『クマのプーさん』16シリーズ比較。翻訳、イラスト、映画まとめ!

投稿日:2019年2月19日 更新日:


『クマのプーさん』は、イギリスの作家A.A.ミルンが生んだ、世界中で愛読されている児童文学。

現在さまざまな出版社から刊行されているので、特徴別にまとめてみた。

  1. ベーシックな1冊なら岩波少年文庫
  2. 大人が読みやすい文庫本なら角川文庫
  3. シリーズ読みたいなら詩集も読んでみよう
  4. 近年刊行された公式な続編
  5. 絵本でE.H.シェパードのカラーイラストを堪能
  6. 映画も見てみよう

こんな方におすすめ

  • 『クマのプーさん』を読んでみたいけど、どれを選んだらいいか迷っている。
  • 児童文庫、ハードカバー、電子書籍など、特徴で選びたい。
  • プーさん関連映画も知りたい
スポンサーリンク

『クマのプーさん』についてざっくり説明。

左上『クマのプーさん』石井桃子訳、岩波書店、2000年
右上『プー横丁にたった家』石井桃子訳、岩波書店、2000年
左下『クリストファー・ロビンのうた』小田島雄志・小田島若子訳、河出書房新社、2018年
右下『クマのプーさんとぼく』小田島雄志・小田島若子訳、河出書房新社、2018年
いずれもA.A.ミルン作、E.H.シェパード絵

『クマのプーさん』(原題”Winnie-the-Pooh”)は、1926年に発表されたA・A・ミルンの児童文学。

1928年には同様の構成をもつ続編『プー横丁にたった家』(原題”The House At Pooh Corner”)も発表された。

『クマのプーさん』のシリーズはこの二つの物語集と、二つの詩集『クリストファー・ロビンのうた(原題”When We Were Very Young”)』(1924年)『クマのプーさんとぼく(原題”Now We Are Six”)』(1927年)の計4冊からなっている。

挿絵はいずれもE.H.シェパードが手がけている。

日本では1940年に『熊のプーさん』、1942年に『プー横丁にたった家』が石井桃子の翻訳で、岩波書店より刊行された。

参考:Wikipedia

A.A.ミルンとE.H.シェパードの紹介

クマのプーさん展2019感想。充実の展示!本を読んでなかったと後悔。

東京・渋谷のBunkamuraで開催中の「クマのプーさん展」に行ってきた。 絵本や児童文学、クマ、イギリス、雑貨好きなら間違いなくハマる展示。 一つ惜しかったのは、肝心の『クマのプーさん』を読んでなか ...

続きを見る

E.H.シェパードの絵を楽しみたい!

E.H.シェパードは、A.A.ミルンとともに話し合いを重ねながら挿絵を担当した人。

「クマのプーさん」シリーズが本になるにあたって、挿絵のみならずデザインやレイアウトにもたずさわった。

元祖『クマのプーさん』を読みたいなら、A.A.ミルンとE.H.シェパードの共作の「プーさん」に触れよう。

岩波書店

岩波書店は1940年、石井桃子の翻訳により、日本で最初に『クマのプーさん』を刊行した。

以降、A.A.ミルン作、E.H.シェパード絵、石井桃子訳の「クマのプーさん」作品の出版に力を入れている。

2019年2月現在、29冊のクマのプーさん関連作品を出している。

『クマのプーさん』だけでも、装丁を変えて4種類出ている

岩波書店公式サイト「クマのプーさんの本」のページ

1.岩波少年文庫

左『クマのプーさん』
右『プー横丁にたった家』
いずれもA.A.ミルン作、E.H.シェパード絵、石井桃子訳、岩波書店、2000年

「岩波少年文庫」は、1950年創刊された。

1956年『クマのプーさん』、1958年『プー横丁にたった家』を刊行

創刊50年を迎えた2000年、本の左右の幅を7ミリ増し、ゆったりと読みやすい判型にリニューアルした。

石井桃子の翻訳は、古風な言葉づかいで独特の味がある。

E.H.シェパード絵と、石井桃子が訳したプーさんが、ぴったり合っている。

言い間違いがたくさん出てくるプーさんだけど、ぶっちゃけ、本当はどういいたいのかわからないくらい崩れてる日本語もいっぱいある。

だけど、読者に優しくない、確信犯のこの言葉づかいから、よりリアルにプーさんの世界が伝わってくる。

言葉づかいは、現代人にはちょっとわかりにくいところもある。(傘をコウモリと言ったり)

そういうのも含めて、味として繰り返し読み込みたくなる。

小学校中学年以上対象で、たいていの漢字にはふりがながふってある。

ひらがな表記も多いので、大人には少し読みづらいかもしれない

『クマのプーさん』253ページ。『プー横丁にたった家』272ページ。

これをきいて、きみは、おなかのなかで笑ってしまった。「ばっかなクマのやつ!」

けれども、きみは、プーがだいすきなんだから、けっして口でそんなこといったりしやしないさ。そうして、きみは、こうもりをとりに、家へかえった。

引用元:『クマのプーさん』A.A.ミルン作、E.H.シェパード絵、石井桃子訳、岩波書店、2000年

書評
『クマのプーさん』本の感想。英国発!世界一有名なクマの児童文学。

『クマのプーさん』A.A.ミルン作、E.H.シェパード絵、石井桃子訳、岩波書店、2000年 このまえ「クマのプーさん展」に行って、本を読んでなかったことを後悔したので、さっそく読んでみた。 読んでみて ...

続きを見る

書評
『プー横丁にたった家』感想。英国の児童文学『クマのプーさん』続編

『プー横丁にたった家』A.A.ミルン作、E.H.シェパード絵、石井桃子訳、岩波書店、2000年 『プー横丁にたった家』は、イギリスの有名な児童文学『クマのプーさん』の続編。 『クマのプーさん』でおなじ ...

続きを見る

岩波少年文庫ポイント

  • ベーシックな1冊
  • A.A.ミルンとE.H.シェパードの共作
  • 石井桃子の翻訳

2.二作を一冊で楽しめるハードカバー

1962年に刊行されたのは、『クマのプーさん』と『プー横丁にたった家』が1冊に収められたハードカバーの愛蔵版。

1956年にイギリスで刊行された”The World of Pooh”を原書としており、E.H.シェパードによる色鮮やかなカラーイラストが特徴。

E.H.シェパードの絵をカラーで楽しみたい人にはおすすめの1冊。

『クマのプーさん/プー横丁にたった家』402ページ。A.A.ミルン作、E.H.シェパード絵、石井桃子訳、岩波書店、1962年

3.装丁にこだわった80年記念愛蔵版

『クマのプーさん Anniversary Edition』A.A.ミルン作、E.H.シェパード絵、石井桃子訳、岩波書店、2006年

2006年に刊行されたのは、オリジナル創刊80周年を記念した「Anniversary Edition」

E.H.シェパードのカラーイラストはもちろんのこと、紙の材質や装丁にもこだわった、ハードカバーの愛蔵版。

美しく重厚感があるので、プレゼントにも最適。

『クマのプーさん Anniversary Edition』160ページ。『プー横丁にたった家 Anniversary Edition』191ページ。

ハードカバーポイント

  • A.A.ミルンとE.H.シェパードの共作
  • 石井桃子訳
  • カラーイラストで装丁もしっかりした愛蔵版
スポンサーリンク

大人も読みやすい文庫

「クマのプーさん」は、文庫版でも刊行されている。

文庫版は漢字が多くふりがなが少ないので、大人がすらすら読みやすい

翻訳もそれぞれ違うし、イラストもE.H.シェパードではなく、日本で活躍している画家が手掛けている。

読み比べてみて、オリジナルの『クマのプーさん』との違いを発見してみるのもおもしろい。

4.角川文庫『クマのプー』

角川文庫より2017年に刊行されたのは、直木賞作家の森絵都による新訳『クマのプー』と『プー通りの家』。

岩波少年文庫の石井桃子訳のあとに、この森絵都訳を読んだ。

・・・格段に、読みやすい。。

単純に大人向けに漢字多めというところもあるし、表現が現代語なので、すらすら止まらずに読める

森絵都自身が児童文学も書くので、キャラクターのツボを心得てて、かつわかりやすいんだよね。

挿絵を担当したのは、佐藤さとる「コロボックル」シリーズの挿絵でも有名な村上勉

森の動物たちの世界観がE.H.シェパードのとは全然違って、めっちゃファンタジックで、すごくいい

現代の日本人が親しみやすい、ナチュラルなプーさんと仲間たちでした。

電子書籍版では、村上勉の挿絵をカラーで楽しむことができるよ。

『クマのプー』240ページ。『プー通りの家』256ページ。

(おばかなクマぼう!)きみはひそかに笑いながらも、口には出しませんでした。そして、大好きなおばかさんのために家へ帰ったのです。

引用元:『クマのプー』A.A.ミルン作、森絵都訳、村上勉絵、KADOKAWA、2017年

5.新潮文庫『ウィニー・ザ・プー』

左『ウィニー・ザー・プー』
右『プーの細道にたった家』
いずれもA.A.ミルン作、阿川佐和子訳、100%ORANGE絵、新潮社、2016年

新潮文庫より2016年に刊行された『ウィニー・ザ・プー』は、エッセイストでテレビにもよく出ている阿川佐和子による新訳

文庫本なので、やはり感じ多用・ふりがな少なめという点では、石井桃子訳より読みやすく、大人向け。

阿川佐和子訳は、読んでいて、全体的に甘さというか、柔らかさを感じた。

言葉づかいも、クリストファー・ロビンがプーを「ばかちん」と呼ぶところとか。(石井桃子訳は「バッカなクマのやつ!」)

冒頭で「ウィニー・ザ・プー」という名前の由来をクリストファー・ロビンが説明してるところは、石井桃子訳でも、森絵都訳でも省略されていた。

この部分を読んで、新潮文庫版は「クマのプー」ではなく、「ウィニー・ザ・プー」であるわけがわかった。

しかし、顔が有名な人だと、どうしても、読んでて訳してる人の顔がちらついてしまう。(TVタックルとか。)

なかなか物語に集中できない、というのが正直なところでした。

挿絵を手がけたのは、人気イラストレーターの100%ORANGE

こちらも、なんかちょっと物足りなかった。

単純に絵の数が少ないというのもあるし、場面を描いているというより、マスコット的な感じ

『ウィニー・ザ・プー』222ページ。『プーの細道にたった家』234ページ。

君は心の中で笑いました。「バカなクマちん」

でも君はその言葉を声には出しませんでした。なぜなら君はプーのことが大好きだったからね。君は傘を取りに家へ向かったんだよね。

引用元:『ウィニー・ザ・プー』A.A.ミルン作、阿川佐和子訳、100%ORANGE絵、新潮社、2016年

文庫版ポイント

  • 漢字多め、ふりがな少なめで大人が読みやすい
  • 現代の感覚に合わせた新訳
  • シェパードの絵ではなく、日本のイラストレーターの個性的な挿絵
  • 電子書籍で読める(角川文庫)

他のシリーズ本を読みたい

「クマのプーさん」シリーズで最も有名なのは、『クマのプーさん』『プー横丁にたった家』の2冊。

2冊を読んでみて、プーさんが大好きになった!もっと、プーさんやクリストファー・ロビンの世界に浸りたい!って思ったら、次にあげる本を読んでみるのもおすすめ。

A.A.ミルン作、E.H.シェパード絵、の作品は他にもあるよ。

6.A.A.ミルン×E.H.シェパードによる詩集

左『クリストファー・ロビンのうた』
右『クマのプーさんとぼく』
いずれもA.A.ミルン作、E.H.シェパード絵、小田島雄志・小田島若子訳、河出書房新社、2018年

『クリストファー・ロビンのうた』(原題”When We Were Very Young”)『クマのプーさんとぼく』(原題”Now We Are Six”)は、A.A.ミルンによる詩集

2冊ともに、E.H.シェパードの挿絵がふんだんに盛り込まれ、「クマのプーさん」シリーズの世界をより深く味わえる。

この2冊の詩集は、日本では1978~1979年にかけて、小田島雄志・小田島若子訳で晶文社より刊行された。

現在は、河出書房新社より新装復刊されている。

『クリストファー・ロビンのうた』

『クリストファー・ロビンのうた』A.A.ミルン作、E.H.シェパード絵、小田島雄志・小田島若子訳、河出書房新社、2018年

『クリストファー・ロビンのうた』(1924年)は、プーさんシリーズの第1作目として知られている。

A.A.ミルンは、息子のクリストファー・ロビンが3歳になるころに子どもの詩を書き始めた。

その詩をまとめたのがこの詩集。

「クマのプーさん」の原型と言えるような「テディ・ベア」という詩もこの中にある

童謡としても親しまれていた!

引用元:When We Were Very Young LP- SIDE A/ lestatsluver666

こちらは、1957年にリリースされた”When We Were Very Young”の童謡集のレコード。

A.A.ミルンが創作した詩がそのまま歌われている。

音楽がつくととても親しみやすい。

ジャケットには、プーさんに似たクマもいるね。

『クリストファー・ロビンのうた』132ページ。

『クマのプーさんとぼく』

『クマのプーさんとぼく』A.A.ミルン作、E.H.シェパード絵、小田島雄志・小田島若子訳、河出書房新社、2018年

1926年刊行の『クマのプーさん』の大ヒットに続いて刊行されたのが、次の詩集『クマのプーさんとぼく』。(1927年)

『クリストファー・ロビンのうた』より少し成長した子どもたちが描かれた今作では、「クマのプーさん」もしっかり登場。

『クマのプーさんとぼく』152ページ。

詩集ポイント

  • 『クマのプーさん』『プー横丁にたった家』愛読者が、より深くA.A.ミルンとE.H.シェパードの世界を味わえる
  • クリストファー・ロビンの気持ちになれる
  • 詩や童謡が好きな人向け

7.四作を一冊で!永久保存版

『クマのプーさん全集―おはなしと詩』A.A.ミルン作、E.H.シェパード絵、石井桃子訳、岩波書店、1997年

A.A.ミルン作、E.H.シェパード絵の4冊が1冊に収められたのが、1997年に岩波書店から刊行された『クマのプーさん全集―おはなしと詩』

この本のスペシャルなところは、「クマのプーさん」の物語を、E.H.シェパードのカラー挿絵で、余すところなく楽しめるところ。

岩波少年文庫と河出書房新社で1冊ずつそろえても、このカラー挿絵は見ることができないんだよね。

とても重たいので、家に1冊おいて楽しむ用。

『クマのプーさん全集―おはなしと詩』432ページ。

全集ポイント

  • A.A.ミルンとE.H.シェパードの共作をあますところなく楽しめる
  • E.H.シェパードのカラーイラスト

遺族が認めた正当な続編

8.『プーさんの森にかえる』

2009年に刊行されたのは、「クマのプーさん」の正式な続編とされる『プーさんの森にかえる』(原題”Return to The Hundred Acre Wood”)。

日本では2010年、こだまともこ訳で小学館より刊行された。

正当な続編とはいっても、もちろん作者はA.A.ミルンとE.H.シェパードではない。

現在作家として活躍するディヴィッド・ベネディクタスによる物語

『プー横丁にたった家』で、クリストファー・ロビンが森からいなくなってから80年後の舞台に描かれている。

児童向けの単行本とはいっても、字は小さめで感じも多く、大人もすんなり読める。

マーク・バージェスの絵は、E.H.シェパードの画風を踏襲しており、オールカラー

271ページ。

9.『世界一のクマのお話 クマのプー』

2016年、『クマのプーさん』刊行90周年の年に刊行されたのが、『世界一のクマのお話 クマのプー』

こちらも正当な続編とされている。

イギリスで活躍する4人の児童文学作家が書き下ろす、春夏秋冬の4つの物語

オールカラーの絵を手がけたのは、『プーさんの森にかえる』につづきマーク・バージェス。

翻訳は、角川文庫で『クマのプー』『プー通りの家』の翻訳を手掛けた森絵都

208ページ。電子書籍版あり。A.A.ミルン原案、E.H.シェパード企画・原案・デザイン、ポール・ブライト/ブライアン・シブリー/ジーン・ウィリス/ケイト・ソーンダズ著、KADOKAWA

続編ポイント

  • プーさんたちのその後を読める
  • プーさんを読んで育った児童文学作家たちが書くプーさんを読める

絵本

E.H.シェパードのカラーの絵をじっくり味わいたいなら、絵本がおすすめ。

岩波書店からは、『クマのプーさん』『プー横丁にたった家』から、選りすぐったお話を、1冊ずつ絵本にしたものが刊行されている。

10.選りすぐりの三話を一冊の絵本で

『絵本 クマのプーさん』(原題”The Pooh Story Book”)は、1965年に刊行された大型絵本。

日本では1968年に刊行された。

E.H.シェパードが描いたプーさんの挿絵は、『クマのプーさん』初版の1926年のときはモノクロだった。

その後、カラーや描き直し、描き下ろしの挿絵のバリエーションも増えていった。

『絵本 クマのプーさん』は、新たに描き直されたカラーイラスト

岩波少年文庫と絵を見比べてみるのもおもしろそう。

『クマのプーさん』『プー横丁にたった家』から、次の3つのお話を選んで収めた楽しい絵本。

  • 「プー横丁にイーヨーの家がたつお話」(『プー横丁にたった家』より)
  • 「コブタが、ぜんぜん、水にかこまれるお話」(『クマのプーさん』より)
  • 「プーが、あたらしい遊戯を発明して、イーヨーが仲間にはいるお話」(『プー横丁にたった家』より)

78ページ。

11.「クマのプーさんえほん」全15冊

左『プーのはちみつとり』
中央『プーあなにつまる・ふしぎなあしあと』
右『プーのゾゾがり』
いずれもA.A.ミルン(著)、E.H.シェパード(絵)、石井桃子(訳)、岩波書店、1982年

1982年から、岩波書店より刊行された『クマのプーさんえほん』は、全15冊のシリーズ絵本。

E.H.シェパードのカラーイラストが豊富。

  1. プーのはちみつとり(『クマのプーさん』より)
  2. プーあなにつまる・ふしぎなあしあと(『クマのプーさん』より)
  3. プーのゾゾがり(『クマのプーさん』より)
  4. イーヨーのたんじょうび(『クマのプーさん』より)
  5. カンガとルー 森にくる(『クマのプーさん』より)
  6. プーのほっきょくたんけん(『クマのプーさん』より)
  7. コブタと大こうずい(『クマのプーさん』より)
  8. プーのたのしいパーティー(『クマのプーさん』より)
  9. イーヨーのあたらしいうち(『プー横丁にたった家』より)
  10. トラーのあさごはん(『プー横丁にたった家』より)
  11. トラー木にのぼる(『プー横丁にたった家』より)
  12. プーあそびをはつめいする(『プー横丁にたった家』より)
  13. ウサギまいごになる(『プー横丁にたった家』より)
  14. コブタのおてがら(『プー横丁にたった家』より)
  15. フクロのひっこし(『プー横丁にたった家』より)

1冊ごとに1話完結でお値段もお手頃なので、好きなお話だけ読んでみることもできる。

子どもが初めて読むのにも最適。

一部品切れあり。

12.「はじめてのプーさん」全3冊

2016年に岩波書店より刊行されたのは、「クマのプーさんえほん」シリーズより3冊をリニューアルした「はじめてのプーさん」シリーズ。

次の3話を新しい装丁の絵本で読むことができる。

  • プーのはちみつとり
  • イーヨーのあたらしいうち
  • プーあそびをはつめいする

最晩年のE.H.シェパードによる彩色原画を挿絵に採用している。

13.100年後も読まれる名作

KADOKAWAの「100年後も読まれる名作シリーズ」は、『物語ガイドまんが』『カラー絵+ポスター』『読書感想文の書きかた』を盛り込んだ小学生向けのシリーズ。

pattyのオールカラーイラストと、柏葉幸子による編集と翻訳で、物語のおもしろいところだけを集めているので、さくさく読める。

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』の著者、坪田信貴が教える『読書感想文の書きかた』がついているところがおもしろい。

148ページ。電子書籍版あり。小学校低中学年向け。KADOKAWA、2017年

絵本・児童書ポイント

  • ふだん小説を読まない、活字が苦手な人も読みやすい
  • イラストがたくさんある
  • 解説やコラムつきのものもある
  • 字が大きい
  • あらすじとみどころをわかりやすい
スポンサーリンク

『クマのプーさん』関連映画

児童文学として誕生した『クマのプーさん』だけど、現在は映画やアニメなど、いろんな形で親しまれているよね。

代表的な映画やアニメを紹介するね。

14.『グッバイ・クリストファー・ロビン』

引用元: 『グッバイ・クリストファー・ロビン』プロモーション映像/20世紀フォックス ホーム エンターテイメント

映画『グッバイ・クリストファー・ロビン』(原題”Goodbye Christopher Robin”)は、2017年に公開されたA.A.ミルンの伝記映画。

原作は、生前のクリストファー・ロビンが唯一執筆を許可した作家、アン・スウェイトによる伝記。

第一次世界大戦により心に深い傷を負ったミルンと妻・ダフネ、後に生まれるクリストファー・ロビンとナニーのオリーブが織りなす物語。

『クマのプーさん』誕生の経緯と、成功の影で家族が味わった矛盾する思いが描かれている。

A.A.ミルンが大人気だった「クマのプーさん」シリーズを4作で打ち切ることにした経緯や、ミルンとクリストファーの親子関係についてもわかる。

日本では劇場公開はされていないが、ブルーレイ&DVDの発売や動画配信されている。

原作本

ブルーレイ&DVD

宅配レンタル

宅配レンタルサイト『グッバイ・クリストファー・ロビン』取り扱い
TSUTAYA DISCAS〇(作品ページ)
【DMM.com】DVD&CDレンタル〇(作品ページ)
ゲオ宅配レンタル〇(作品ページ)

動画配信サイト

動画配信サイト『グッバイ・クリストファー・ロビン』取り扱い
Amazonビデオ〇(作品ページ)
楽天TV〇(作品ページ)
U-NEXT〇(作品ページ)
Hulu×
dTV〇(作品ページ)
TSUTAYA TV〇(作品ページ)
DMM見放題CHライト〇(作品ページ)※単品
ビデオマーケット〇(作品ページ)
【フジテレビオンデマンド】〇(作品ページ)
Netflix×

ポイント

映画『グッバイ・クリストファー・ロビン』は、A.A.ミルンやクリストファー・ロビンの人生、『クマのプーさん』誕生秘話を知りたいときにおすすめ!

映画『グッバイ・クリストファー・ロビン』公式サイト

15.ディズニーアニメ『くまのプーさん』

引用元:「くまのプーさん/完全保存版 MovieNEX」予告/ディズニー公式サイト 

「プーさん」といえば、ディズニーアニメの『くまのプーさん』を思いうかべる人は多い。

ももちんも、子どものころにもっていたぬいぐるみはディズニーのプーさんだった。

ディズニーは、はじめに「くまのプーさん」のアニメを発表したのは1966年の短編映画『プーさんとはちみつ』だった。

つづいて1968年に『プーさんと大あらし』1974年に『プーさんとティガー』が発表された。

今回紹介している『くまのプーさん/完全保存版』は、この3作を収録したもの。

これ以降もディズニーはたくさんの「くまのプーさん」のアニメ映画を制作しているが、原作とは全く関係のないオリジナルストーリーのものも多い。

ブルーレイ&DVD

宅配レンタル

宅配レンタルサイト『クマのプーさん 完全保存版』取り扱い
TSUTAYA DISCAS×
【DMM.com】DVD&CDレンタル〇(作品ページ)
ゲオ宅配レンタル〇(作品ページ)

動画配信サイト

動画配信サイト『クマのプーさん 完全保存版』取り扱い
Amazonビデオ×
楽天TV〇(作品ページ)
U-NEXT〇(作品ページ)
Hulu×
dTV〇(作品ページ)
TSUTAYA TV×
DMM見放題CHライト〇(作品ページ)※単品
ビデオマーケット〇(作品ページ)
【フジテレビオンデマンド】×
Netflix×

ポイント

ディズニーアニメ『クマのプーさん 完全保存版』は、本の世界をアニメや歌で楽しみたいときにおすすめ!

映画『クマのプーさん 完全保存版』ディズニー公式サイト

16.『プーと大人になった僕』

引用元: 「プーと大人になった僕」MovieNEX 予告編/ディズニー公式サイト 

映画『プーと大人になった僕』(原題”Christopher Robin”)は、2018年にアメリカで後悔されたファンタジー映画。

原作は、A.A.ミルンの児童文学『クマのプーさん』と、ディズニーアニメシリーズ『くまのプーさん』をミックスしている。

親友のクマのプーや仲間たちと別れて長い年月が経ち、大人になったクリストファー・ロビンが主人公。

仕事人間となっていたクリストファー・ロビンは、プーと再会し、大切なことを思い出しはじめる。

ブルーレイ&DVD

宅配レンタル

宅配レンタルサイト『プーと大人になった僕』取り扱い
TSUTAYA DISCAS〇(作品ページ)
【DMM.com】DVD&CDレンタル〇(作品ページ)
ゲオ宅配レンタル〇(作品ページ)

動画配信サイト

動画配信サイト『プーと大人になった僕』取り扱い
Amazonビデオ〇(作品ページ)
楽天TV〇(作品ページ)
U-NEXT〇(作品ページ)
Hulu×
dTV〇(作品ページ)
TSUTAYA TV〇(作品ページ)
DMM見放題CHライト〇(作品ページ)※単品
ビデオマーケット〇(作品ページ)
【フジテレビオンデマンド】×
Netflix×

ポイント

映画『プーと大人になった僕』は、『クマのプーさん』の世界をリアルなキャラクターや美しい映像で楽しみたいときにおすすめ!

映画『プーと大人になった僕』ディズニー公式サイト

まとめ

『クマのプーさん』特徴別のおすすめをあげていくね。

  1. ベーシックな1冊なら岩波少年文庫
  2. 大人が読みやすい文庫本なら角川文庫
  3. シリーズ読みたいなら詩集も読んでみよう
  4. 近年刊行された公式な続編
  5. 絵本でE.H.シェパードのカラーイラストを堪能
  6. 映画も見てみよう

「クマのプーさん展」について知りたいなら、こちらの記事をどうぞ。

おすすめ
クマのプーさん展2019感想。充実の展示!本を読んでなかったと後悔。

東京・渋谷のBunkamuraで開催中の「クマのプーさん展」に行ってきた。 絵本や児童文学、クマ、イギリス、雑貨好きなら間違いなくハマる展示。 一つ惜しかったのは、肝心の『クマのプーさん』を読んでなか ...

続きを見る

スポンサーリンク

Kindleまとめ

そもそも電子書籍って何?っていうところから、Kindleアプリの操作、Kindle Unlimitedまで、Kindleの記事をまとめたよ。

関連記事と広告

-まとめ記事(児童文学), まとめ記事(絵本)
-

Copyright© ももちんの書評情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.