Kindle Unlimited1クリックボタン

乳がん経験者が選ぶ!Kindleで読める悟り・スピリチュアル本6選。

2020年3月31日

アラサーで乳がんを経験したももちんが実際に読んで「見える世界が変わった」と感じた「悟り・スピリチュアル」本を紹介します。

紹介する本

  • 『悟りハンドブック』一般人でも悟れる実践書
  • 『瞬間ヒーリングの秘密』闘病中助けになった1冊
  • 『悟りの錬金術』読めば視界がはっきりする
  • 『ラマナ・マハルシとの対話』読めば心が静かになる
  • 『草はひとりでに生える』読めば笑いたくなる
  • 『エイリアンインタビュー』宇宙人が語る地球の真実
ももちん

紹介しているすべての本は2021年3月現在、Kindle Unlimitedで読むことができるよ。

月額980円で読み放題

Kindle Unlimited詳細を見る

無料期間中に解約しても30日間は利用できます。

この記事でわかること

  • Kindle Unlimitedで読めるおすすめの精神世界本6冊
  • 1冊ごとのおすすめポイント

精神世界の本:選書のポイント

今回は、Kindle Unlimitedで読める「スピリチュアル」「精神世界」のおすすめ本を紹介する。

ももちんは、20代前半からいろんな占いやスピリチュアル本を読んできたけど、一時的に楽になったような感じがしても、いつもどこかもやもやしていたんだよね。

アラサーで乳がんになって、読む本がガラッと変わった。

「占い」「引き寄せ」「自己啓発」「ふわふわ」「キラキラ」に一切興味がなくなって、残ったのは「死の恐怖を受け入れたい」一択だった。

それから「悟り」の本を読み始めた。

ももちん

「悟り」とは仏教用語で、「心の迷いが解けて真理を会得(えとく)すること」という意味がある。

「悟り」を知ることは、生きていく上で悩みが多い私たちには、楽になるヒントがいっぱい。

本を読むだけではなく実践して、自分の中にしみこませていくことで、確実に見える世界が変わり、心が楽になっているよ。

この記事では、ももちんが実際に読んで「見える世界が変わった」と感じた精神世界の本を紹介するよ。

 

Kindle Unlimitedとは?

Kindle Unlimitedは、Amazonが提供する電子書籍の読み放題サービス

登録すると、月額980円で和書12万冊以上の本が常時読み放題で楽しめる。

電子書籍専用端末のKindle Paperwhiteを買ってから、がっつり活用するようになりました。

ジャンルが幅広いKindle Unlimitedでは、精神世界の本も豊富。

紙書籍だと1冊1,000円以上するものがほとんどなので、月1冊読むだけで元が取れちゃう。

ももちん

Kindle Unlimitedは、月額980円で蔵書12万冊以上のバーチャル図書館を利用する感覚。

購入とは違い、解約すると読めなくなってしまうので注意!

 

和書7万冊以上が読み放題

Kindle Unlimited対象本をチェック

Amazon公式サイトへ飛びます。

 

Kindle Unlimited感想

30代主婦がKindle Unlimitedを2年使った感想。月2冊で元が取れる

Kindle Unlimitedは、Amazonが提供する月額980円で電子書籍7万冊以上(和書)が読み放題のサービス。 ももちんは始めて2年以上たつけど、だいたい80冊読んで、単品で読む場合より50 ...

続きを見る

Kindle Paperwhite感想

Kindle Paperwhiteレビュー。紙書籍派が満足!中身が変わる文庫本

2019年12月のAmazonサイバーマンデーセールで、Kindle Paperwhiteが安くなっていたので思いきって買ってみた。 結論から言うと、Kindle Paperwhiteは、「中身が変わ ...

続きを見る

 

注意ポイント

紹介している本は、2020年3月31日時点でKindle Unlimited読み放題の対象本です。

今後、読み放題対象から外れることもあります。

 

基本編:易しい言葉で実践できる2冊

まずは、ももちんが紙の本も買って愛読している『悟りハンドブック』『瞬間ヒーリングの秘密』の2冊を紹介。

初心者もわかりやすい、易しい言葉でしっかり真髄をついている。

本の内容が実践しやすいのもポイント。

 

『悟りハンドブック』一般人でも悟れる実践書

この本のポイント

「悟り」とは、〈私〉の本性(真我)をはっきりと思い出すこと。

そのために大切なのは、「自覚」と「自愛」です。

 

『悟りハンドブック』は、ドルフィニスト篤氏が2017年に刊行。

ドルフィニスト篤氏は、イルカのスピリットのチャネリングをする綾子夫人とともに活動しているスピリチュアルティーチャー。

京大の大学院で物理学専攻だった著者が書く文章は、論理的だけど難しくなく、理解しやすい

『悟りハンドブック』では、「悟りとは何か?」から始まり、悟りに大切な「自覚」「自愛」について詳しく解説している。

一般の読者が本を読んで実践しやすくなっていて、「出家」「修行」というイメージで敬遠しがちな「悟り」がぐっと身近なものに感じられる。

 

悩みにとらわれていても悟れる

『悟りハンドブック』が他の悟り本と違うのは、読者の視点に立った誠実さと明快さ

すでに悟りの境地にいる著者が、あえて読者の視点に立ち、悩みの取り扱いも明快に教えてくれる。

悟りの本でよくあるのが、「悟り体験談」「ワンネス状態」だけ語ってるパターン。

読めば一時的に気分が上がるけど、結局苦しみはぶり返す。

『悟りハンドブック』では、コツコツと自分を見つめることが「悟り」への道だということ、その方法をはっきり解説している。

悩みにとらわれているとき、どのように自分を見つめたら良いのか?ということも、丁寧に伝えている。

ありのままの〈私〉に罪悪を感じ、罰するのではなく、その〈私〉を理解し、許し、包容してあげることは、〈私〉を愛することです。

引用元:『悟りハンドブック』ドルフィニスト篤著、ナチュラルスピリット、2017年

自分を愛することは「悟り」から遠ざかることではなく、着実に悟りへ向かう道

近道はないけど、続けてやれば必ず道は開けることを伝えているんだよね。

ももちんも3年実践してきて、自分への信頼が確実にできているよ。

ももちん

どれか1冊というならこの『悟りハンドブック』がおすすめ。

ももちんも繰り返し読んでいます。

 

 

レビュー記事

『悟りハンドブック』感想。地に足のついた「実践」スピリチュアル本

「悟り」なんて、凡人の自分には縁がないと思っていたももちん。 実は「悟り」を知ることは、悩みがあるふつうの人が、軽く楽に生きるヒントが満載なんだよね。 『悟りハンドブック』は、一般の人が実践しやすい「 ...

続きを見る

 

『悟りハンドブック』ポイント

  • 言葉にならない「悟り」をきちんと言葉で解説
  • 悩みや感情の取り扱い方がわかる
  • 一歩一歩導いてくれる実践書
  • 一瞥体験やミラクルな感じじゃない

 

『瞬間ヒーリングの秘密』闘病中助けになった1冊

この本のポイント

量子が同調し、意識が「純粋な気づき」になった瞬間、ヒーリングが起こります。

「純粋な気づき」は、覚醒(悟り)にも通じます。

 

『瞬間ヒーリングの秘密』は、カイロプラクティック施術者フランク・キンズローが2012年に刊行した。

35年以上にわたりヒーリングのテクニックを研究し、東洋哲学や量子力学にも精通している著者が、思考が生まれるしくみや「時間」「自己」の幻想など、わかりやすく明快な言葉で解説している。

『瞬間ヒーリングの秘密』では、シンプルでパワフルな「純粋な気づき」に焦点をしぼり、理解・体験・実践することを徹底的に伝えている。

本の後半では、「純粋な気づき」の活用法(心身の不調、遠隔ヒーリング、延長ヒーリング、セルフヒーリングなど)を解説し、日常で問題を抱える読者が実践できるように導いている。

ももちん

悩みの原因を知り癒すのではなく、悩みが幻想と知り軽くなるプロセス。

じっくり悩みに向き合いたいなら向かない。

 

 

大切なのは病気を「治す」ことではない

ももちんは乳がん闘病中、第2弾の『ユーフィーリング!』を先に書店で見つけ、読み始めた。

『ユーフィーリング!』では、「慢性疾患」「物質的な冨」など、具体的な悩みに沿って解説しているので、読みながら自分で実践できたのが良かった。

病気はたくさんのことを私たちに教えてくれます。ですが究極的には、学ぶべき教訓はたったひとつです。それは、私たちは身体・心なのではないということです。

引用元:『ユーフィーリング!kindle版』フランク・キンズロー著、古閑博丈 訳、ナチュラルスピリット、2017年

「病気」「お金」といった問題をとりあげるけど、大切なのは、問題を解決することではない。

その極意はテクニックではなく、誰でもシンプルで簡単にアクセスできる「純粋な気づき」という領域。

苦しいときでも、何にも影響されない安らかさは確かに感じられ、そこに安心することができるんだよね。

このシリーズでは「悟り」という言葉は使われていないけど、書かれている内容はまさに「悟り」の状態を伝えている。

フランク・キンズローの著書は全4冊。4冊ともKindle Unlimitedで読める。

 

フランク・キンズローの本をAmazonで探す

フランク・キンズローの本を楽天で探す

 

『瞬間ヒーリングの秘密』ポイント

  • 「純粋な気づき」に焦点を絞る
  • 「純粋な気づき」の日常の活かし方がわかる
  • 体験・ワークで確実に効果を感じられる
  • 悩み・苦しみに向き合いたいなら向かない

 

上級編:覚者の金言を味わう3冊

次に紹介するのは、世界的にも有名で弟子やコミュニティもある覚者の言葉を書籍にした3冊。

紹介するのはマスターゲート、ラマナ・マハルシ、OSHOの本。

覚者の言葉は、読むだけで心が静かになったり、力が湧いてきたりする。

本の内容を「感じる」ことでインスピレーションが湧いてくる本。

ももちん

むずかしい言葉やたとえ話が多いので、内容を「理解」するには上級者向け。

読むだけでなく「実践」したいなら、基礎編で紹介した2冊を先に読んでみてね。

 

『悟りの錬金術』読めば視界がはっきりする

この本のポイント

「悟り」とは、あらゆる考えから自由になることです。

そして、「私」が考えの主人になることです。

 

『悟りの錬金術』は、20代で悟ったと言われる韓国のマスターゲート氏が2011年に刊行した。

ももちん

マスターゲート氏は先に紹介した『悟りハンドブック』著者のドルフィニスト篤氏の師と言われている。

本の中で使われている言葉も共通しているので、合わせて読んでみると、さらに「悟り」への理解が深まる。

『悟りの錬金術』では、たとえ話などもあまり含めず、「みなさん(読者)」への直接の問いかけやアドバイスが中心。

仏教などの専門用語は極力使わず、平易な言葉で説いているので、凡人が聞いて「ちょっと何言ってるかわからない」ってなるようなことはない。

出家するような求道者じゃなく、日常で生活する一般の人が読んで理解しやすく、やる気が出るような本。

 

ズバズバ真理をついてくる

『悟りの錬金術』の特徴は、痛快に真理をズバズバ伝えていること。

なぜ自分の考えで自分を苦しめるのですか? 考えは自分のおもちゃです。 おもちゃが、どうやって私を苦しめるのでしょう?

引用元:『悟りの錬金術』ゲート著、アン・テファン 訳、ナチュラルスピリット、2011年

日常に飲みこまれて苦しんでいる読者に、シンプルな質問でどんどん切り込んでくる

眠っているのを目覚ましで起こされる感覚。

ももちん

手とり足とり教えてくれる、という複雑さがまったくない。

シンプルに「いつまでそこにいるの?早く抜けましょう」と呼びかけてくる。

悩みや苦しみから抜けるって、実は難しいことでもなんでもなくて、ただ決めるだけでいい。

そこにはステップも方法も関係なく、「自分が悩みを自由に取り扱える」ということに気づくだけなんだよね。

でも、深刻に悩みにとらわれているときに読むと「そんなにシンプルに言われても・・・無理だって。」って感じてしまうかも。

 

ゲートの本をAmazonで探す

ゲートの本を楽天で探す

 

『悟りの錬金術』ポイント

  • 読めば視界がはっきりする
  • 真髄を明快にズバズバ
  • 一歩一歩教えてくれるような複雑さがない
  • 『悟りハンドブック』と合わせて読むと理解が深まる

 

『ラマナ・マハルシとの対話』読めば心が静かになる

この本のポイント

「私は誰か?」という探求だけが必要なのです。

心を内側に向けることが最も重要です。

 

『ラマナ・マハルシとの対話』(原題:Talks with Sri Ramana Maharshi)シリーズは、インドの覚者ラマナ・マハルシ(1879−1950)と求道者との1935〜1939年の対話を、古弟子ムナガーラ・ヴェンカタラーマイアが記録したもの。

日本では、2012〜2013年に福間 巌訳でナチュラルスピリットより刊行された。

表紙の写真からすでに聖者感ただようラマナ・マハルシ。

本書を読んでいると内側に意識が向き、自然と心が静かになる

他の本との違いは、質問する側がすでに悟りを求め、ヨガや瞑想などの修行をしている人が多いこと。

そのため、質問そのものが難しく、読みすすめるのに時間がかかる。

ももちん

初めに全部理解できないのは当然。

一文一文を読むごとに、自然と「どういうことだろう?」と内側に集中するプロセスが大切。

どこか一つでも、「ああ、本当にそうだなあ」と思えるところがあれば、それは大切な気づき。

ももちんは第一巻を一度読んで、たくさんヒットしてマーカーひいて、繰り返しその部分を読み直しているよ。

 

サンスクリット語の用語がたくさん登場するので、『ヨーガ・スートラ』や『バガヴァット・ギーター』などのインド哲学に触れていると、より理解が深まる。

ヨーガ・スートラをAmazonで探す

ヨーガ・スートラを楽天で探す

バガヴァット・ギーターをAmazonで探す

バガヴァット・ギーターを楽天で探す

 

仕事や家庭がある人こそ知るべき叡智

「ラマナ・マハルシとの対話」では、無駄な説明を省いた悟りの真髄が凝縮されている。

読みながら、「凡人の自分では、この境地に行くのは無理だよね・・・」という考えがよぎる。

実際、ラマナ・マハルシが繰り返し問いかける「私は誰か?」という言葉の真意は、今のももちんにはわからない。

だけど、仕事も家庭もある求道者の質問に対して、ラマナ・マハルシの答えが響いた。

環境を変えても何の助けにもなりません。唯一の障害は心です。家にいようと森にいようと、心こそが克服されるべきものなのです。

引用元:『ラマナ・マハルシとの対話第一巻 kindle版』ムナガーラ・ヴェンカタラーマイア著、福間巌訳、ナチュラルスピリット、2012年

世の中には「悟り=世俗からはなれてひたすら瞑想・修行」という考えが定着しているし、だからこそ日常で生活する私たちは「悟り」を別世界のことと思い、自分に当てはめて考えない

だけど悩みや苦しみは日常にいるからこそ感じるし、心が楽になる「悟り」はそんな私たちが知るべき叡智。

本書では、「仕事が真我実現の障害になることはない」とラマナ・マハルシははっきり語っている。

ももちん

「おもしろい」「易しくわかりやすい」内容ではない。

真剣に自分のことを知りたい人におすすめの本。

「ラマナ・マハルシとの対話」は全3巻。3冊ともKindle Unlimitedで読める。

 

ラマナ・マハルシの本をAmazonで探す

ラマナ・マハルシの本を楽天で探す

 

『ラマナ・マハルシとの対話』ポイント

  • 読めば心が静かになる
  • 真髄が凝縮されているので繰り返し読む。頭での理解がついていかない
  • ヨガ哲学の用語が多く使われていて難解

 

『草はひとりでに生える』読めば笑いたくなる

この本のポイント

草はひとりでに生える。

もしあなたにただ待つということができさえしたら、ほかの全ては必ず与えられる。

 

『草はひとりでに生える』(原題:The Grass Grows By Itself)は、インドの覚者OSHO(別名ラジニーシ、1931−1990)の1975年2月21日〜28日の「禅」についての講話記録。

日本では1978年、ナルタン(日家ふじ子)訳でふみくら書房より刊行され、2013年OEJ Booksより新版が刊行された。

OSHOはインドのみならずアメリカでもコミュニティをつくり、「危険人物」とされていた破天荒な覚者。

その著書を読めば、いきいきとした躍動感あふれる語り口にひきこまれ、「悟り」がすばらしい熱中の道であることが伝わってくる。

禅の知識を学ぶことより、感覚で味わい、笑いがこみあげてくるような本

ももちん

ももちんは闘病中、OSHOの『究極の旅: OSHO 禅の十牛図を語る』を読んだ。

退屈な「悟り」のイメージが180度変わりました。

 

禅の極意を独特のユーモアで読ませる

『草はひとりでに生える』では、有名な禅の逸話を一つずつとりあげ、やさしくかみ砕いて説いている

とりあげられている禅の逸話そのものは、シンプルすぎて究極すぎて、難解。

凡人は退屈なものとして流してしまいそうなんだけど、OSHOはたとえ話を用いてわかりやすく話す

中高生にもなれば聞いて理解できるような言葉をつかっているところがすごい。

私自身、こんなことを言う人たちに出くわしてきた。三日だけここに滞在しようと思っています、とか、一回だけ瞑想しました、と言う人たちだ。そして彼らは私のところにやってきて言う。何も起こらないのですが・・・・!?

引用元:『草はひとりでに生える kindle版』OSHO著、ナルタン訳、OEJ Books、2018年

思わず笑いがこみあげてくるような例えがあると、心が柔らかくなり、さらに読みすすめやすくなる。

ももちんは、そもそも禅の定義を知らなかったけど、本の内容はおもしろく読めた。

OSHOの視点から、西洋と東洋の違い、現代と古代の違いについても話していて、「現代の日本」に住む自分のことを客観的に見ることができるところもポイント。

ももちん

おもしろいだけで終わるか、自分のこととして受けとめられるかは、読者の心の状態によって変わってくる。

アドバイスも多いので、ももちんはかえって迷ってしまったところもある。

 

OSHOの本をAmazonで探す

OSHOの本を楽天で探す

 

『草はひとりでに生える』ポイント

  • 読めば笑いたくなる
  • 禅の極意をユーモアたっぷりに語る
  • たとえ話が多くわかりやすい
  • おもしろいだけで実践にいかないかも

 

番外編:「当たり前」が崩壊する1冊

これまで紹介してきた本は、古今東西の覚者が、一般の人に向けて伝えている「悟りへの道しるべ」のような本。

番外編では、まったく別の角度から「地球・人間のおかしさ」に切り込んでくる本を紹介するよ。

ももちん

今まで当たり前と思ってきたことがひっくり返る本。

 

『エイリアンインタビュー』宇宙人が語る地球の真実

この本のポイント

地球は宇宙のはしっこにある「監獄」です。

囚人である人類は、自分たちは生物学的な体に過ぎないという概念を超越しなければなりません。

 

『エイリアンインタビュー』(原題”Alien Interview”)は、アメリカの編集者ローレンスR.スペンサーが「故マチルダ・オードネル・マックエルロイ」という女性から受け取った文書を2008年に書籍化したもの。

日本では2015年有馬知志訳で刊行、2017年には脚注・解説なしで原文のみ掲載した「リーダーズ・エディション」がKindle版で刊行された。

文書の内容は、1947年のアメリカ「ロズウェル事件(Wikipedia)」でとらえられた地球外生命体「エアル」に、当時軍で働いていた故マックエルロイ氏がテレパシーでインタビューした記録。

ももちん

この情報を聞くだけで頭がこんがらがる・・・

要は、エイリアンが人間の女性に語った「地球の真実」

大前提として、ローレンスR.スペンサー自身が文書の内容には中立の立場で、読者にも「懐疑的であるべきだ」と伝えている。

しかしながら、「エアル」の言葉があまりに力強く、すっかり引き込まれ、「確かにそうかも知れない」と思ったんだよね。

 

人間にとって不都合すぎる「真実」

『エイリアンインタビュー』の内容は、読んでて気持ちいいものではない。

「あなたが住んでる地球、宇宙からみたらかなりやばいぞ。」って言われてるんだもん。

 

ももちんが衝撃を受けた記述を抜粋すると、次の通り。

エアルが語る地球

  • 地球は宇宙にとってのゴミ捨て場・刑務所
  • 芸術家・発明家などの「天才」たちは宇宙では使いみちがない
  • 地球にある異種の文化の数と種類は、普通の惑星では極めて異常
  • 地球のピラミッド文化はでっちあげられた幻想
  • 「苦痛」と「美」の電磁波のトラップによって、自分は物質的な肉体だと思いこむ
  • 地球を囲む「記憶喪失バリア」によって転生を延々と繰り返す

 

衝撃が大きくて、読みながら自分で当たり前だと思ってた考えがガラガラ崩れた。。

だけどその奥で感じたのは、反発心や不信感ではなかった。

「おいおいおいおい、すっかりだまされてたぞ・・・!」っていう感覚だったんだよね。

あくまで個人的感想だけど、本当のこと言われてちょっと喜んでるっていうか。

「エアル」の言葉はかなり辛辣なんだけど、このくらい言われて初めて見えてきたこともあった。

心の底ではあなたは自分がそうであるということ、また自分が知っていることをいまだに知っている。あなたは未だにあなたの本質である。

引用元:『エイリアンインタビュー リーダーズ・エディション』マチルダ・オードネル・マックエルロイ著、ローレンスR.スペンサー編、Lawrence R Spencer、2017年

「エアル」はいろんな角度から「本当のあなたは肉体ではないんだよ」っていうことを繰り返し伝えている。

「地球から抜けられない自分」に嘆くのではなく、そう信じ込んでいる自分に気づくことことの大切さは、他の精神世界本が伝えていることと変わらない。

ももちん

本の内容が本当かどうかが重要ではない。

読んで自分がどんな感想を持つかを、しっかり感じることが大切。

自分を知るための異端な1冊として、読んでみるとおもしろい。

 

 

『エイリアンインタビュー』ポイント

  • 宇宙人「エアル」からみたやばい地球
  • 「当たり前」だと思っていたことが崩壊する
  • 肉体は自分だと思いこむ人類

 

まとめ

Kindle Unlimitedで読める「スピリチュアル」「精神世界系」の本まとめ。

Kindle Unlimitedで読める精神世界本

※画像をクリックするとAmazon商品ページに飛びます。

  • 『悟りハンドブック』
  • 『瞬間ヒーリングの秘密』
  • 『悟りの錬金術』
  • 『ラマナ・マハルシとの対話』
  • 『草はひとりでに生える』
  • 『エイリアンインタビュー』

今回紹介した本は、すべてKindle Unlimitedで読み放題。

スピリチュアル本は紙で読むと1冊1,000円以上するものも多いので、Kindle Unlimitedだと月1冊読めば元が取れちゃう。

興味があったら借りて読んでみてね。

 

Kindle Unlimitedの精神世界本をチェックする!

月額980円で読み放題

Kindle Unlimited詳細を見る

無料期間中に解約しても30日間は利用できます。

 

電子書籍について

Kindle端末

セール情報

Kindleアプリ・ブラウザ操作

Kindle Unlimited関連

おすすめ本

 

 

ももちんの書評情報の最新情報を、フォローしてチェックしよう。

Kindleまとめ



そもそも電子書籍って何?っていうところから、Kindleアプリの操作、Kindle Unlimitedまで、Kindleの記事をまとめたよ。

  • この記事を書いた人

ももちん

夫と猫たちと山梨在住。海外の児童文学・絵本好き。 紙書籍派だけど、電子書籍も使い中。 今日はどんな本読もうかな。

-メンタル, Kindle Unlimited, まとめ記事, 精神世界
-,