木と少年の相思相愛
  2. 木にとっての「少年」という存在
  3. 「おおきな木」から感じる豊かな母性
  4. 新旧翻訳の違い

何度も読み返すと、そのたびに感想が変わる、不思議な絵本。みんなもぜひ読んでみてね。

PC記事下

スポンサーリンク


PC記事下

スポンサーリンク


-絵本
-

Copyright© ももちんの書評情報 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.