短編「しずかなのがすきなヘムレンさん」感想。『ムーミン谷の仲間たち』

「しずかなのがすきなヘムレンさん」はトーベ・ヤンソンの短編集『ムーミン谷の仲間たち』に収録されている短編。

年金生活を夢みて遊園地で働くおとなしいヘムレンの物語。

このお話が収録されている本

この記事でわかること

  • ムーミン短編「しずかなのがすきなヘムレンさん」のあらすじとみどころ

「しずかなのがすきなヘムレンさん」とは?

『ムーミン谷の仲間たち(講談社文庫)』トーベ・ヤンソン作、山室静訳、講談社、2011年

「しずかなのがすきなヘムレンさん」(原題"Hemulen som älskade tystnad")は、トーベ・ヤンソンが1962年に発表した短編集『ムーミン谷の仲間たち』(原題"Det osynliga barnet")に収録されている短編。

『ムーミン谷の仲間たち』は、1945~1970年に刊行された小説「ムーミン」シリーズ全9作のうち第7作目。

日本では1968年、山室静訳で講談社より刊行された。

参考:「ムーミン展 THE ART AND THE STORY」図録、Wikipedia

 

『ムーミン谷の仲間たち』についてもっと詳しく

『ムーミン谷の仲間たち』本の感想。シリーズ唯一の個性豊かな短編集

『ムーミン谷の仲間たち』はトーベ・ヤンソンの小説「ムーミン」シリーズの7作目。 シリーズの中で唯一の短編集である今作には、個性あふれる9つの物語が描かれる。 他の作品とは、トーベ・ヤンソンの絵のタッチ ...

続きを見る

ムーミンシリーズ紹介

「ムーミン」原作シリーズ本・絵本・アニメなど18シリーズまとめ!

「ムーミン」シリーズは、アニメやキャラクターだけ知っている人も多いけど、原作は児童文学。 児童文学シリーズや絵本・アニメなど、いろんな形の「ムーミン」をまとめてみた。 こんな方におすすめ アニメやキャ ...

続きを見る

 

エピソード一覧

  1. 春のしらべ:スナフキンが名前のないはい虫と出会い、名前をつけてほしいと頼まれる。感想記事はこちら。
  2. ぞっとする話:赤ちゃんの弟のおもりに飽きたあにきホムサは、恐ろしいものが登場するお話を作り出す。感想記事はこちら。
  3. この世のおわりにおびえるフィリフヨンカ:フィリフヨンカは大きな嵐の予感に恐怖心をつのらせていく。感想記事はこちら。
  4. 世界でいちばんさいごの竜:ムーミントロールはとても珍しい竜の生き残りを見つけ、可愛がるが、竜はそっけない。感想記事はこちら。
  5. しずかなのがすきなヘムレンさん:ヘムレンさんは年金で静かに暮らすことを望んでいるが、職場の遊園地が流されてしまう。(この記事)
  6. 目に見えない子:心が傷つき姿の見えなくなった人には、おしゃまさんに連れられてムーミン一家とともに暮らしはじめる。感想記事はこちら。
  7. ニョロニョロのひみつ:ムーミンパパは、家族をおいて一人ニョロニョロとともに航海の旅に出る。感想記事はこちら。
  8. スニフとセドリックのこと:大切なセドリックをあげてしまい、落胆するスニフに、スナフキンはあるお話を聞かせる。感想記事はこちら。
  9. もみの木:クリスマス前に冬眠から起こされたムーミン一家は、はじめてのクリスマスの準備をする。感想記事はこちら。

 

「しずかなのがすきなヘムレンさん」内容紹介

一言あらすじ

遊園地で働くヘムレンさんは、退職して老人年金をもらうことを夢見ていた。

そんなある日大雨が続き、遊園地が流されてしまう。

仕事がなくなったヘムレンさんは空き地に引っ越し一人自由な生活を始めるが・・・

 

登場人物

  • ヘムレンさん:遊園地で入場係をしているヘムルで、騒がしいことが嫌い。
  • 親戚のヘムレンたち:共同で遊園地を経営している陽気な一族。
  • お使いホムサ:遊園地の再開をまちのぞみ、ヘムレンさんにお弁当を届ける。

 

「しずかなのがすきなヘムレンさん」感想

『ムーミン谷の仲間たち』全体の感想は次の記事に書いているよ。

check
『ムーミン谷の仲間たち』本の感想。シリーズ唯一の個性豊かな短編集

『ムーミン谷の仲間たち』はトーベ・ヤンソンの小説「ムーミン」シリーズの7作目。 シリーズの中で唯一の短編集である今作には、個性あふれる9つの物語が描かれる。 他の作品とは、トーベ・ヤンソンの絵のタッチ ...

続きを見る

 

ここからは「しずかなのがすきなヘムレンさん」についての感想。

「しずかなのがすきなヘムレンさん」ポイント

 

静かなヘムレンさん

このお話で登場するヘムレンさんは、いままで出てきたヘムレンさんとはちょっとちがう性格。

おとなしく一人が好きで、毎日好きでもない仕事をもくもくとやっているんだよね。

ヘムレンさんには一つの夢があった。

その夢とは、この仕事を引退し年金生活を送ること

ずっと先の老後の安心のためにいま一生懸命働くという考え方は、現代の多くのひとたちに共通する考え方だよね。

ヘムレンさんにとっては、「いま」はがまんする時間でしかなかった。

子どもたちが騒ぐ音も、他のヘムレンたちの陽気な姿も、みんなに話しかけるのも好かなかったんだよね。

 

大雨と夢の実現

そんなある日、遊園地が大雨で流されてしまう。

仕事仲間のヘムレンたちに「また仕事に戻れるよ」と言われたヘムレンさんは、ついに本音を出すんだ。

自分は仕事になんて戻りたくない。ひとり静かに年金生活を送りたいのだと。

それをきいた親戚のヘムレンたちは大わらいをする。

なんでだと思う?

ももちんははじめ、「夢みたいなこといっても、現実はそうはいかないんだよ」っていう見下した笑いかと思った。

けど、ちがった。

ヘムルたちにとっては、したいことは今するのが当たり前。

だから、ヘムレンさんだって当然好きで遊園地の仕事をしていると思ったのに、全然違ったことがおもしろかったんだね。

「ひとり静かにおもちゃの家をつくって暮らしたい」というヘムレンさんの本当の望みをしった親戚のヘムレンたちは、笑いながらも、その夢を応援する。

静かな広い公園を譲りうけ、青々とした木々やたくさんの星を見ながら、ヘムレンさんは自分の夢がかなったことに、満ち足りた気持ちになるんだよね。

自分が「周りに合わせてそうするべきだ」としていた考えは、周りの人ははじめから持っていなかった。

自分の望みはいつだって許されていたのに、自分だけがいまやることを許さずあきらめていただけだった。

「当たり前」にしている考えを疑ってみること、本音を思いきって伝えてみることの大切さを感じた。

 

ホムサの訪問

初めてのひとり静かな夜が明けると、一人の少年ホムサがヘムレンさんの公園を訪問する。

ホムサは伝えたいことがあったんだよね。

遊園地がなくなって、子どもたちみんなが悲しんでいること。

遊園地の遊具の部品はほとんど水の中から救い出して、保管してあること。

その部品を組み立て直して、遊園地の再開を親戚ヘムレンたちにお願いしにいくつもりなこと。

ヘムレンさんはホムサの話を聞きながら、また入場券切りをやらなければいけないのか?とちょっと不安になる。

だけど結局、子どもたちの訴えはきいてもらえないんだよね。

 

ヘムレンさんの葛藤

ヘムレンさんは、一瞬子どもたちに同情するものの、すぐに考え直す。

自分は遊園地に戻らなくてすむし、さっそく公園に一人でくつろげるあずま屋を建てよう。

翌朝ヘムレンさんは、門の所に、大量の部品とホムサからの手紙があるのを見つける。

手紙には、部品をヘムレンさんにあげること、また一緒に遊んでほしいことが書いてあった。

ヘムレンさんは見なかったことにして、あずま屋の仕事に没頭する。

ぼくはたったいま、いやですということを、おぼえたところなんだ。ぼくは老人年金をもらってるんだ。すきなことだけして、ほかのことはやるもんか

引用元:『ムーミン谷の仲間たち』ヤンソン作、山室静訳、講談社、2011年

ヘムレンさんだって、我慢してた仕事をやっとやめて、勇気と決意を持って夢の暮らしを実現した。

そうして手に入れた暮らしがおびやかされる恐怖、よくわかる。

だけど、根はやさしいヘムレンさん、全然目をそらせないんだよね(笑)

葛藤のあげく、ヘムレンさんは怒りながら、とうとう部品を敷地の中に運びこむ

 

ヘムレンの決断

こころならずも子どもたちが遊べる公園の建設に取りかかり始めたヘムレンさんは、怒鳴りながらリーダーシップをとっていく

公園の中にみんなが不思議なものを持ちよって、どんどんオリジナルな公園ができていき、とうとう完成するんだ。

さあ、できました

と、ヘムレンさんはいいました。

「ただ、このことはわすれないようにねーこれは遊園地でなくて、沈黙の園なんだよ

引用元:『ムーミン谷の仲間たち』ヤンソン作、山室静訳、講談社、2011年

子どもたちを受け入れてるのに「沈黙」を守らせようとするヘムレンさん、おもしろい(笑)

子どもたちがひみつの楽しい遊びをしている気配を感じながら、ヘムレンさんは心地よく眠る。

自分が望んでいた静かな暮らしを手放し、目の前にやってきた「仕事」を受け入れたヘムレンさん。

「仕事を押し付けられた」ととらえたら嫌な気持ちになるけど、結果的にそれ以上のものを受け取ったんだね。

 

今回登場したのはおとなしいヘムレンさん。

自分の意見を周囲に押しつけようとする典型的ヘムレンさんは『ムーミンパパの思い出』『ムーミン谷の冬』『ムーミン谷の十一月』で登場するよ。

check
小説『ムーミンパパの思い出』あらすじと感想。若きパパの冒険と成長

『ムーミンパパの思い出』はトーベ・ヤンソンの小説「ムーミン」シリーズの4作目。 ムーミンパパが自分の若かりし頃を「思い出の記」につづり、息子たちに語り聞かせる。 ムーミンパパの冒険と友情、心の成長が描 ...

続きを見る

check
小説『ムーミン谷の冬』あらすじと感想。一人冬眠から覚めるムーミン

『ムーミン谷の冬』はトーベ・ヤンソンの小説「ムーミン」シリーズの6作目。 ムーミントロールがひとリ冬眠から目をさまし、初めて冬の世界を見る。 おしゃまさんと心を通わせながら、冬の静けさと魅力を知ってい ...

続きを見る

check
小説『ムーミン谷の十一月』あらすじと感想。一家不在のムーミン屋敷

『ムーミン谷の十一月』はトーベ・ヤンソンの小説「ムーミン」シリーズの最後の作品。 ムーミン一家が不在のムーミン屋敷に、6人のキャラクターが集まり、共同生活をはじめる。 衝突をくりかえしながらも、少しず ...

続きを見る

 

まとめ

ムーミン短編「しずかなのがすきなヘムレンさん」まとめ。

 

自分が望んでいるものを手放し目の前の「仕事」を受け入れることの大切さに気づくお話。

収録されている本

 

ムーミンの記事

 

ももちんの書評情報の最新情報を、フォローしてチェックしよう。

書籍の表紙画像について、各出版社/著者ご本人から許諾を得るか、版元ドットコム等許諾申請不要の確認のもと掲載しています。表紙画像掲載不可または可否不明の書籍については、Amazonアソシエイトの商品画像リンクを掲載しています。

Kindleまとめ



そもそも電子書籍って何?っていうところから、Kindleアプリの操作、Kindle Unlimitedまで、Kindleの記事をまとめたよ。

  • この記事を書いた人

ももちん

夫と猫たちと山梨在住。海外の児童文学・絵本好き。 紙書籍派だけど、電子書籍も使い中。 今日はどんな本読もうかな。

-書評(小説・児童文学), 『ムーミン』シリーズ
-