【クリスマス物語】大人におすすめ!キリスト誕生の絵本16作品まとめ

投稿日:2019年11月8日 更新日:


クリスマス前に一度は読みたいのが、キリストの誕生についての絵本。

キリスト誕生を描いた絵本は「クリスマスものがたり」とか「クリスマスのおはなし」という題名で、たくさん出版されているんだよね。

今回は、いろんなバージョンの「クリスマスものがたり」の絵本を紹介するよ。

こんな方におすすめ

  • クリスマスの起源(キリストの誕生)についての絵本を読みたい
  • クリスマスの起源の絵本がたくさんあって、どれを読んだらいいかわからない

目次

スポンサーリンク

「クリスマス物語」って?

クリスマスは、本来はイエス・キリストの誕生をお祝いするもの。

日本でも、新約聖書に基づいたキリスト誕生を描いた絵本はたくさん刊行されている。

絵本の題名は「クリスマスものがたり」や「クリスマスのおはなし」「クリスマスってなあに」など、シンプルなものが多い。

キリスト教徒ではないけれど、絵本でクリスマスの由来に思いをはせるのは素敵な時間

ももちん

今回は、大人がゆっくり読んで味わえるような絵本を紹介するよ。

どんな内容?

クリスマスの由来の絵本は、大きくは「キリストの誕生」というテーマ。

だいたいの内容はこんな感じ。

だいたいの内容

マリアと夫のヨセフが旅をし、マリアはベツレヘムの馬小屋で赤ちゃん(イエス・キリスト)を生む

赤ちゃんは飼い葉おけに寝かせられ、夜空にはひときわ輝く星。

別の場所にいた羊飼いたちは天使のお告げをきき、ベツレヘムへ向かい、赤ちゃんを見つける

遠い東の国の三人の賢者は夜空に輝く星に導かれ、いく日も旅をする

ベツレヘムの馬小屋でようやく赤ちゃんを見つけ、贈り物をささげる

赤ちゃんの命をねらうヘロデ王のことが描かれている絵本もあります。

絵本によって、一場面を切りとったり、動物や天使の視点からだったり、描き方はさまざま。

文章も、童話風だったり、詩みたいだったり、それぞれの作風で語られている。

 

 

注意ポイント

紹介する絵本のなかには、現在在庫なし・重版未定の作品も含まれます。

気になる絵本がありましたら、図書館や中古書店なども参考にしてみてください。

1.定番のお話が知れる絵本

まずは、基本の「キリスト誕生のお話」が描かれている絵本を紹介するよ。

クリスマスの由来をきちんと知りたいなら、手にとってみてね。

紹介する絵本

基本のお話がわかる5冊

やさしいお話の3冊

『クリスマスのものがたり』フェリクス・ホフマン/作

『クリスマスのものがたり』フェリクス・ホフマン作、しょうのこうきち訳、福音館書店、1975年

絵本『クリスマスのものがたり』(原題””THE NATIVITY BOOK)は、スイスの画家フェリクス・ホフマンの絵と文で、1975年、福音館書店より刊行された。

グリム童話の挿絵も多く手がけたフェリクス・ホフマンの最後の絵本。

絵は素朴で美しく、人間を正面から等身大で描いているのが印象的。

ドイツの児童文学の翻訳を多く手がけた生野幸吉の訳文は、丁寧な日本語で、かざらない語り口

キリスト誕生の基本の物語が、絵本として読める文の量で的確にまとめられている良書

ももちん

クリスマスの起源について知らない人が、初めに読むといい定番絵本。

 

『ほしのひかったそのばんに』『へいしのなみだ』『ベツレヘムへの道』

左『ほしのひかったそのばんに』わだよしおみ文、つかさおさむ絵、1966年
中央『へいしのなみだ』さとうひでかず・しなこ文、つかさおさむ絵、1967年
右『ベツレヘムへの道』いっしきよしこ文、さのようこ絵、1975年
いずれもこぐま社

絵本『ほしのひかったそのばんに』『へいしのなみだ』『ベツレヘムへの道』は、1966から1975年にかけて、クリスマス絵本三部作としてこぐま社より刊行された。

『ほしのひかったそのばんに』は、キリスト誕生の物語

『へいしのなみだ』は、ヘロデ王の幼児虐殺の中でのイエス・キリストの子ども時代の物語。

この2冊の絵は司修が手がけているが、それぞれタッチが全然違うのがおもしろい。

ももちん

細い線でやさしく描かれる『ほしのひかったそのばんに』。

太い筆のように劇画チックに描かれる『へいしのなみだ』。

『ベツレヘムへの道』は、三人の賢者が旅の途中で出会う、貧しい親子の物語。

『100万回生きたねこ』でしられる佐野洋子が絵を手がけた

三冊とも、ひらがなとカタカナのみで書かれている

ももちん

三部作だけど、それぞれお話が完結しているので1冊だけ読んでもいい。

キリスト誕生の物語は『ほしのひかったそのばんに』で描かれている

参考:『へいしのなみだ』さとうひでかず・しなこ文、つかさおさむ絵、こぐま社、1967年

佐野洋子の絵本

絵本『100万回生きたねこ』感想。誰もが涙する。後世に残る名作!

『100万回生きたねこ』佐野洋子(作・絵)1977年、講談社 『100万回生きたねこ』は、誰でも一度は読んだことがあると言えるほど、ロングセラー絵本。 ももちんは大人になってから読んだけど、本当に本当 ...

続きを見る

 

『クリスマスものがたり』パメラ・ドルトン/作

『クリスマスものがたり』パメラ・ドルトン絵、藤本朝巳文、リトルベル、2012年

絵本『クリスマスものがたり』(原題”THE STORY OF CHRISTMAS”)は、パメラ・ドルトン作で2011年発表された。

日本では、藤本朝巳訳で、リトルベル(日本キリスト教団出版局)より2012年に刊行された。

まず目がいくのは、黒の背景のパメラ・ドルトンの精密な絵

木や花の鮮やかさと細やかさが際立つ。

まるでタロットカードのような古代感、人も動物もぴたっと静止している絵が印象的。

ももちん

後で知ったけど、切り絵なんだね。

びっくり。

英米の児童書の翻訳を多く手がける藤本朝巳の丁寧な文で、キリスト誕生のベーシックなお話が語られている。

 

『クリスマスのおはなし』ジェーン・レイ/作

『クリスマスのおはなし』ジェーン・レイ作、奥泉光訳、徳間書店、1994年

絵本『クリスマスのおはなし』(原題”THE STORY OF CHRISTMAS”)は、イギリスの画家ジェーン・レイ作で、1991年に発表された。

日本では、芥川賞作家奥泉光の翻訳で1994年、徳間書店より刊行された。

多くの絵本の挿絵を手がけるジェーン・レイの絵は、オリエンタルで美しい

定番のお話が短文の中に美しい日本語でもりこまれている

 

『クリスマス』ヤン・ピエンコフスキー/作

『クリスマス』ヤン・ピエンコフスキー絵、木原悦子文、リトルベル、2016年

絵本『クリスマス』(原題”The First Christmas”)は、ヤン・ピエンコフスキー絵で、1984年に発表された。

日本では、木原悦子訳でリトルベル(日本キリスト教団出版局)より2016年に刊行された。

美しいシルエットで表現されている絵がすばらしい。

お話はベーシックで、字は大きいが「御心」「駆ける」など、難しい漢字が多い(ふりがなあり)

ヘロデがわかりやすく「悪」として描かれていて、おとぎ話を読んでいる感覚になる。

 

ももちん

ここから紹介する絵本(※)は、ヘロデ王のことは書かれていない。

純粋にキリスト誕生の喜びを描いた絵本

※バーバラ・クーニー作『クリスマス』以外のすべての絵本。

『くりすますのおはなし』柿本幸造/絵 谷真介/文

『くりすますのおはなし』谷真介文、柿本幸造絵、女子パウロ会、1990年

絵本『くりすますのおはなし』は、谷真介の文と柿本幸造の絵で、1990年、女子パウロ会より刊行された。

児童文学作家として活躍する谷真介の文はやさしくすんなり入ってくる。

全文がひらがなとカタカナのみ

『どんくまさん』『どうぞのいす』で知られる柿本幸造の絵は、ほんわかしていて、絵を見ているだけでほっこりする。

広く幻想的な空の情景に、吸いこまれそうになる。

柿本幸造のクリスマス絵本

サンタおじさんのいねむり感想。どうぞのいす画家のクリスマス絵本!

『サンタおじさんのいねむり』ルイーズ・ファチオ作、前田三恵子訳、柿本幸造絵、1969年、偕成社 『サンタおじさんのいねむり』は、『どうぞのいす』で有名な柿本幸造が絵を描いた、クリスマスの絵本。 かわい ...

続きを見る

 

ももちん

次の2冊は、羊飼いと賢者の視点で描かれている絵本。

『クリスマスってなあに』ディック・ブルーナ/作

『愛蔵版 クリスマスって なあに』ディック・ブルーナ作、ふなざきやすこ訳、講談社、2013年

絵本『クリスマスってなあに』(原題”KERSTMIS”)は、オランダの絵本作家ディック・ブルーナの絵と文で、1963年に発表された。

日本では1982年、講談社より刊行。

2013年原書の刊行から50周年を記念し、白と金を基調とした装丁の愛蔵版が刊行された。中身は同じ。

全文がひらがなとカタカナで子ども向けで、羊飼いと賢者たちのベツレヘムへの旅のお話。

ミッフィーシリーズで有名すぎるディック・ブルーナの絵の世界。

ももちん

シンプルに、ブルーナの絵が好きなら読むべき1冊。

 

『クリスマスのほし』マーカス・フィスター/作 俵万智/訳

『クリスマスのほし』マーカス・フィスター作、俵万智訳、講談社、1997年

絵本『クリスマスのほし』(原題”Der Weihnachtsstern”)は、スイスの絵本作家マーカス・フィスター作で1993年に発表された。

日本では、俵万智訳で1997年、講談社より刊行された。

絵本『にじいろのさかな』で知られるマーカス・フィスターの絵は、風景や空がやさしく幻想的。

絵の中で、星やお城の屋根など、ところどころきらきら光る素材で描かれていて、印象的。

歌人で絵本の翻訳も手がける俵万智の訳文は、全文がひらがなとカタカナのみ

やさしい絵の世界にぴったりくるやさしい日本語で、羊飼いと賢者たちの旅が語られている。

 

基本のお話絵本ポイント

  • キリスト誕生のお話がきちんとわかる
  • クリスマスの起源を知らない人が初めて読む絵本
  • いろんな人が登場してややこしいかも

 

スポンサーリンク

2.詩のように味わう絵本

次に紹介するのは、絵がメインで、詩のようにシンプルな文が添えられている絵本。

キリスト誕生のおはなしを知ったうえで読むと、味わいが深まる。

詳しいお話は知らなくていいので、キリスト誕生を絵や雰囲気で味わいたいときもおすすめ。

紹介する絵本

 

『くりすます』かすや昌宏/絵 佐久間彪/文

『くりすます』佐久間彪(たけし)文、かすや昌宏絵、至光社、1973年

絵本『くりすます』は、絵本作家のかすや昌宏の絵に神父の佐久間彪が文をつけ、1973年に至光社より刊行された。

はじめに目を引くのは、淡い色合いの幻想的な絵

暗やみの中に光が浮かんでいる情景が心にやさしく広がる。

神父の佐久間彪による文は、絵にそえる程度の詩のような味わいのすべてひらがなの文

ページごとに参照する聖書のページの記載もあり、照らし合わせて読むことができる。

絵を見ているだけで心があたたかくなる1冊。

 

『うまやのクリスマス』マーガレットワイズブラウン/文 バーバラ・クーニー/絵

『うまやのクリスマス』マーガレット・ワイズ・ブラウン文、バーバラ・クーニー絵、まついるりこ訳、童話館出版、2003年

絵本『うまやのクリスマス』(原題”Christmas in the Barn”)は、アメリカの絵本作家コンビ、マーガレット・ワイズ・ブラウン文とバーバラ・クーニー絵で、1952年に発表された。

日本では、まついるりこ訳で、2003年童話館出版より刊行。

マーガレット・ワイズ・ブラウン文とバーバラ・クーニー絵のコンビ作の絵本は、ほかにも『ちいさなもみのき』や『どこへいってた?』が有名。

はっきりとした線のなかにあたたかみを感じる独特のクーニー絵と、極力ことばをおさえた詩のような文がとてもいい。

読んでいると、静かでおごそかな気持ちになる。

マーガレット・ワイズ・ブラウンのクリスマス絵本

絵本『クリスマス・イブ』感想。マーガレットワイズブラウンの遺作。

『クリスマス・イブ』マーガレット・ワイズ・ブラウン文、ベニ・モントレソール絵、矢川澄子訳、ほるぷ出版、1976年 『クリスマス・イブ』はアメリカの有名な絵本作家マーガレット・ワイズ・ブラウンの絵本。 ...

続きを見る

 

詩のような絵本ポイント

  • キリスト誕生の神聖さを絵や雰囲気で味わえる
  • 基本のお話はこれだけではわからない

 

3.ちょっと違う切り口からの絵本

ここから紹介するのは、キリストの誕生を独自の切り口で描いた絵本。

キリスト誕生の定番のお話を知ったうえで読んでみると、それぞれの個性がわかっておもしろい。

紹介する絵本

 

『ちいさなてんしのおくりもの―クリスマスのものがたり』アリスン・マギー/文 ピーター・レイノルズ/絵

『ちいさなてんしのおくりもの―クリスマスのものがたり』アリスン・マギー文、ピーター・レイノルズ絵、堀口順子訳、ドン・ボスコ社、2015年

絵本『ちいさなてんしのおくりもの―クリスマスのものがたり』(原題”Star Bright: a Christmas story”)は、アメリカの絵本作家アリスン・マギー文、ピーター・レイノルズの絵で、2014年に発表された。

日本では、堀口順子訳で、2015年ドン・ボスコ社より刊行された。

アリスン・マギーとピーター・レイノルズのコンビは、絵本『ちいさなあなたへ』が有名。

お話は「アステル」という小さな天使の視点で描かれ、アステルが三人の賢者の道しるべの星となる。

アステルのいる天の世界はどこか宇宙的で近未来的

それとは対象的に地上の世界は古風に描かれているのが印象的。

 

『聖なる夜』セルマ・ラーゲルレーヴ/文 イロン・ヴィークランド/絵

『聖なる夜』セルマ・ラーゲルレーヴ文、イロン・ヴィークランド絵、うらたあつこ訳、ラトルズ、2007年

絵本『聖なる夜』(原題”DEN HELIGA NATTEN”)は、スウェーデンのノーベル賞作家セルマ・ラーゲルレーヴの文に、エストニア生まれの画家イロン・ヴィークランドが絵を描き、2003年に刊行された。

日本では、うらたあつこの訳で、2007年ラトルズより刊行された。

物語は、語り手である「わたし」のおばあちゃんが死んでしまったところから始まる

「わたし」が子どもの頃、おばあちゃんが聞かせてくれたお話として、「キリスト誕生」の物語が描かれるという、入れ子構造。

初め人に冷たかった羊飼いが、赤ちゃんのキリストを目の当たりにし、自分の内に優しさを見つけるまでの物語。

絵本にしては文字が多い

リンドグレーン「ロッタちゃん」シリーズで知られるヴィークランドの絵は幻想的で細やか

暗闇にたくさんの天使が浮かぶ情景は美しい。

ヴィークランド紹介

長くつ下のピッピ展感想。物語を知らない人も世界観に魅せられる!

東京富士美術館で開催中の「長くつ下のピッピの世界展」に行ってきた。 ももちんはピッピを読んだことがないけど、展示がとてもおもしろかったので、紹介するよ。 こんな方におすすめ 長くつ下のピッピの世界展の ...

続きを見る

 

『馬小屋のクリスマス』リンドグレーン/文 ラーシュ・クリンティング/絵

『馬小屋のクリスマス』アストリッド・リンドグレーン文、ラーシュ・クリンティング絵、うらたあつこ訳、ラトルズ、2006年

絵本『馬小屋のクリスマス』(原題”JUL I STALLET”)は、スウェーデンの児童文学作家リンドグレーンが1961年に発表した文に、スウェーデンの画家ラーシュ・クリンティングが絵を描き、2001年に刊行された。

日本では、うらたあつこの訳で、2006年ラトルズより刊行された。

物語は、母親が子どもに話して聞かせる「最初のクリスマスのお話」

子どもが想像した場面として描かれている絵は、王様や天使などは登場せず、すぐ近くの馬小屋で起こりそうな雰囲気

登場人物も現代の農夫のような服装をしていて、「こんな視点で描いたキリスト誕生があったのか!」とびっくり。

馬小屋の動物視点で書かれた文も新鮮。

字は少なめでシンプル。

リンドグレーン紹介

長くつ下のピッピ展感想。物語を知らない人も世界観に魅せられる!

東京富士美術館で開催中の「長くつ下のピッピの世界展」に行ってきた。 ももちんはピッピを読んだことがないけど、展示がとてもおもしろかったので、紹介するよ。 こんな方におすすめ 長くつ下のピッピの世界展の ...

続きを見る

 

『クリスマスものがたり』ブライアン・ワイルドスミス/作

『クリスマスものがたり』ブライアン・ワイルドスミス作、曽野綾子訳、太平社、1990年

絵本『クリスマスものがたり』(原題”A CHRISTMAS STORY”)は、イギリスの絵本作家ブライアン・ワイルドスミス作で、1989年に発表された。

日本では、曽野綾子の訳で、1990年太平社より刊行された。

目を引くのは、やわらかくあたたかみのある絵

シャガールっぽい幻想的な雰囲気。

物語は、文字は少なめで漢字にはふりがなはない

赤ちゃんロバとレベッカが、ヨセフとマリア、母親のロバを探す旅をするお話。

キリスト誕生の経緯や詳細は描かれていないので、宗教としてではなく、純粋に絵本として味わいたい。

ももちん

上の画像は表紙の一部の画像。

全体の表紙や中身の一部の画像は、太平社公式サイトをチェック!

『クリスマスものがたり』詳細(太平社公式サイトへ)

 

違った視点の絵本ポイント

  • いろんな角度からキリスト誕生を知れる
  • 基本のお話はこれだけではわからない

 

4.クリスマス全般についての絵本

つづいて紹介するのは、クリスマスにまつわる慣習や食べ物など、いろんな角度からクリスマスを知ることができる絵本

もちろんクリスマスの起源である「キリストの誕生」についても語られている。

紹介する絵本

 

『クリスマスってなあに?』ジョーン・G・ロビンソン/作

『クリスマスってなあに?』ジョーン・G・ロビンソン作、こみやゆう訳、岩波書店、2012年

絵本『クリスマスってなあに?』(原題”MY BOOK ABOT CHRISTMAS”)は、イギリスの作家ジョーン・G・ロビンソン作で1946年に発表された。

日本では2012年、こみやゆう訳で岩波書店より刊行された。

たくさんのかわいい子どもたちの絵が印象的。

内容は物語ではなく、子どもたちにクリスマスについて教える語りかけ口調

キリスト誕生の物語の他、クリスマスプディングやサンタクロースのこと、クリスマスが終わったあとの過ごし方まで書いている。

読んでいてとても楽しくなる1冊。

絵本の感想

絵本『クリスマスってなあに?』感想。三色刷りのイラストがかわいい

ロビンソン『クリスマスってなあに?』こみやゆう訳、岩波書店、2012年 絵本『クリスマスってなあに?』は、『思い出のマーニー』の作者、ジョーン・ロビンソン作の絵本。 三色刷りのイラストがめっちゃ可愛い ...

続きを見る

 

『クリスマス』バーバラ・クーニー/作

『クリスマス』バーバラ・クーニー作、安藤紀子訳、ロクリン社、2015年

絵本『クリスマス』(原題””CHRISTMAS)は、アメリカの絵本作家バーバラ・クーニー作で、1967年に発表された。

日本では2015年、安藤紀子役でロクリン社より刊行された。

キリスト誕生からクリスマスとしてお祝いされるようになるまでの歴史が詳しく語られている。

各国のクリスマスのお祝いの起源や慣習も説明していておもしろい。

文字や漢字が多く、クリスマスについて知るための絵本

物語のおもしろみを感じるものではない。

 

クリスマス全般の絵本ポイント

  • クリスマスの起源だけでなく、クリスマスの他のことも知れる
  • 文字が多く、楽しむというより「理解を深める」感覚

 

まとめ

クリスマスの起源についての絵本まとめ。

定番のお話

基本のお話がわかる5冊

やさしいお話の3冊

詩のような感覚

ちょっと違った視点

クリスマス全般

絵はもちろん、お話の切り口もさまざま。

自分に一番しっくりくる絵本を見つけてみてね。

 

大人が楽しめるクリスマス絵本特集はこちらから。

 

スポンサーリンク

Kindleまとめ

そもそも電子書籍って何?っていうところから、Kindleアプリの操作、Kindle Unlimitedまで、Kindleの記事をまとめたよ。

関連記事と広告

-クリスマスの絵本, まとめ記事(絵本)
-

Copyright© ももちんの書評情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.