Kindle Unlimited感想。紙書籍派も使える読み放題サービス【9ヶ月で34冊】

投稿日:2018年12月12日 更新日:


Amazonが提供する電子書籍定額読み放題サービス、Kindle Unlimited。

ふだんは紙の本しか読まないので、ひやかしで無料体験だけしてみたら、意外と読んでた。。

 

この記事で分かること。

ふだんは紙書籍派のももちんが、Kindle Unlimitedをか月利用して借りた本は、トータルで34冊。(スマホのみ)

実際に使ってみて感じたメリット、デメリット、おすすめの使い方をお届けするよ。

※2019年6月、加筆・修正しました。

 

ポイント

8月2日〜終了日未定で、「Kindle Unlimited 3ヶ月299円」キャンペーン開催中!

通常1ヶ月980円のKindle Unlimitedが、3ヶ月299円(1ヶ月あたり99円)で利用できるチャンス!

対象者は「過去にKindle本(有料)を購入したことがない人」

対象の人がKindle Unlimitedのページへ行くと、「3ヶ月299円キャンペーン」が表示されます。

2019/9/20現在、終了日未定(終了の2週間前までにKindle Unlimitedページでお知らせ

キャンペーンに申し込むと、30日間無料体験はできなくなります

キャンペーン対象外の人には表示されません

 

Kindle Unlimitedページ

 

こんな方におすすめ

  • 電子書籍の読み放題プランに興味があるが、どのサイトに登録すればからいいかがわからない
  • Kindle Unlimitedが気になっている。その特徴とメリットデメリットを知りたい

1.Kindle Unlimitedとは

ももちん
そもそも、Kindle Unlimitedってなんのこと?
Kindle Unlimitedは、Amazonが提供する電子書籍の読み放題サービスです。

登録すると、月額980円で12万冊以上(和書)の本が常時読み放題で楽しめます。

かしこい人
ももちん
えぇ!そんなに読めるんだ。

じゃあ、紙の本わざわざ図書館で借りて読まなくてもいいのかな?

それならだいぶ助かるんだけど。

読み放題とはいっても、すべてのKindle本が対象というわけではありません。

また、読み放題対象の本もころころ変わりますので、Kindle Unlimitedで全部すますことは難しいかと。

かしこい人
ももちん
そうなんだね。

いま気づいたけど、そもそも、紙の本の方がすきだからなあ。好きな本も決まってるし。

毎月980円分も電子書籍読むかしら。

意外と使えるかも知れませんよ?

まずは30日間の無料体験を試してみたらいかがですか?

無料体験中に解約すれば0円ですし。

かしこい人
ももちん
そっかー、やってみるか。
無料体験してみたら、ぜひ感想を教えてくださいね。

体験を踏まえて、Kindle Unlimitedのメリット・デメリットや、紙書籍派の活用法についてまとめていきましょう。

かしこい人
ももちん
りょーかい。

 

Kindle Unlimitedをチェック(Amazon公式サイトへ)

 

Kindle Unlimitedのメリット・デメリット

Kindle Unlimited読み放題サービスのメリット・デメリットをまとめると、次のような感じ。

 

Kindle Unlimitedのメリット

  1. 30日間無料体験ができる
  2. 無料体験期間中の退会の処理が簡単(初めに済ませることをおすすめ)
  3. ジャンルが幅広い
  4. 月2冊で元が取れる
  5. 好きな時に好きな本を読め、場所をとらない
  6. 蔵書12万冊以上の図書館を、月額980円で利用し放題(借りられるのは常時10冊まで)、という感覚。

 

Kindle Unlimitedのデメリット

  1. 他の電子書籍ストアの読み放題より高い
  2. 一度に借りられるのは10冊まで。11冊目以降よむときは、ライブラリにある本を返却すれば新しく読める。
  3. 読める本のラインナップが変わる
  4. 読みたい本、売れている本をKindle Unlimitedから探しても見つからないことが多い
  5. 解約するとダウンロード分の本も利用終了となる
  6. 無料体験期間中に退会処理をし忘れると、自動継続(課金)される

 

こんな人におすすめ

  • 月2冊以上本や雑誌を読む
  • 漫画・雑誌だけでなく、小説・実用書などの文字ものも広く浅く読む
  • 本は1度読めば満足する

 

こんな人にはおすすめしない

  • 読みたい本がピンポイントで決まっていて、その本以外は特に読みたくない人
  • 漫画や雑誌だけ読みたい人(他の定額読み放題の方が安いのでおすすめ)
  • そもそもふだん本を読む習慣がない
  • 元をとらなければ損!と思う人

 

ももちん
無料体験はどんな人にもおすすめ!

実際に使ってみて、自分にあっているかどうか感じてみてね。

 

月額980円は高い?安い?

Kindle Unlimitedは、月額980円(税込)の電子書籍読み放題サービス。

他社と比べてもちょっとお高めなんだよね。

他の電子書籍読み放題サービスは、次のような感じ。

サービス名価格対象書籍
ブックパス月額562円(税抜)マンガ、雑誌、小説、実用書
ブック放題月額500円(税抜)雑誌、マンガ
楽天マガジン月額380円(税抜)雑誌
dマガジン月額400円(税抜)雑誌
マガジン☆WALKER月額500円(税抜)雑誌
Fujisan.ne.jp無料雑誌
U-NEXT月額1990円(税抜)動画、雑誌
フジテレビオンデマンド月額888円(税抜)動画・雑誌・マンガ

こうやってみると、マンガや雑誌の読み放題は安いプランがあるけど、小説や実用書が対象の読み放題って少ない。

Kindle Unlimitedはジャンルも幅広く、対象本も数が一番多いのが特徴。

他より少し高いけど、ももちんの読書スタイルに一番合っていると思った。

ももちん
ふだんの読書はコミックや雑誌が多いなら、他の読み放題サービスがおすすめ!

 

Prime Readingとの比較

Amazonが提供している電子書籍読み放題サービスは他にもう一つある。

それが、「Prime Reading」。

「Prime Reading」は、Amazon プライム会員だけが利用できる、Kindle本読み放題サービス。

Amazonプライム会員になると、月額500円(税込)で以下の特典が利用できる。

ただし、Prime Readingの読み放題対象作品数は、2018年9月24日現在で948作品と、Kindle Unlimitedの12万冊以上(和書のみ)とは比べ物にならないほど少ない。

あくまでプライム会員が追加料金なしで利用できる「おまけ」みたいな感じ。

本格的に読書の読み放題を楽しみたいなら、Kindle Unlimitedを別に登録しよう。

ももちん
「ふだんは動画中心。読書はひやかし程度に見れたらいい」くらいなら、Amazonプライムの方が使えるね。

 

Amazonプライムをチェック(Amazon公式サイトへ)

 

2.Kindle Unlimitedに登録したきっかけ

ももちんが初めにKindle Unlimitedを使ってみようと思ったきっかけは、30日無料体験ができるから。

無料期間中の退会も簡単。

ももちん
無料期間が終わると自動更新されちゃう。

うっかり自動更新にならないように、無料体験登録と解約は同時にすませることをおすすめするよ。

 

無料体験の始め方

【画像解説】Amazon Kindle Unlimited登録方法。簡単に無料体験!

Amazonの電子書籍読み放題サービスKindle Unlimited。 まずは使ってみて、続けるかどうかを決めたい。そんな人もいるんじゃないかな? 今回は、Kindle Unlimitedの無料体験 ...

続きを見る

解約方法

【画像解説】Kindle Unlimited解約方法。無料体験だけしたい人必見

Amazonの電子書籍読み放題サービスKindle Unlimited。 無料体験だけできればいい!自動更新される前に、解約しておきたい! そんな人もいるんじゃないかな? 今回は、Kindle Unl ...

続きを見る

 

Kindle Unlimited無料体験をチェックする

 

3.実際に使ってみた感想

無料体験、いかがでしたか?
かしこい人
ももちん
んー、だらだら使ってたら、無料体験中に13冊読んでたよ。
13冊ですか、意外と読んでましたね。
かしこい人
ももちん
紙の本で事足りるけど、電子書籍の読み放題も、あればあったで使えるね。

もうちょっと使ってみるよー。

 

さらに数ヶ月後。

ももちん
そろそろ9ヶ月たったけど、最近、ほとんど電子書籍読んでないなあ。。
そうですか?

トータルでどのくらい読みました?

かしこい人
ももちん
えーと、トータルで数えてみたら、34冊だった。

スマホだけで読んでたよ。

9ヶ月で34冊だと、月平均4冊弱ですね。

一応、元は取れてるみたいですよ?

かしこい人
ももちん
え、そうなんだ・・・。

こんなにだらだらな感じでも、意外と使ってるんだなあ。

ももちんさんのように紙の本がメインの人でも、Kindle Unlimitedは意外と使えるんですね。
かしこい人

 

ももちんのKindle Unlimitedで借りた本の冊数は次の通り。

  • 1ヶ月目(無料体験):13冊
  • 2ヶ月目:3冊
  • 3ヶ月目:9冊
  • 4ヶ月目:5冊
  • 5ヶ月目:1冊
  • 6ヶ月目:2冊
  • 7ヶ月目:0冊
  • 8ヶ月目:0冊
  • 9ヶ月目:1冊

合計:34冊

ももちん
前半は、マンガや書評の対象本など、けっこう読んでたなあ。

後半はもっぱら紙の本のお世話になっておりました。。。

 

Kindle Unlimitedのメリット

Kindle Unlimitedの実感としては、紙書籍派のももちんは9ヶ月で34冊という微妙な数字。

だけど、次のようなKindle Unlimitedのメリットを感じているので、もうしばらく続けて使っていくつもり。

  • なんだかんだで元がとれる
  • 「借りておいていつでも読める」という安心感
  • ジャンルが幅広い
  • 「おすすめ」のラインナップがいい
  • 買わないので気が楽

 

なんだかんだで元がとれる

始めて4ヶ月は、書評記事の対象本が読み放題だったこともあって、フル活用。

それからは、書評の参考図書としてちらほら借りている感じ。

仮に、いままで借りた34冊を1冊ずつKindleで購入したら、トータルで約18,000円!

実際に支払った金額は、無料体験30日+8ヶ月課金=7,840円なので、10,000円以上お得。

ももちん
ま、単品だったら間違いなく買わない本も、たくさん含まれていますけどね。。

そんなに力入れなくても、Amazonで本探してるだけで読みたい本が見つかるし、月平均すれば月額980円分は余裕で読んでいる。

 

「いつでも利用できる」という安心感

ももちんは、Kindle Unlimitedを「蔵書12万冊の会員制図書館」のようなものと思っているんだよね。

月額980円はその利用権。

日常生活でも、ジムとかスーパーとか、会員制だと「いつでも利用できる」という安心感がある。

だから、たとえ1冊も借りない月があっても、安心感を買ってる面もあるので、別にいい。

もちろん、たくさん読めたら、それに越したことはないけどね。

ももちん
1ヶ月で1冊も読まない月もあれば、10冊近く読む月もある。

読まない月でも、「借りておいていつでも読める」という安心感は大きい。

 

ジャンルが幅広い

Kindle Unlimitedは、他の読み放題サービスと比べても読める本のジャンルが幅広い、というのが特徴。

小説や児童書、精神世界本などの文字ものが読み放題対象のサービスって、他にあまりないんだよね。

ももちんは、Kindle Unlimitedの幅広いジャンルを、次のように利用していた。

  • ひとつの作品をいろんな翻訳者で読む
  • ひとつの作品のコミック化されたものを読む
  • 精神世界本の愛読書(紙の本でも持ってる)が対象本だったので、借りっぱなし
  • ちょっとノウハウが知りたい「確定申告」などの本を借りる

 

ちなみに、Kindle Unlimitedが強いジャンル、弱いジャンルは次の通り。

強いジャンル

  • 実用書、ノウハウ本
  • 自己啓発本・スピリチュアル本
  • 古典小説(光文社古典新訳文庫で読める)
  • 児童書・絵本(少ないが他の読み放題・無料では読めない)
  • 定番ベストセラー(少ないが他の読み放題・無料では読めない)

 

弱いジャンル

  • コミック(あるけど他の読み放題のほうが安い)
  • 雑誌(あるけど他の読み放題のほうが安い)
  • 最新のベストセラー(単品購入が多い)
  • 著作権の切れた古典文学(Kindle無料本の青空文庫で読める)

 

Kindle Unlimited登録前に読み放題の本のラインナップを知る手順は、こちらの記事をどうぞ。

読み放題のラインナップを知る

Kindle Unlimited対象本の効率的な探し方。Amazonサイトで簡単!

Amazonが提供する電子書籍定額読み放題サービス、Kindle Unlimited。 無料体験始めてみたけど、読みたい本をなかなか見つけられないっていうことない? この記事では、Amazon Kin ...

続きを見る

 

「おすすめ」のラインナップがいい

スマホでKindle Unlimited対象書籍をさがすとき、アプリストアをよく使ってた。

アプリストアには、次のような特徴があるんだよね。

  • 書名検索が簡単
  • ジャンル別おすすめが表示される

初めは、この「おすすめ」がうざいな。読みたい本だけ探せたらいいやって思ってた。

だけど、使っていくうちに、この「おすすめ書籍」のラインナップが、どんどん読みたい本に変わっていったんだよね。

アプリストアの「おすすめ商品」は、購入履歴や閲覧履歴にもとづいて、どんどん変わっていく。

だから、長く利用すればするほど、自分の趣味に合った本がどんどんおすすめされるようになっていくよ。

 

買わないので気が楽

Kindle Unlimitedは、一度にダウンロードできるのは10冊まで。

それ以上読みたいときは、その分返却しなくちゃいけないんだよね。

図書館みたいな感じ。

これ、借りるだけで買わなくていい(ライブラリにたまっていかない)ので、かなり気が楽。

気になるページだけ読んで返却したり、ダウンロードしてみて失敗だったと思っても、別に痛くない。

気軽にたくさんの本をダウンロードできるのがいい。

 

Kindle Unlimitedのデメリット

ももちんが実際に使って感じたKindle Unlimitedのデメリットや注意点は次の通り。

  • 読みたい本が読み放題対象じゃない
  • 読み放題対象の本がころころ変わる
  • 解約するとダウンロードしている本が読めなくなる
  • Kindle Unlimitedで全部すまそうとしてストレス

 

読みたい本が読み放題対象じゃない

ももちんは、読みたい本が題名レベルで決まっていて、読み放題対象になっているかどうか探すパターンが多かったんだよね。

その結果、Kindle Unlimited対象書籍の中に求めている本があることは、めったになかった。

Kindle Unlimitedは、読みたい本がピンポイントで決まっていたり、その本以外は特に読みたくないなら、おすすめしない。

その場合は、Kindle Unlimitedではなく、個別で購入した方が損せずに済む。

逆に言うと、「国名」とか「確定申告」とか、テーマがなんとなく決まっていて、関連本を探してみるにはおすすめ

ももちん
読みたい本が決まっていても、その本が読み放題対象本である可能性は低い

だけど、ジャンルが幅広いので、ざっくりテーマなら関連本が見つかりやすい

 

読み放題対象の本がころころ変わる

ももちんがとまどったのは、Kindle Unlimitedでは、読み放題対象の本がころころ変わるんだよね。

ちょっと前に、単品で購入したKindle本が、いつのまにか読み放題対象になって悔しい思いをしたよ。

逆に、読み放題で借りている本が、あとで読み放題対象から外れて、読み終わるまで返せない本もある。

 

解約するとダウンロードしている本が読めなくなる

Kindle Unlimitedは解約すると、それまでダウンロードしていた読み放題対象書籍が読めなくなる。

ももちんは、後から読みたいとおもって先にダウンロードしておく本も結構あるので、解約後その本が読めなくなるのが痛い。

だから続けている、というのも正直ある。

 

Kindle Unlimitedで全部すまそうとしてストレス

Kindle Unlimitedに登録すると、せっかく読み放題だからと、無駄に「読もう」とする意識が働く。

結果、そんなに興味ない本をダウンロードしてしまったり、さらっと読んで読んだ気になっていたり、ということがあった。

もともと1冊を繰り返し読むタイプなので、変に読書スタイルが変わってしまうことにストレスを感じた。

ももちん
元をとろうという気持ちが強いと苦しくなってくる。

自分のペースでゆるーく読んでても、わりと読めるよ。

 

4.Kindle Unlimitedおすすめの使い方

ももちんがKindle Unlimitedを9か月使って感じた、おすすめの使い方を書いていく。

 

図書館感覚

Kindle Unlimitedは、電子書籍を「購入する」というより、「借りる」という感覚に近い。

蔵書12万冊以上の図書館を、月額980円で利用し放題(借りられるのは常時10冊まで)、という感じ。

蔵書の中にお目当ての本があるかどうかはわからない。

また、本を読むことはできても自分の物にはならないんだよね。

その一方で、蔵書の中の本だったら好きに読んでいいし、無期限で読める。

いろんな本に触れる機会が広がるので、自分の世界も広がる。

 

一時的に、一部分だけ読みたいとき

Kindle Unlimitedは、いろんなジャンルの本を読みたい!1回だけ目を通したら満足する!という人にぴったりのサービス。

ももちんも、愛読書にはならなそうだけど、書評の参考書籍として、一部分だけみておきたい本が結構ある。

そういうとき、Kindle Unlimitedはめっちゃ重宝する。

 

他電子書籍、紙書籍との併用が必須!

Kindle Unlimitedを9か月使ってみて思ったのは、Kindle Unlimitedだけでは読書生活はストレスだな、ということ。

ももちんの場合、紙書籍でしか刊行されていない児童書や絵本をよく読む。

紙書籍が必須のももちんは、あくまでリアル図書館通いや紙書籍の購入がメインの読書。

その補足として、参考資料でKindle Unlimitedを利用する、というのがぴったりくる。

その点、紙書籍派の人でもKindle Unlimitedは使える要素が多いと思った。

ももちん
ももちんは、月1〜2回は図書館で紙の本チェック。

Kindle unlimitedでは月平均3〜4冊借りてるよ。

 

5.Kindle Unlimitedで読めるおすすめ本

ここからは、ももちんが実際に借りて読んだ本の中で、おすすめ本・シリーズを紹介するよ。

※2019年6月11日時点で読み放題対象。今後変わる可能性もあります。

 

光文社古典新訳文庫

光文社古典新訳文庫は、文学作品から哲学書まで、古典と呼ばれる作品を現代の読者にも読みやすい日本語で新訳するのがコンセプトの文庫シリーズ。

2008年にはドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』(亀山郁夫訳)の売上が全5巻合わせて100万部を突破した。

Kindle Unlimitedでは、光文社古典新訳文庫の多くの作品が読み放題。

ももちんは、『フランケンシュタイン』(シェリー作)『クリスマス・キャロル』(ディケンズ作)などの名作を古典新訳文庫で読めてうれしかった。

これだけでも、Kindle Unlimitedに登録する価値はめっちゃある。

参考:Wikipedia

ももちん
もちろん『カラマーゾフの兄弟』も読み放題対象だよ。

『フランケンシュタイン』感想

『フランケンシュタイン』感想。早熟の天才メアリーシェリーの怪奇小説

シェリー 小林章夫:訳『フランケンシュタイン』/光文社古典新訳文庫 小説『フランケンシュタイン』はイギリスの女流作家メアリー・シェリーが10代で書いた名作。 怖いイメージしかなかったけど、小説を読んで ...

続きを見る

光文社古典新訳文庫をAmazonでチェック!

 

まんがで読破シリーズ

イーストプレスの「まんがで読破」シリーズは、日本や世界の名作を親しみやすいまんがで仕立て、人気を得ている。

はじめに「主な登場人物」を掲載することで、より分かりやすくなっている。

Kindle Unlimitedでは、「まんがで読破」シリーズの一部の作品が読み放題。

ももちんは、読んだことのなかった『銀河鉄道の夜』(宮沢賢治作)を読んだんだけど、読み応えたっぷりで大満足。

まんがで読破シリーズをAmazonでチェック!

 

10歳までに読みたい名作シリーズ

学研教育出版の「10歳までに読みたい名作」シリーズは、オールカラーのイラストで、巻頭には「物語ナビ」を掲載し、主人公のプロフィール紹介、キャラクター相関図などが掲載。

Kindle Unlimitedでは、「10歳までに読みたい名作」シリーズの一部の作品が読み放題。

子ども向けの本を電子書籍で読めるのは貴重。

ももちんは、『赤毛のアン』(モンゴメリ作)を読んだよ。

書籍紹介

子ども向け『赤毛のアン』26作品比較。完訳も多数。特徴別まとめ!

『赤毛のアン』、ももちんは大人になってからハマったけれど、子ども向けのものもたくさんあるんだよね。 子どものときに読む『赤毛のアン』はどの出版社のものがいいかなあ?たくさんのラインナップを紹介するよ! ...

続きを見る

10歳までに読みたい名作シリーズをAmazonでチェック!

 

往年の名訳

Kindle Unlimitedでは、現在紙書籍では絶版になっているもののKindle版が、読み放題対象になっていることがある。

ももちんは、かつてアニメ『赤毛のアン』の元の本となった、神山妙子訳の『赤毛のアン』をKindle Unlimitedで読むことができたよ。

書籍紹介

小説『赤毛のアン』完訳比較。10人の翻訳者(出版社)の特徴まとめ!

『赤毛のアン』は、ももちんの大好きな本。 村岡花子訳のものが好きだけど、他の人の翻訳の『赤毛のアン』も、それぞれ特徴があって良いみたい。 今回は大人向けに、完訳版かそれに近いものを中心に、翻訳者別にま ...

続きを見る

 

いがらしゆみこのコミック

Kindle Unlimitedで見つけたのは、子どもの頃よく読んでたいがらしゆみこ氏のまんが。

もうずっと読んでいなかったけど、Kindle Unlimitedで『メイミー・エンジェル』を読めたのは懐かしかった。

『赤毛のアン』のコミックバージョンも読むことができたよ。

いがらしゆみこ『赤毛のアン』感想

漫画『赤毛のアン』①名作を『キャンディ・キャンディ』作者が描く!

モンゴメリ『赤毛のアンPART1~3』いがらしゆみこ(画)、くもん出版、1997年 『赤毛のアン』を読んでみたいが文字が多い小説はなかなか読めない! そんなあなたは、漫画で『赤毛のアン』に触れてみまし ...

続きを見る

いがらしゆみこのコミックをAmazonでチェックする!

 

精神世界の本

Kindle Unlimitedでは、精神世界の本、スピリチュアル本も多く対象になっている。

1冊で買うと1000円以上するものがほとんどなので、Kindle Unlimitedはかなりお得。

ももちんは、『悟りハンドブック』(ドルフィニスト篤著)を紙の本でも持ってるけど、出先でも読めるようにKindle Unlimitedでも借りているよ。

『悟りハンドブック』感想

『悟りハンドブック』感想。地に足のついた「実践」スピリチュアル本

『悟りハンドブック』ドルフィニスト篤著、ナチュラルスピリット、2017年 「悟り」なんて、凡人の自分には縁がないと思っていたももちん。 実は「悟り」を知ることは、悩みがあるふつうの人が、軽く楽に生きる ...

続きを見る

Kindle Unlimitedの精神世界本をチェックする!

 

まとめ

Kindle Unlimited特徴まとめ!

 

こんな人におすすめ

  • 月2冊以上本や雑誌を読む
  • 漫画・雑誌だけでなく、小説・実用書などの文字ものも広く浅く読む
  • 本は1度読めば満足する

 

こんな人にはおすすめしない

  • 読みたい本がピンポイントで決まっていて、その本以外は特に読みたくない人
  • 漫画や雑誌だけ読みたい人(他の定額読み放題の方が安いのでおすすめ)
  • そもそもふだん本を読む習慣がない
  • 元をとらなければ損!と思う人

 

おすすめの使い方

  • 図書館感覚で、蔵書12万冊以上を、月額980円で読み放題。
  • 一時的に、一部分だけ読みたいとき。思う存分読み散らかせる
  • 紙書籍や他の電子書籍で読みたい本を読み、Kindle Unlimitedで気になる本をのぞいてみる

 

ももちん
無料体験は紙書籍派の人にもおすすめ!

実際に使ってみて、自分にあっているかどうか感じてみてね。

 

Kindle Unlimited無料体験をチェックする

 

Kindle Unlimited無料体験の始め方については、こちらの記事をどうぞ。

おすすめ記事
【画像解説】Amazon Kindle Unlimited登録方法。簡単に無料体験!

Amazonの電子書籍読み放題サービスKindle Unlimited。 まずは使ってみて、続けるかどうかを決めたい。そんな人もいるんじゃないかな? 今回は、Kindle Unlimitedの無料体験 ...

続きを見る

スポンサーリンク

Kindleまとめ

そもそも電子書籍って何?っていうところから、Kindleアプリの操作、Kindle Unlimitedまで、Kindleの記事をまとめたよ。

関連記事と広告

-Kindle Unlimited, Kindle
-

Copyright© ももちんの書評情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.