絵本

『おつきさまとちいさなくま』海も空も愛で満ちあふれる不思議な絵本。

更新日:

出典:アンドレ・ダーハン『おつきさまとちいさなくま』きたやまようこ訳、講談社、2010年

『おつきさまとちいさなくま』は、お月さまやお星さまと仲良くなり方がわかる、素敵な絵本だよ。

今回は『おつきさまとちいさなくま』の魅力をお伝えするよ。

  1. クマとイルカの組み合わせ!
  2. お月さまに会えた!
  3. ぼくのほしをしょうかい
  4. アンドレ・ダーハンのインタビュー
スポンサーリンク

背景

『おつきさまとちいさなくま』は、アンドレ・ダーハン作、きたやまようこ訳により、2010年、講談社より出版された絵本。

アンドレ・ダーハン/作

1935年、アルジェリア生まれ。

フランスの国立パリ工芸学校卒。パリ装飾美術学校で美術を教えるかたわら、イラストレーターとして活躍。

現在はパリ在住(2013年現在)。

主な作品

北山葉子(きたやま・ようこ)/訳

絵本作家、翻訳家。イヌを題材にした絵本が多数あり、世代を越えた人気がある。

1949年、東京生まれ。文化学院卒。

1975年、創作絵本『いただきまーす』でデビュー。

『ゆうたくんちのいばりいぬ』シリーズで1989年に講談社出版文化賞絵本賞を受賞した。

更に1993年に『りっぱな犬になる方法』と『じんぺいの絵日記』で路傍の石幼少年文学賞、2009年に『いぬうえくんがわすれたこと』で産経児童出版文化賞産経新聞社賞を受賞した。

アンドレ・ダーハンの絵本は本作をはじめ、文・訳を多数手がけている。

主な作品(絵本)

内容紹介

「空と海がつながるのは、おひさまが沈むときだけ。いそがなくちゃ」

小さなくまは、おつきさまのすむ夜のくにをめざして、イルカとともに海を進む。

アンドレ・ダーハンが描く、やさしく、美しいファンタジー。

試し読みできるよ。→→絵本ナビ公式サイト

特徴①クマとイルカの組み合わせ!

『おつきさまとちいさなくま』の主人公は、ちいさなくま。

前記事『なんてすてきな日』ではくまのぬいぐるみが主役だったけど、今回は本物のくまらしい。

お月さまの住む「よるのくに」にあこがれて、ボートに乗って海を水平線めざして進んでいる。

あなたは、「よるのくに」へどうやっていくか知ってるかな?

海で出会ったイルカは教えてくれるんだ。

「空と海がつながるのは、お日さまが沈むときだけ」って。

海の住人イルカは、海と空のことをよく知っている。

ボートを引っ張って泳いでくれるなんて、かわいくて頼りがいのある、すてきなともだち。

表紙絵は、ちいさなくまが、よるのくにに向かって、おもいきり漕ぎ出すところ。

下から見ているイルカが応援してくれている。歯が見えてちょっと怖いけど(笑)

おおきな羽のオールが、どこまでも連れていってくれそう。

特徴②お月さまに会えた!

よるのくににたどりついたちいさなくまはお月さまにやっと会えた。

このときのちいさなくまが、本当に可愛らしい。

お月さまとぎゅうってしあいたくて、一生懸命ボートを漕いでやって来たちいさなくま。

よるのくににすむ星たちも、うれしそう。

特徴③ぼくのほしを紹介

ちいさなくまは、おつきさまに「ぼくのほし」を案内する。

つまり、地球のこと。

地球には、お月さまに紹介したいものがたくさんあったんだ。

高い山、遊園地、こどもたち・・・

ちいさなくまは、おつきさまを案内しながら、たくさん質問していくんだ。

おつきさまは、優しく教えてくれた。

よるのくにへ、行きたいって思ったら誰でも行けるくに。

その秘密も教えてくれるんだ・・・

特徴④アンドレ・ダーハンのインタビュー

『おつきさまとちいさなくま』は日本で2010年に出版された絵本。

その際、アンドレ・ダーハンが来日したときのインタビューを見つけたよ。

アンドレ・ダーハンの絵本によく登場するお月さまについてや、絵本を作るときに感じる喜びについても語っていておもしろい。

インタビューページ→→絵本ナビ・アンドレ・ダーハンさん『おつきさまとちいさなくま』

まとめ

『おつきさまとちいさなくま』みどころまとめ!

  1. クマとイルカの組み合わせ!
  2. お月さまに会えた!
  3. ぼくのほしをしょうかい
  4. アンドレ・ダーハンのインタビュー

よるのくにに行く秘密が知れる、素敵な絵本だよ。

PC記事下

スポンサーリンク


PC記事下

スポンサーリンク


-絵本
-

Copyright© ももちんの書評情報 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.