短編「ニョロニョロのひみつ」感想。『ムーミン谷の仲間たち』より

「ニョロニョロのひみつ」はトーベ・ヤンソンの短編集『ムーミン谷の仲間たち』に収録されている短編。

ムーミンパパがニョロニョロたちと海を航海する物語。

このお話が収録されている本

この記事でわかること

  • ムーミン短編「ニョロニョロのひみつ」のあらすじとみどころ

「ニョロニョロのひみつ」とは?

『ムーミン谷の仲間たち(講談社文庫)』トーベ・ヤンソン作、山室静訳、講談社、2011年

「ニョロニョロのひみつ」(原題"Hatifnattarnas hemlighet")は、トーベ・ヤンソンが1962年に発表した短編集『ムーミン谷の仲間たち』(原題"Det osynliga barnet")に収録されている短編。

『ムーミン谷の仲間たち』は、1945~1970年に刊行された小説「ムーミン」シリーズ全9作のうち第7作目。

日本では1968年、山室静訳で講談社より刊行された。

参考:「ムーミン展 THE ART AND THE STORY」図録、Wikipedia

 

『ムーミン谷の仲間たち』についてもっと詳しく

『ムーミン谷の仲間たち』本の感想。シリーズ唯一の個性豊かな短編集

『ムーミン谷の仲間たち』はトーベ・ヤンソンの小説「ムーミン」シリーズの7作目。 シリーズの中で唯一の短編集である今作には、個性あふれる9つの物語が描かれる。 他の作品とは、トーベ・ヤンソンの絵のタッチ ...

続きを見る

ムーミンシリーズ紹介

「ムーミン」原作シリーズ本・絵本・アニメなど18シリーズまとめ!

「ムーミン」シリーズは、アニメやキャラクターだけ知っている人も多いけど、原作は児童文学。 児童文学シリーズや絵本・アニメなど、いろんな形の「ムーミン」をまとめてみた。 こんな方におすすめ アニメやキャ ...

続きを見る

 

エピソード一覧

  1. 春のしらべ:スナフキンが名前のないはい虫と出会い、名前をつけてほしいと頼まれる。感想記事はこちら。
  2. ぞっとする話:赤ちゃんの弟のおもりに飽きたあにきホムサは、恐ろしいものが登場するお話を作り出す。感想記事はこちら。
  3. この世のおわりにおびえるフィリフヨンカ:フィリフヨンカは大きな嵐の予感に恐怖心をつのらせていく。感想記事はこちら。
  4. 世界でいちばんさいごの竜:ムーミントロールはとても珍しい竜の生き残りを見つけ、可愛がるが、竜はそっけない。感想記事はこちら。
  5. しずかなのがすきなヘムレンさん:ヘムレンさんは年金で静かに暮らすことを望んでいるが、職場の遊園地が流されてしまう。感想記事はこちら。
  6. 目に見えない子:心が傷つき姿の見えなくなったニンニは、おしゃまさんに連れられてムーミン一家とともに暮らしはじめる。感想記事はこちら。
  7. ニョロニョロのひみつ:ムーミンパパは、家族をおいて一人ニョロニョロとともに航海の旅に出る。(この記事)
  8. スニフとセドリックのこと:大切なセドリックをあげてしまい、落胆するスニフに、スナフキンはあるお話を聞かせる。感想記事はこちら。
  9. もみの木:クリスマス前に冬眠から起こされたムーミン一家は、はじめてのクリスマスの準備をする。感想記事はこちら。

 

「ニョロニョロのひみつ」内容紹介

一言あらすじ

自由な暮らしに憧れたムーミンパパは、ある日ニョロニョロとともに航海の旅に出る。

ニョロニョロの不可解な生活を目の当たりにし、ムーミンパパが悟ったこととは・・・

 

登場人物

  • ニョロニョロ:小さい白いお化け。身体に電気を帯びている。
  • ムーミンパパ:ニョロニョロとともに航海の旅に出る。

 

「ニョロニョロのひみつ」感想

『ムーミン谷の仲間たち』全体の感想は次の記事に書いているよ。

check
『ムーミン谷の仲間たち』本の感想。シリーズ唯一の個性豊かな短編集

『ムーミン谷の仲間たち』はトーベ・ヤンソンの小説「ムーミン」シリーズの7作目。 シリーズの中で唯一の短編集である今作には、個性あふれる9つの物語が描かれる。 他の作品とは、トーベ・ヤンソンの絵のタッチ ...

続きを見る

 

ここからは、「ニョロニョロのひみつ」についての感想。

「ニョロニョロのひみつ」ポイント

 

ニョロニョロへのあこがれ

お話では、ムーミンパパがふらっと旅に出る。

ムーミンパパがどこへ向かうのか、だれと一緒なのか、いつ帰ってくるのか、ムーミンママにさえもわからない

人間の世界で考えたら、家族をおいて蒸発するなんて、無責任なお父さんってことになると思う。

だけど、ムーミン一家では、どこへいくのも自由で、心配したり責めることはない

 

ゆううつなムーミンパパ

『ムーミンパパの思い出』を読めばわかるんだけど、ムーミンパパは、根っからの冒険好き。

大人になって落ち着いたいまでも、たまにむくむくと冒険心が立ち上がるんだよね。

ときどき海でニョロニョロを見かけては、その危険で自由な生活にあこがれを抱く

ある夕方、ムーミンパパはぬるま湯のような生活をしていることが嫌になり、家をとびだす。

 

なぞめいたニョロニョロ

何も考えずに浜辺を歩いていると、たまたま三人のニョロニョロがのったボートに出くわす。

ムーミンパパはあいさつをしたり、話しかけてみるけれど、ニョロニョロは無反応

ムーミンパパは、そんなニョロニョロたちを「神秘的で謎めいている」と感じ、自分も乗せてもらうことにする。

そしてはるかかなたの水平線の先には冒険が待っている、と、期待に胸をふくらませるんだ。

 

理解できないニョロニョロ

航海が進むにつれて、ムーミンパパは、心が期待や不安で大きくゆれうごいていることに気づく。

 

ムーミンパパのドラマ

ここまで読むとわかるけど、ニョロニョロは、なんにも言わないし、表情もない。

そんなニョロニョロに、ムーミンパパが勝手に意味をつけているだけなんだよね。

やつらはあんな手つきをして、ぼくの心の中を読んでいるんだろうか。もちろん、はらをたててるにちがいない・・・

引用元:『ムーミン谷の仲間たち』ヤンソン作、山室静訳、講談社、2011年

相手がなにを考えているかわからないって、予想以上に怖いもの。

考えることをやめようと思っても、考えはとまらない。

そんなちっぽけなパパの心をニョロニョロに読まれたら、きっと見下されるはずだ・・・

どんどんオリジナルのストーリーを心で作りあげていく様子が、客観的に見るとよくわかる

 

いらだちとあきらめ

やがてボートは小さな島にたどり着き、ニョロニョロたちは無言でおりていく。

ムーミンパパはニョロニョロの行動の意味がわからないので、仲間はずれにされてる気持ちになるんだよね。

なにを話しかけても答えないニョロニョロに、ムーミンパパはいらだちをつのらせ、とうとう怒りを爆発させる。

それでもおしだまっているニョロニョロに、ムーミンパパは、だんだんと話しかけることをあきらめていく

心の中はだんだん静かになり、不安や後悔の気持ちも薄れていくんだよね。

ぼくはニョロニョロににてきたんじゃないかな

引用元:『ムーミン谷の仲間たち』ヤンソン作、山室静訳、講談社、2011年

ニョロニョロを理解したり仲間になろうとすることに疲れ、そのまま受け入れたムーミンパパ。

そのあきらめで、逆にニョロニョロに似た質が出てきたんだね。

ももちん
私もこうやって自分のストーリーにはまっていくんだな。

目の前の相手はただいるだけなのにね。

 

意味がなかったと悟る

いよいよ本当にニョロニョロの仲間になりそうなムーミンパパだったけど、ある日突然目をさますんだよね。

そのきっかけは、激しい夕立。

無数のニョロニョロがひとつの島に集まって夕立を浴び、叫んだり歌ったりするのを、ムーミンパパは初めて聞くんだ。

ニョロニョロにとって夕立の雷は生命の源であり、それだけをもとめてさまよっていることがわかったんだよね。

ニョロニョロのことがはっきりわかると同時に、ムーミンパパは自分がどんな思い違いをしていたかもはっきりさとり、すぐに家に帰る決断をする。

本当の自分を思い出したとき、ムーミンパパは家にいながらにして、どれだけ自由で幸福でいられるかもわかった

それは、冒険心を失うということではない。

まわりのだれかと比べて目指すことをやめたとき、すでにそうであったと気づいただけなんだよね。

ももちん
次作『ムーミンパパ海へいく』では、なんと家族を連れて灯台守になるパパ。

夢追い人の性格は変わらないのね・・・。

 

義務と葛藤するフィリフヨンカは『ムーミン谷の夏まつり』『ムーミン谷の十一月』でも登場するよ。

check
小説『ムーミン谷の夏まつり』あらすじと感想。夏至の劇で一つになる

『ムーミン谷の夏まつり』はトーベ・ヤンソンの小説「ムーミン」シリーズの5作目。 劇場に移り住み、はなればなれになったムーミン一家が、夏まつりの劇でひとつになる。 北欧の夏至の魅力もいっぱい。 この記事 ...

続きを見る

check
小説『ムーミン谷の十一月』あらすじと感想。一家不在のムーミン屋敷

『ムーミン谷の十一月』はトーベ・ヤンソンの小説「ムーミン」シリーズの最後の作品。 ムーミン一家が不在のムーミン屋敷に、6人のキャラクターが集まり、共同生活をはじめる。 衝突をくりかえしながらも、少しず ...

続きを見る

 

まとめ

ムーミン短編「ニョロニョロのひみつ」まとめ。

 

一つのものにいろんな意味づけをして信じたり疑ったりする姿を客観的に見ることができるお話。

収録されている本

 

ムーミンの記事

 

ももちんの書評情報の最新情報を、フォローしてチェックしよう。

書籍の表紙画像について、各出版社/著者ご本人から許諾を得るか、版元ドットコム等許諾申請不要の確認のもと掲載しています。表紙画像掲載不可または可否不明の書籍については、Amazonアソシエイトの商品画像リンクを掲載しています。

Kindleまとめ



そもそも電子書籍って何?っていうところから、Kindleアプリの操作、Kindle Unlimitedまで、Kindleの記事をまとめたよ。

  • この記事を書いた人

ももちん

夫と猫たちと山梨在住。海外の児童文学・絵本好き。 紙書籍派だけど、電子書籍も使い中。 今日はどんな本読もうかな。

-書評(小説・児童文学), 『ムーミン』シリーズ
-