「クリスマスの絵本」 一覧

北欧の妖精を描く『トムテ』感想。クリスマス前に読みたい大人の絵本

『トムテ』はスウェーデンの妖精の静かな冬の夜を描いた絵本。 19世紀の詩人リードベリが書いた詩は、味わい深く、大人におすすめの絵本。 著者紹介 トムテとは? 絵本を読んだきっかけ 北欧の静かな冬の夜 ...

文字なし絵本『天使のクリスマス』感想。静かで不思議な一夜の世界!

『天使のクリスマス』はイギリスの絵本作家ピーター・コリントンによる文字なし絵本。 女の子が寝静まった後に動き出す、クリスマス・イブの天使のお仕事を、精密な絵だけで表現している。 著者紹介 絵本を読んだ ...

『よるくまクリスマスのまえのよる』感想。酒井駒子大人気絵本の続編

『よるくま クリスマスのまえのよる』は酒井駒子の大人気絵本『よるくま』の二作目。 クリスマスイブの夜の、男の子と「よるくま」のふしぎな物語。 一作目『よるくま』を読んだことがない人にもおすすめの素敵な ...

絵本『クリスマスの森』サンタクロースと森の動物たちの心温まる物語

絵本『クリスマスの森』は、おっちょこちょいなサンタクロースと森の動物たちのあたたかな交流を描いた絵本。 ファンタジックな絵童話は、大人の絵本タイムにもぴったり。 同じあらすじの絵本『サンタおじさんのい ...

サンタおじさんのいねむり感想。どうぞのいす画家のクリスマス絵本!

『サンタおじさんのいねむり』は、『どうぞのいす』で有名な柿本幸造が絵を描いた、クリスマスの絵本。 かわいらしいサンタと動物たちにほっこりする。 同じ原作の絵本に『クリスマスの森』があるんだけど、全く違 ...

絵本『ベッキーのクリスマス』アメリカの古き良きクリスマスが素敵!

出典:ターシャ・テューダー『ベッキーのクリスマス』ないとうりえこ訳、メディアファクトリー、2007年 『ベッキーのクリスマス』は、日本でも人気のあるターシャ・テューダー作の絵本。 アメリカの伝統的なク ...

「クリスマスの前の夜」の絵本がたくさん?元は同じ詩。1冊ずつ紹介

「クリスマスの前の夜」についての絵本、たくさんあると思わない? あなたも1冊は読んだことがあるんじゃないかな? 実は、どの絵本も”The Night Before Christmas”ていう一つの詩が ...

絵本『ゆきのひのおくりもの』感想!『しんせつなともだち』と比較。

『ゆきのひのおくりもの』と『しんせつなともだち』は、かわいらしい動物の絵と、友達を思いやる気持ちにほっこりする絵本。 絵とお話が似ていると有名な2冊の絵本だけど、読み比べてみるとちがいがわかって面白い ...

絵本『クリスマスってなあに?』三色刷りのイラストがかわいい!

出典:ロビンソン『クリスマスってなあに?』こみやゆう訳、岩波書店、2012年 絵本『クリスマスってなあに?』は、『思い出のマーニー』の作者、ジョーン・ロビンソン作の絵本。 三色刷りのイラストがめっちゃ ...

『サンタのなつやすみ』さむがりやのサンタの楽しいバカンス!

ブリッグズ『サンタのなつやすみ』さくまゆみこ訳、1998年、あすなろ書房 『さむがりやのサンタ』の続編、『サンタのなつやすみ』。 クリスマスのお仕事が終わり、バカンスに行くサンタクロースの物語。 今回 ...

Copyright© ももちんの書評情報 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.