短編「スニフとセドリックのこと」感想。『ムーミン谷の仲間たち』より

「スニフとセドリックのこと」はトーベ・ヤンソンの短編集『ムーミン谷の仲間たち』に収録されている短編。

大好きなものをあげてしまい後悔するスニフに、スナフキンがお話をきかせる。

このお話が収録されている本

この記事でわかること

  • ムーミン短編「スニフとセドリックのこと」のあらすじとみどころ
  • 「スニフとセドリックのこと」関連情報

「スニフとセドリックのこと」とは?

『ムーミン谷の仲間たち(講談社文庫)』トーベ・ヤンソン作、山室静訳、講談社、2011年

「スニフとセドリックのこと」(原題"Cedric")は、トーベ・ヤンソンが1962年に発表した短編集『ムーミン谷の仲間たち』(原題"Det osynliga barnet")に収録されている短編。

『ムーミン谷の仲間たち』は、1945~1970年に刊行された小説「ムーミン」シリーズ全9作のうち第7作目。

日本では1968年、山室静訳で講談社より刊行された。

参考:「ムーミン展 THE ART AND THE STORY」図録、Wikipedia

 

『ムーミン谷の仲間たち』についてもっと詳しく

『ムーミン谷の仲間たち』本の感想。シリーズ唯一の個性豊かな短編集

『ムーミン谷の仲間たち』はトーベ・ヤンソンの小説「ムーミン」シリーズの7作目。 シリーズの中で唯一の短編集である今作には、個性あふれる9つの物語が描かれる。 他の作品とは、トーベ・ヤンソンの絵のタッチ ...

続きを見る

ムーミンシリーズ紹介

「ムーミン」原作シリーズ本・絵本・アニメなど18シリーズまとめ!

「ムーミン」シリーズは、アニメやキャラクターだけ知っている人も多いけど、原作は児童文学。 児童文学シリーズや絵本・アニメなど、いろんな形の「ムーミン」をまとめてみた。 こんな方におすすめ アニメやキャ ...

続きを見る

 

エピソード一覧

  1. 春のしらべ:スナフキンが名前のないはい虫と出会い、名前をつけてほしいと頼まれる。感想記事はこちら。
  2. ぞっとする話:赤ちゃんの弟のおもりに飽きたあにきホムサは、恐ろしいものが登場するお話を作り出す。感想記事はこちら。
  3. この世のおわりにおびえるフィリフヨンカ:フィリフヨンカは大きな嵐の予感に恐怖心をつのらせていく。感想記事はこちら。
  4. 世界でいちばんさいごの竜:ムーミントロールはとても珍しい竜の生き残りを見つけ、可愛がるが、竜はそっけない。感想記事はこちら。
  5. しずかなのがすきなヘムレンさん:ヘムレンさんは年金で静かに暮らすことを望んでいるが、職場の遊園地が流されてしまう。感想記事はこちら。
  6. 目に見えない子:心が傷つき姿の見えなくなったニンニは、おしゃまさんに連れられてムーミン一家とともに暮らしはじめる。感想記事はこちら。
  7. ニョロニョロのひみつ:ムーミンパパは、家族をおいて一人ニョロニョロとともに航海の旅に出る。感想記事はこちら。
  8. スニフとセドリックのこと:大切なセドリックをあげてしまい、落胆するスニフに、スナフキンはあるお話を聞かせる。(この記事)
  9. もみの木:クリスマス前に冬眠から起こされたムーミン一家は、はじめてのクリスマスの準備をする。感想記事はこちら。

 

「スニフとセドリックのこと」内容紹介

一言あらすじ

大切な犬の人形のセドリックをあげてしまい、落胆するスニフ。

そんなスナフキンはあるお話を聞かせるが・・・

 

登場人物

  • スニフ:臆病で、宝石などキラキラ光る物が大好き。
  • セドリック:スニフがとても大切にしていた、ビロード製の犬。
  • スナフキン:セドリックをなくしたスニフにお話を聞かせる。

 

「スニフとセドリックのこと」感想

『ムーミン谷の仲間たち』全体の感想は次の記事に書いているよ。

check
『ムーミン谷の仲間たち』本の感想。シリーズ唯一の個性豊かな短編集

『ムーミン谷の仲間たち』はトーベ・ヤンソンの小説「ムーミン」シリーズの7作目。 シリーズの中で唯一の短編集である今作には、個性あふれる9つの物語が描かれる。 他の作品とは、トーベ・ヤンソンの絵のタッチ ...

続きを見る

 

ここからは、「スニフとセドリックのこと」についての感想。

「スニフとセドリックのこと」ポイント

 

後悔するスニフ

スニフはきらきらひかるものが好きで、なんでも自分のものにしたがる性格

ビロード(ベルベッド)でできた犬のセドリックも、そんな大切なものの一つだったんだよね。

ある時スニフは、セドリックを好きでもない子にあげてしまう

後でめちゃくちゃ後悔するスニフは、食べることも眠ることもできないほど。

なぜ、そんな大好きなものをあげてしまったと思う?

実は、スニフなりの損得勘定がはたらいたからなんだよね。

「あれはムーミントロールのせいなんだい。あいつがぼくにいったんだーもし自分がほんとうにすきなものを人にやったら、それが十倍にもなってかえってくる。だから、あとで、とてもすばらしい思いをするってさ。

引用元:『ムーミン谷の仲間たち』ヤンソン作、山室静訳、講談社、2011年

スニフは、ムーミントロールの道徳的な話を、損得でとらえたんだよね。

犬のセドリックの十倍すばらしいものをもらうために、犬のセドリックをあげてしまった。

ももちん
見返りをもとめてそんなことをしても意味がないのになぁ。

このスニフの姿、人間のももちんにはとってもなじみ深い。

ももちんも、心のどこかで計算をしながら動いていることけっこうある。

良い人に思われたくて、親切にする、とかね。

心から親切が湧いてきたわけじゃなく、「感謝される」という見返りをもとめてるもんね。

物語で読むとスニフのようなキャラクターは「ちっさいやつだな」って思われがちだけど、実は一番自分に似てるキャラクターなのかもな、って思った。

 

スナフキンの話に反発

スニフは、眠れない夜に散歩していると、スナフキンに出会う。

スナフキンは落ち込んでいるスニフに、お話を一つ聞かせてあげるんだよね。

お話の内容は、いまのスニフにぴったりの内容。

ものをたくさん集めていた女の人が余命宣告を受け、持ち物を残らず人にやってしまい、心が軽くなり、結果的に死なずにすんだっていうお話。

だけど、スニフは話の途中でぼやいたり、結末を予想したり、文句をつけたりして、スナフキンの話の腰をどんどんおっていくんだよね。

特に気に入らなかったのは、持ち物を全部人にやってしまうところ

スニフは「持ち物を人にあげることは良いことだ」というお話はもう聞きたくなかったんだよね。

さすがのスナフキンも、とうとうスニフに愛想をつかす。

おまえはばかだよ

と、スナフキンはいいました。

でなけりゃ、なおわるいことに、お話のぶちこわし屋だ。

引用元:『ムーミン谷の仲間たち』ヤンソン作、山室静訳、講談社、2011年

持ち物を減らすと心が軽くなって、ずっと望んでいたことも楽にできるようになる。

ものを持たないスナフキンは、自分がマスターしている「手放すことの極意」をわかりやすく説明してくれていたんだよね。

だけど、スナフキンが話したかったことは、スニフにはまったく伝わらなかった

 

戻ってきたセドリック

犬のセドリックはどうなったかって言うと、スニフが雨の中にころがっているのを見つけて、持ち帰ってきた。

その日からスニフは、セドリックを本当に大切にしたんだよね。

セドリック自身は、以前のようなキラキラした飾りは取れてしまっていたけれど、スニフにとってはそんなことは関係なかった。

キラキラしていなくてもセドリックを愛するスニフ、けっこうめずらしい(笑)

スニフのセドリックへの愛は、キラキラしているからじゃなく、ただセドリックだからだった。

そのことに気づけたことが、スニフにとって大切なものをあげたことで得た「良いこと」だったのかもしれない

 

パペットアニメーションで見られる「スニフとセドリックのこと」

短編「スニフとセドリックのこと」のお話は、パペットアニメーション『ムーミン』でも楽しむことができる。

パペットアニメーションとは、人形やぬいぐるみを被写体とし、コマ撮りで制作されたアニメーションのこと。

1979年、トーベ・ヤンソンとラルス・ヤンソン監修のもとポーランドで制作されたのは、パペットアニメーション(全78話)のムーミン。

日本では、カルピスまんが劇場シリーズでムーミンの声をつとめた岸田今日子が一人ですべてのキャラクターの吹替を演じ、1990年にNHKBS2で放映された。

2012年、フィンランドでデジタル・リマスター版が制作されると、日本でも松たか子・段田康則の吹替で再吹き替えされた。

「スニフとセドリックのこと」のお話は「犬のセドリック」として収録されている。

どちらもDVDで見ることができる。

参考:Wikipedia、『pen』2015年2月15日号(CCCメディアハウス)

岸田今日子版「犬のセドリック」収録

松たか子・段田康則版「犬のセドリック」収録

 

まとめ

ムーミン短編「スニフとセドリックのこと」まとめ。

 

見かけじゃない本当の価値をみることの尊さを感じるお話。

収録されている本

 

ムーミンの記事

 

ももちんの書評情報の最新情報を、フォローしてチェックしよう。

書籍の表紙画像について、各出版社/著者ご本人から許諾を得るか、版元ドットコム等許諾申請不要の確認のもと掲載しています。表紙画像掲載不可または可否不明の書籍については、Amazonアソシエイトの商品画像リンクを掲載しています。

Kindleまとめ



そもそも電子書籍って何?っていうところから、Kindleアプリの操作、Kindle Unlimitedまで、Kindleの記事をまとめたよ。

  • この記事を書いた人

ももちん

夫と猫たちと山梨在住。海外の児童文学・絵本好き。 紙書籍派だけど、電子書籍も使い中。 今日はどんな本読もうかな。

-書評(小説・児童文学), 『ムーミン』シリーズ
-