『帰ってきたメアリーポピンズ』感想。映画メリーポピンズ原作本続編

投稿日:2019年1月18日 更新日:

『帰ってきたメアリー・ポピンズ』P.L.トラヴァース(作)メアリー・シェパード(絵)林容吉(訳)岩波書店、2001年


『帰ってきたメアリー・ポピンズ』は、児童文学の名作『メアリー・ポピンズ』シリーズの2作目。

前作『風にのってきたメアリー・ポピンズ』で風にのっていってしまったメアリー・ポピンズが、凧にのって帰ってきた!

今回は、児童文学『帰ってきたメアリー・ポピンズ』を紹介するよ。

こんな方におすすめ

  • 前作『風にのってきたメアリー・ポピンズ』を読んで面白かったので、2作目も読んでみたい。
  • 『帰ってきたメアリー・ポピンズ』のあらすじと見どころを知りたい。
スポンサーリンク

1.背景

『帰ってきたメアリー・ポピンズ』(原題”Mary Poppins Comes Back”)は、イギリスの女流作家P.L.トラヴァースが1935年に発表した児童文学。

日本では、1975年、林容吉の翻訳で岩波書店より刊行された。

P.L.トラヴァースによる「メアリー・ポピンズ」関連書籍は全8作品。『帰ってきたメアリー・ポピンズ』は第2作目にあたる。

P.L.トラヴァース(作)、メアリー・シェパード(絵)、林容吉(訳)については、次の記事で紹介しています。

P.L.トラヴァース(作)、メアリー・シェパード(絵)、林容吉(訳)紹介(『風にのってきたメアリー・ポピンズ』レビュー記事へ)

2.主な登場人物

前作より継続

メアリー・ポピンズ・・・凧のって再びバンクス家にやってきた不思議な乳母兼家庭教師。

バンクス一家

ジョージ・バンクス・・・バンクス家のお父さん。銀行で働き、短気で陽気。

バンクス夫人・・・バンクス家のお母さん。人から「時代遅れ」と言われることが嫌い。

ジェイン・・・バンクス家の長女。優しく弟・妹想い。メアリー・ポピンズのことを慕っている。

マイケル・・・ジェインの弟で、バンクス家の長男。知りたがりでよくメアリー・ポピンズに怒られている。

ジョンとバーバラ・・・バンクス家の双子の兄妹。今作から成長し、自然と会話することはできなくなっている。

ブリルばあや・・・バンクス家の料理番。

エレン・・・バンクス家の小間使い。花粉症でいつもくしゃみをしている。

ロバートソン・アイ・・・バンクス家の使用人。暇さえあれば寝ていて、あまり仕事をしない。

ご近所さん・友人

ラークおばさん・・・バンクス家のお隣さん。アンドリューとウィロビーいう2匹犬を飼っている。

ブーム提督・・・桜町通に住み、まるで船のような形の家に住む。

バート・・・マッチ売り兼絵描き。メアリー・ポピンズの親しい友達。

新登場

アナベル・・・今作で生まれる、バンクス家の5人目の子ども。

公園番・・・桜町通にある公園の管理をしている。『風にのってきたメアリー・ポピンズ』に登場した「鳥のおばさん」の息子。

お巡りさん・・・町の交通を取り締まっている。エレンのことが好き。

ミス・アンドリュー・・・ジョージ・バンクスの子ども時代の家庭教師。厳しく意地悪な性格。

ターヴィーさん・・・メアリー・ポピンズのいとこ。毎月第二月曜日になるとすべてがあべこべになる

ネリー・ルビナ・・・箱舟のような家に住む不思議な女性。「会話」を売る。

スポンサーリンク

3.あらすじ

前作『風にのってきたメアリー・ポピンズ』で、西風にのって飛び去ったメアリー・ポピンズ。

なんと凧にのって、ふたたびバンクス家にやってくる。

けんかやいたずらが絶えなかった子どもたちも大喜び。

おなじみご近所さんや、新登場キャラクター公園番、バンクス家の新しい子どもアナベルも加わって、にぎやかに冒険の日々が始まる。

エピソード一覧

『風にのってきたメアリー・ポピンズ』エピソード内容
1.タコメアリー・ポピンズが凧にのってふたたびバンクス家にやってくる
2.ミス・アンドリューのヒバリジョージ・バンクスの元家庭教師で意地悪なミス・アンドリューが、バンクス家に滞在することになる
3.わるい水曜日反抗的な気分になったジェインは、子供部屋に飾ってあったお皿にヒビを入れてしまう
4.あべこべターヴィーさんメアリー・ポピンズと子どもたちは、ヒビの入ったお皿を直してもらいにターヴィーさんのところへいく
5.新入りバンクス家の5人目の子ども、アナベルが誕生する
6.ロバートソン・アイの話公園でメアリー・ポピンズと子どもたちが出逢ったのは、どこかロバートソン・アイに似た不思議な人。メアリー・ポピンズは彼の話を語り始める。
7.夜の外出日メアリー・ポピンズと子どもたちは、夜の星空にのぼって、星座のサーカスを楽しむ
8.風船、風船!公園で不思議なおばあさんから風船を買ったメアリー・ポピンズと子どもたちは、どんどん宙に浮いていく
9.ネリー・ルビナメアリー・ポピンズと子どもたちが冬の日に訪れたのは、「会話」を売る不思議なお店だった
10.メリー・ゴウ・ラウンドメリー・ポピンズは、メアリー・ゴウ・ラウンドに乗って空へ帰っていく

4.本を読んだきっかけ

左上『風にのってきたメアリー・ポピンズ』2000年
右上『帰ってきたメアリー・ポピンズ』2001年
左下『とびらをあけるメアリー・ポピンズ』2002年
右下『公園のメアリー・ポピンズ』2003年
いずれもP.L.トラヴァース(作)メアリー・シェパード(絵)林容吉(訳)岩波書店

ももちんが児童文学『メアリー・ポピンズ』シリーズを読んでみたいと思ったのは、もうすぐ公開される映画『メリー・ポピンズリターンズ』がきっかけ。

映画を見る前に、原作を読んでみたいと思ったんだよね。

1作目『風にのってきたメアリー・ポピンズ』を読んで、映画とはギャップがあるメアリー・ポピンズにとてもひかれた。

つづきも読みたいと思ったので、『帰ってきたメアリー・ポピンズ』を図書館で借りてきました。

『風にのってきたメアリー・ポピンズ』感想

『風にのってきたメアリーポピンズ』感想。映画メリーポピンズ原作本

『風にのってきたメアリー・ポピンズ』P.L.トラヴァース(作)メアリー・シェパード(絵)林容吉(訳)岩波書店、2000年 児童文学『風にのってきたメアリー・ポピンズ』は、ディズニーの超有名映画『メリー ...

続きを見る

映画『メリー・ポピンズリターンズ』感想

映画『メリーポピンズリターンズ』感想。美しい映像と歌にくぎづけ!

ディズニーの新しいミュージカル映画『メリー・ポピンズリターンズ』を見てきたよ。 児童文学やミュージカルが好きな人なら絶対おすすめ。 今回は、映画『メリー・ポピンズリターンズ』の見どころを紹介するよ。 ...

続きを見る

5.本を読んだ感想

『帰ってきたメアリー・ポピンズ』P.L.トラヴァース(作)メアリー・シェパード(絵)林容吉(訳)岩波書店、2001年

今作『帰ってきたメアリー・ポピンズ』で、メアリー・ポピンズは突然現れ、突然去っていく。

メアリー・ポピンズがバンクス家にいる間に起こった、不思議な冒険たちが短編集のように描かれている。

始まり方と終わり方、その間に起こることもシリーズ通してどことなく似ている。

未知のおもしろさというより、メアリー・ポピンズのパターンが決まっている。

その中で、新登場のキャラクターや今までにない体験を味わえるのは、まるでディズニーランドやUSJにいるような安心感なんだよね。

5-1.いつも通りにやってくるメアリー・ポピンズ

まるでいつもの出勤のように、当たり前のようなたたずまいで現れるメアリー・ポピンズ。

今作では、マイケルとジェインと公園番が凧あげをしているとき、なんと凧につかまってやってくる!

このシーンは、2019年2月に公開の映画『メリー・ポピンズリターンズ』の登場シーンにもなっているっぽい。予告編を見る限りでは。

子どもたちは喜びのあまりめっちゃはしゃぐんだけど、メアリー・ポピンズは相変わらずポーカーフェイス。

「ここは公園で、クマのおりじゃないってことをわすれないでいただきたいもんです。」と、メアリー・ポピンズはいって、ふたりの手をふりほどきました。

引用元:『帰ってきたメアリー・ポピンズ』P.L.トラヴァース(作)メアリー・シェパード(絵)林容吉(訳)岩波書店、2001年

このメアリー・ポピンズの第一声を読んで、変わらないメアリー・ポピンズにほっとして、「ああ、戻ってきたんだなあ」と実感する。

バンクス家の人びとの反応

メアリー・ポピンズがいなくなってからのバンクス家は荒れ放題。

ジェインとマイケルはしょっちゅうけんかをし、家庭教師も次々に来てはやめていく。

使用人のロバートソン・アイはしょっちゅう失敗し、お父さんを怒らせ、お父さんはもう帰らないという。

奥さんはほとほと疲れて、泣きだす始末。

メアリー・ポピンズがいないと、こんなにも収集つかなくなってしまうバンクス家って、ちょっと心配になる・・・

そんなときに再び現れたメアリー・ポピンズだから、バンクス家の人びとには救世主のように見えたにちがいない。

「メアリー・ポピンズが帰ってきましたよ!」バンクス夫人は受話器にむかって、うれしそうにいいました。

「ほんとかね!」と、バンクスさんが、電話のむこうのはじでいいました。「じゃ、わたしも帰るかな。」

引用元:『帰ってきたメアリー・ポピンズ』P.L.トラヴァース(作)メアリー・シェパード(絵)林容吉(訳)岩波書店、2001年

子どもたちだけでなく、バンクス夫妻や使用人たちにとっても、メアリー・ポピンズはいてくれてありがたい存在なんだよね。

初日にさっそく起こる魔法

メアリー・ポピンズが子ども部屋に入ると、さっそく不思議なことが起こる。

メアリー・ポピンズが取り出したのは、不思議な体温計。

この体温計、測った人の性格が表示されるのが不思議。

ジェインは「不注意、無思慮、無精」

マイケルは「たいへんうるさくて、手におえない、いたずらっ子」

メアリー・ポピンズ自身は「きわめて優秀な、徳高き人物、いかなる点においても信頼しうる」と表示され満足気。

いろんな不思議なことに驚きながらも、目くばせしあっておとなしくする、ジェインとマイケル。

メアリー・ポピンズが帰ってきたうれしさと幸せが伝わってきてかわいい。

ちなみに、次作『とびらをあけるメアリー・ポピンズ』では、メジャーで身長を測って同じようなことがおきている。

5-2.バンクス家の5人目の子ども

今作で初めて登場するのが、バンクス家の5人目の子ども、アナベル。

生まれたばかりの赤ちゃんのアナベルは、ムクドリや風や日の光と会話できる。

前作では、双子のジョンとバーバラがお話できたけど、今作では大きくなっている。

今作『帰ってきたメアリー・ポピンズ』では、アナベルが生まれる前にどこから来たのかを話す場面がある。

「わたしは、土と空と火と水なの。」としずかにいいました。「わたしは闇のなかからきたの。なんでも、はじまりはそこなの。」

引用元:『帰ってきたメアリー・ポピンズ』P.L.トラヴァース(作)メアリー・シェパード(絵)林容吉(訳)岩波書店、2001年

アナベルのこのセリフを読んだとき、めっちゃしびれた・・・

「土・空・火・水」は、ギリシア哲学でこの世界の根源とされている四元素。

正直、ももちんはよくわからないけど・・・そんな難しいことをしれっと話す赤ちゃん。

世界の始まりが「闇」と知っているところもしびれます。

メアリー・ポピンズだけは、アナベルが話していることがわかるし、いずれは忘れてしまうことも知っている。

1週間後にムクドリが戻ってくると、アナベルはお話はできたけど、「どこからきたか」はすっかり忘れているんだ。

成長するにつれ、目の前にあることしかわからなくなっていく人間たち。

もしかすると、わたしたちは、本当に大事なことは全部忘れて生きているのかもしれないね。

5-3.ジェインの怖い体験

前作では、マイケルが怖い目にあった「わるい火曜日」というお話があった。

今作では、「わるい水曜日」と題して、ジェインが怖い体験をするんだ。

リアルに怖いお皿のなかの世界

前回同様、いつもとちがってご機嫌ななめのジェイン。

すべてが憎らしくなって反抗した結果、お茶に連れて行ってもらえず、一人部屋に残された。

そして、子ども部屋に飾ってあるお皿の絵に呼ばれて、絵の中に入るんだ。

絵の中ので出会った子どもたちは、どことなく違和感が感じられる。

めっちゃ明るいんだけど、周りの雰囲気が寒々しい。

ジェインは、絵の中の世界が、今住んでいる世界よりずっと過去で、もう戻れないかもしれないことを知るんだよね。

「(中略)ここはどこなの?」ジェインは叫んで、恐ろしそうにあたりをみまわしました。

「うちからずっと遠くだ、ジェイン、ずっと遠くだ。」大おじいさんが、しゃがれ声でいいました。「ずっと昔へ、さかのぼっているのだークリスチナや男の子たちが、六十年も前に若かった昔だ!」

引用元:『帰ってきたメアリー・ポピンズ』P.L.トラヴァース(作)メアリー・シェパード(絵)林容吉(訳)岩波書店、2001年

過去に入り込んで戻れなくなるということ、子どもたちが明るくジェインを捕まえようとしているところ、大人のももちんでもちょっと鳥肌が立つ。

とりみだしたジェインが今にもつかまろうかというときに、メアリー・ポピンズが現れ、助けるんだ。

「ああ、メアリー・ポピンズ!あたしもう、二度と悪い子にならない!」

メアリー・ポピンズは、かすかな、あてにしないようなほほえみを、ちらりと、口のはじにうかべて、手をのばしてエプロンのしわをなおしました。そしてただ、

「ふん!」といっただけでした。

引用元:『帰ってきたメアリー・ポピンズ』P.L.トラヴァース(作)メアリー・シェパード(絵)林容吉(訳)岩波書店、2001年

本当はメアリー・ポピンズも必死だったと思うけど、子どもたちにはいつもそっけないところがまたほっこり。

マザー・グースの引用

 引用元:Monday's Child – Nursery Rhyme with Karaoke/APPUSERIES

「わるい水曜日」で、最初ジェインは「水曜日の子どもは、なげきがいっぱい」とマイケルにからかわれる。

この元になっているのは、『マザー・グース』の”Monday's Child(月曜日に生まれた子供は)”という童謡。

歌詞のなかで、「月曜日生まれの子供は器量よし 火曜日生まれの子供はたいそう気品があり 水曜日生まれの子供は悲哀でいっぱい」と歌われている。

参考:KITAMOCCHI TIMES

5-4.強烈キャラ、ミス・アンドリュー

物語の中で強烈な個性をはなっているのが、バンクス家のお父さんの子ども時代の家庭教師、ミス・アンドリュー。

ミス・アンドリューの徹底的な意地悪さ、横柄さが強烈で、むかついた。

バンクスのお父さんの言葉を借りると、「ほかのものはだれでも悪いやつで、虫けらみたいだと思わせるのが好き」なミス・アンドリュー。

突然電報で「1ヶ月の予定で滞在する」と知らせ、やってくる。

タクシーにたくさんの荷物を積んでやってきたミス・アンドリューは、タクシー料金からもめっぱなし。

子どもたちにも「子どもは見てもらえばいいんで、意見をいうことはない!」と一蹴。

メアリー・ポピンズへの言葉も辛らつ。

「(中略)あんたが子どもたちをみさせてる、あの若い子だがー」といって、メアリー・ポピンズのほうにあごをしゃくりました。「即刻、ひまをとらせなさい。無作法で、無能で、全然、信用なりません。」

引用元:『帰ってきたメアリー・ポピンズ』P.L.トラヴァース(作)メアリー・シェパード(絵)林容吉(訳)岩波書店、2001年

メアリー・ポピンズをよく知ってる読者からすると、よくそんなことが言えるよね、と逆に感心するくらい、横柄な態度なんだよね。

もちろん、こんなことを言われて、メアリー・ポピンズもだまっちゃいない。

ミス・アンドリューがつかまえて鳥かごに入れていた可哀そうなヒバリと話して、ヒバリを逃がすんだよね。

それだけにとどまらず、ミス・アンドリューを鳥かごに閉じ込めるんだ。

「しつけのいいわたし。いつも正しいわたし。まちがったことのないわたし。そのわたしが、こんなことになるなんて!」

引用元:『帰ってきたメアリー・ポピンズ』P.L.トラヴァース(作)メアリー・シェパード(絵)林容吉(訳)岩波書店、2001年

ミス・アンドリュー自身は、自分のことを「しつけのいい、正しい」というフィルターでしかみていなくて、「いじわる、決めつける」という風にはとらえていなかったんだよね。

イメージにこんなにギャップがあるなんて、自分のことをわかっていないって恐ろしいなー、と思った。

とうとう謝ったミス・アンドリューは、そそくさとバンクス家から去っていく。

『メアリー・ポピンズ』シリーズにはあまりいじわるなキャラクターは登場しないだけに、ミス・アンドリューの存在感は際立っていた。

ちなみに、ミス・アンドリューは次作以降もたびたびいじわるキャラとして登場するし、『メアリー・ポピンズとお隣さん』では準主役級として登場する。

5-5.周囲の人たちの不思議な物語

『帰ってきたメアリー・ポピンズ』では、ここまで紹介した以外にも、すてきな魔法のエピソードがたくさん出てくる。

  • メアリー・ポピンズのいとこダーヴィーさんのところでは、逆立ちしたり、宙返りしたりする
  • メアリー・ポピンズは怠け者のロバートソン・アイによく似た人の話を聞かせる
  • 風船ばあさんから風船を買うと、ふわふわと浮いて、町の人たちと空中で出会う
  • 不思議なネリー・ルビナとメアリー・ポピンズは、せっせと春をもたらす準備をする
  • 夜空にのぼって星座のサーカスを楽しむ

ひとつひとつの物語が、誰も傷つかない、優しく楽しい体験。

眠るまえに読むと、いい夢みられそう。

春をもたらすメアリー・ポピンズ

前作ではコリーおばさんとともに、夜空の星に色を塗っていたメリー・ポピンズ。

今作では、ネリー・ルビナとともに、木に緑色を塗って葉をつけたり、花を咲かせたりする。

「春をもたらす」というメアリー・ポピンズの仕事は、どこか妖精じみている。

ディズニーの映画『ティンカーベル』では、フェアリーたちはとても近い仕事をしていたんだよね。

もしかしたら、メアリー・ポピンズも妖精なのかもしれない。

星座のサーカス 太陽の名言

前作ではプレアデスの星の少女マイアが登場したよね。

今作では、子どもたちが直接夜空にのぼっていって、星座のサーカスを楽しむんだ。

ふたごのカストルとポルックス、オリオン、竜やペガサスなど、星座や神話の中のキャラクターがたくさん登場して、勉強にもなる。

最後に登場し、メアリー・ポピンズとダンスをする太陽の言葉も深い。

「なにがほんとうで、なにがほんとうでないのでしょう? あなたは教えてくれますか、わたしが教えられますか? おそらく、わたしたちには、これ以上のことは、けっしてわからないでしょうーそれは、なにか考えることが、それをほんとうのものにするということです。(中略)」

引用元:『帰ってきたメアリー・ポピンズ』P.L.トラヴァース(作)メアリー・シェパード(絵)林容吉(訳)岩波書店、2001年

太陽のこの言葉は、「すべての事象は、あなたの心が造り出している」という禅の「一切唯心造」に通じるものを感じる。

ちょいちょい深い言葉が登場する『メアリー・ポピンズ』は、映画では決して感じることができない。

児童文学にちりばめられた、作家トラヴァースからあふれる「知恵」の部分なんだよね。

5-6.愛すべき隣人たち

『帰ってきたメアリー・ポピンズ』では、初めて登場するキャラクターもいっぱい。

ももちんが好きなのは、主役のエピソードはないんだけど、物語を彩るわき役の人たち。

  • いつも桜町通にやってきて、看板のメッセージがいつも違う、アイスクリーム売り
  • アイスクリームを買ってはコーンを取っておく、陽気な煙突掃除
  • 口うるさく注意をしてくるけど、憎めない公園番
  • バンクス家の小間使いエレンと恋に落ちるお巡りさん

当時のロンドンならではの職業がたくさん出てきて、想像するのが楽しい。

一作目に登場したあのキャラは?

前作『風にのってきたメアリー・ポピンズ』に登場したキャラクターは、今作以降もひそかに登場している。

  • 前作でメアリー・ポピンズと絵の中でお茶をした、絵描き兼マッチ売りのバート。今作では、最後にメアリー・ポピンズにお別れを言いに現れる。
  • 前作でアンドリューとウィロビーを飼うことになったラークおばさんは、お隣さんとしてたびたび登場。次作以降も登場。
  • 船のような形の家に住むブーム提督は、今作でもたびたび公園で遭遇。船乗り言葉がおもしろい。次作以降も登場。
  • 前作で登場した鳥のおばさんは今作では登場しないが、息子の公園番がたびたび登場。鳥のおばさんは次作以降に再登場。
  • 前作でジンジャー・パンを売っていたコリーおばさんは、次作以降に再登場。
  • 前作で天上でお茶をしたウィッグさんは、次作以降に再登場。

5-7.物語の終わり

前作で、傘をさしたまま空に昇っていなくなったメアリー・ポピンズ。

今作では、メリーゴーランドに乗って空にのぼっていくという、ちょっと豪華な去り方をしている。

ブーム提督やバート、ターヴィーさんやラークおばさんなども勢ぞろい。

メアリー・ポピンズが残したロケットには、バンクス家の5人の子どもたちに囲まれてうれしそうなメアリー・ポピンズが写っているんだ。

前作では、あっさりと去っていくメアリー・ポピンズがシュールで好きだったけど、今作では、ちょっと感動的にまとまっている。

まとめ

『帰ってきたメアリー・ポピンズ』あらすじと感想まとめ。

  1. 登場人物とあらすじ
  2. いつも通りにやってくるメアリー・ポピンズ
  3. バンクス家の5人目の子どもアナベル
  4. ジェインの怖い体験
  5. 強烈キャラ、ミス・アンドリュー
  6. 周囲の人たちの不思議な物語
  7. 愛すべき隣人たち

今作初登場の赤ちゃん「アナベル」や、今作以降定番キャラクターの「公園番」も登場し、ますますにぎやかになる物語。

前作が好きなら間違いなくハマるので、読んでみてね。

電子書籍の商品リンクはこちら。

電子書籍サイト『帰ってきたメアリー・ポピンズ』取り扱い
Amazon Kindle
☆レビュー記事☆
〇(作品ページ)
楽天Kobo〇(作品ページ)
honto〇(作品ページ)
紀伊國屋書店〇(作品ページ)
セブンネット〇(作品ページ)
BookLive!〇(作品ページ)
eBookJapan〇(作品ページ)
コミックシーモア×
BOOK☆WALKER×
ブックパス〇(作品ページ)
電子貸本Renta!×
U-NEXT×

次作『とびらをあけるメアリー・ポピンズ』について知りたい?こちらの記事をどうぞ。

おすすめ
『とびらをあけるメアリーポピンズ』感想。メリーポピンズ最後の訪問

『とびらをあけるメアリー・ポピンズ』P.L.トラヴァース(作)メアリー・シェパード/アグネス・シムズ(絵)林容吉(訳)岩波書店、2002年 『とびらをあけるメアリー・ポピンズ』は、児童文学の名作『メア ...

続きを見る

スポンサーリンク

Kindleまとめ

そもそも電子書籍って何?っていうところから、Kindleアプリの操作、Kindle Unlimitedまで、Kindleの記事をまとめたよ。

関連記事と広告

-書評(小説・児童文学), 『メアリー・ポピンズ』シリーズ
-

Copyright© ももちんの書評情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.