『フランケンシュタイン』15作品比較。文庫・映画など特徴まとめ!

投稿日:2018年12月10日 更新日:


『フランケンシュタイン』は、イギリスの女流作家メアリー・シェリーが10代で書いた名作。

現在さまざまな出版社から刊行されているので、特徴別にまとめてみた。

  1. 文庫はどれもおすすめ!ももちんが読んだのは光文社古典新訳文庫
  2. 無料で読める電子書籍は宍戸儀一訳
  3. 豊富な挿絵やわかりやすさを求めるなら「痛快世界の冒険文学」
  4. ホラー的怖さを堪能したいなら伊藤潤二の漫画
  5. 映画5作品

こんな方におすすめ

  • 『フランケンシュタイン』を読んでみたいけど、どれを選んだらいいか迷っている。
  • それぞれの翻訳の特徴を知りたい。

 

スポンサーリンク

小説『フランケンシュタイン』をざっくり紹介。

『フランケンシュタイン』(1831年改訂版)の内表紙[public domain]

小説『フランケンシュタイン』(原題”FRANKENSTEIN;OR,THE MODERN PROMETHEUS”「フランケンシュタインまたは現代のプロメテウス」)は、イギリスの女流作家・メアリー・シェリーにより、1818年に刊行された。

1831年、第三版の刊行にあたり、メアリー・シェリー自身により大幅な改稿が加えられた。

現在一般的なのは、この1831年の改訂版。

日本では、1948年、山本政喜訳により、『巨人の復讐 フランケンシュタイン』として新人社(のち角川文庫)より刊行された。

現在に至るまで、「フランケンシュタイン」の名が含まれた映画は30作以上制作され、舞台化・アニメ化も多くされている。

メアリー・シェリー紹介

『フランケンシュタイン』感想。早熟の天才メアリーシェリーの怪奇小説

シェリー 小林章夫:訳『フランケンシュタイン』/光文社古典新訳文庫 小説『フランケンシュタイン』はイギリスの女流作家メアリー・シェリーが10代で書いた名作。 怖いイメージしかなかったけど、小説を読んで ...

続きを見る

 

1.文庫でお気に入りの訳を見つけよう

『フランケンシュタイン』は文庫版で複数刊行されている。

それぞれ電子書籍も出ているので、読書スタイルに合わせて読める。

自分に合った翻訳を1冊を見つけてみよう。

 

小林章夫訳(光文社古典新訳文庫)

シェリー 小林章夫:訳『フランケンシュタイン』/光文社古典新訳文庫

光文社古典新訳文庫は、2006年に創刊された文庫レーベル。

文学作品から哲学書まで、古典と呼ばれる作品を現代の読者にも読みやすい日本語で新訳するのがコンセプト。

電子書籍の無料サンプルで複数の文庫に目を通したんだけど、この小林章夫訳が一番ひっかかりがなく、読みやすかった。

フランケンシュタインの語り口が「です、ます」調であることも特徴。

巻末には20ページほど解説・作者年譜などが掲載されている。

423ページ。光文社、2010年。電子書籍版あり。Kindle Unlimited対象書籍(2018年12月現在)

「命を受けた日よ、呪いあれ」おれは苦痛にあえいで叫んだ。

「呪われし創造主よ!おまえすらも嫌悪に目を背けるようなひどい怪物を、なぜつくりあげたのだ?」

引用元:シェリー 小林章夫:訳『フランケンシュタイン』/光文社古典新訳文庫

この本の感想

『フランケンシュタイン』感想。早熟の天才メアリーシェリーの怪奇小説

シェリー 小林章夫:訳『フランケンシュタイン』/光文社古典新訳文庫 小説『フランケンシュタイン』はイギリスの女流作家メアリー・シェリーが10代で書いた名作。 怖いイメージしかなかったけど、小説を読んで ...

続きを見る

 

芹澤恵訳(新潮文庫)

新潮文庫の『フランケンシュタイン』は、2014年に刊行された新訳。

まず、表紙絵に惹きつけられる。繊細な幻想絵で名高い建石修志によるもの。

翻訳を手掛けたのは、創元推理文庫の「フロスト」シリーズの翻訳が有名な芹澤恵。

美しく巧みな日本語表現を味わいたい人におすすめ。

456ページ。新潮社、2014年。電子書籍版あり。

創造主よ、わたしを土塊から人の姿に創ってくれと頼んだことがあったか?

わたしを暗黒から起こしてくれと願ったことがあったか?

『失楽園』第十巻七四三七四五行

引用元:シェリー 芹澤恵:訳『フランケンシュタイン』/新潮文庫

 

田内志文訳(角川文庫)

角川文庫の『フランケンシュタイン』は、2015年に刊行された新訳。

どうしても、BL風の表紙に目が行ってしまう(笑)この表紙の怪物なら普通にかっこいいと思う。

翻訳は、ベストセラー『Good Luck』の翻訳でも知られる、田内志文。

名訳がそろう『フランケンシュタイン』翻訳者の中でも最も若い。

他の文庫より、難しい漢字や言い回しが多い。

393ページ。KADOKAWA、2015年。電子書籍版あり。

創り主よ、私は土塊から人の姿に創りたまえとあなたに願ったろうか?

闇の底から導きたまえとあなたにすがったろうか?

『失楽園』より

引用元:シェリー 田内志文:訳『新訳 フランケンシュタイン』/角川文庫

 

森下弓子訳(創元推理文庫)

創元推理文庫は、日本最初のミステリ専門文庫として1959年に創刊された文庫レーベル。

『フランケンシュタイン』は、1984年、森下弓子訳で刊行された。

現在刊行されている文庫の中では最も古い訳だが、美しく読みやすい。

巻末に掲載された翻訳家・新藤純子による解説が充実しているのも特徴。

329ページ。東京創元社、1984年。電子書籍版あり(解説なし)。

土くれからわたしを、創り主よ、人の姿に創ってくれとわたしがあなたに求めたろうか?

暗黒より起こしてくれと、あなたにお願いしただろうか?――『失楽園』第十巻七四三―五行

引用元:シェリー 森下弓子:訳『フランケンシュタイン』/創元推理文庫

 

文庫のココがおすすめ

  • 気軽に読めるサイズと値段
  • 翻訳で選べる
  • 電子書籍でも読める

 

スポンサーリンク

2.電子書籍だけで読める

『フランケンシュタイン』は、電子書籍でしか読めないものもある。

名訳を無料で読める電子書籍もあるので、電子書籍未体験の人も、これを機にチャレンジしてみては?

 

宍戸儀一訳(Kindle青空文庫)

1953年に日本出版協同より刊行された宍戸儀一翻訳の『フランケンシュタイン』を、Kindleで無料で読むことができる。

『フランケンシュタイン』本編のみならず、訳者による『はしがき』『著者について』も、無料で読むことができる。

電子書籍版のみ。無料。

「おれが生を享けた憎むべき日よ!呪われた創造者よ!おまえでさえ嫌って顔をそむけるような醜い怪物をどうしてつくったのだ?」

引用元:シェリー 宍戸儀一:訳『フランケンシュタイン』/Amazon

 

山本政喜訳

山本政喜は、ディケンズ『大いなる遺産』など、数々の古典の翻訳を手掛けた英文学者。

1948年、日本で最初に『フランケンシュタイン』を翻訳、『巨人の復讐 フランケンシュタイン』(新人社)として刊行した。

1968年角川文庫より刊行、1994年同じく角川文庫より改版が刊行された。

現在は電子書籍のみで読むことができる。

電子書籍版のみ。

「おれが生命を受けた日は憎むべき日だ!呪われた創造者よ!自分ですらいやになって顔をそむけるような、そんな怪物をどうしてつくったのか?」

引用元:シェリー 山本政喜:訳『フランケンシュタイン』/KADOKAWA

 

電子書籍ココがおすすめ

  • 場所を取らない
  • 無料で読めるものもある
  • 電子書籍でしか読めないめずらしいものを読める

 

3.活字が苦手な人でも読みやすい!児童向け

『フランケンシュタイン』は子ども向けに、挿絵や解説、漫画も刊行されている。

子どもが読む本と侮ってはいけない。

実は、活字が苦手な大人にもおすすめなんだよね。

 

痛快世界の冒険文学

『痛快世界の冒険文学3 フランケンシュタイン』山中恒(文)シェリー(原作)高橋常政(絵)講談社、1997年

講談社「痛快世界の冒険文学」シリーズは、古今東西の冒険文学の名作を、小学生にも読みやすいように書き直した児童文学シリーズ

眉村卓、阿刀田高、伊集院静など、名だたる執筆陣が文を手がけ、児童向けとはいっても、大人にも十分読みごたえがある。

『フランケンシュタイン』を手がけた山中恒は、児童文学のほか、脚本・作詞などでも活躍。

特徴は、シェリー作の『フランケンシュタイン』を、現代のいじめられっ子の少年が読み直すというオリジナル設定。

100ページに及ぶ第一部は、怪物の前世の記憶を、少年が催眠療法で語る。

読みごたえがあり、『フランケンシュタイン』の物語が一層楽しめるように仕立てられている。

330ページ。山中恒・文。高橋常政・絵。講談社、1997年。電子書籍版あり。

ーおれを造ったビクター・フランケンシュタインにのろいあれだ!

どうして、おれはこんなにも、つらい思いまでして、生きていかねばならないのだ?

引用元:『痛快世界の冒険文学3 フランケンシュタイン』山中恒(文)シェリー(原作)高橋常政(絵)講談社、1997年

 

子どものための世界文学の森

集英社「子どものための世界文学の森」は、子どものうちに、ぜひ読んでおきたい世界の名作40編を精選。

作品理解を深めるために、ページの余白に用語解説や、カラー挿絵をふんだんに掲載。

『フランケンシュタイン』は、全40巻のうち第32巻。

翻訳は、絵本や児童文学の翻訳を数多く手掛ける吉上恭太。

千葉淳生の挿絵は迫力があり、飽きずに最後まで読める。

小学校中学年以上向け。141ページ。吉上恭太訳。千葉淳生絵。集英社、1994年。

おれは思わずさけんだ。

「生みの親よ、自分でも顔をそむけるような、みにくい怪物を、なぜつくったのだ!」

引用元:シェリー 吉上恭太:訳『子どものための世界文学の森32 フランケンシュタイン』/集英社

 

児童書ココがおすすめ

  • イラストがたくさんある
  • 解説やコラムつきもある
  • 大きな字の本が多い
  • あらすじとみどころをわかりやすく知れる

 

4.ホラー漫画で読む!

『フランケンシュタイン』を漫画で読みたい人におすすめなのが、伊藤潤二の漫画。

平成ホラー漫画界のカリスマと言われる伊藤潤二作品は、ももちんも小学生のころからめっちゃ読んでた。

『フランケンシュタイン』は無料サンプルしか読んでないんだけど、始まりからばっちり小説のシーンと重なっているので、しっかり描かれているのではないかなぁと思う。

怪物のビジュアルをちゃんと見たい人や、ホラー的な怖さを味わいたい人に漫画はおすすめ。

185ページ。朝日新聞出版、2018年。電子書籍版のみ。

 

漫画ココがおすすめ

  • 活字が苦手人も読みやすい
  • ふだんの読書は漫画がメインの人が親しみやすい
  • 怪物のビジュアルを見れる

 

スポンサーリンク

 

5.映画

怪奇小説として誕生した『フランケンシュタイン』だけど、映画化されてから、一般的に知られるようになった。

『フランケンシュタイン』をよく知ることができる代表的な映画を紹介するね。

 

【2018年12月公開】『メアリーの総て』

引用元:映画『メアリーの総て』公式サイト

 

『フランケンシュタイン』を書いたメアリー・シェリーをモデルにした映画が、2018年12月に公開される。

メアリー・シェリー自身、17歳で駆け落ち、18歳で出産、相次ぐわが子の死と、波乱万丈の人生を駆け抜けた人だった。

そんなメアリー・シェリーをエル・ファニングがどんな感じで演じているのか、興味深い。

映画『メアリーの総て』公式サイト

『メアリーの総て』感想

映画『メアリーの総て』感想。フランケンシュタイン著者の人生を描く

『メアリーの総て』は、怪奇小説『フランケンシュタイン』の著者、メアリー・シェリーの人生を描いた映画。 エル・ファニングが、情熱的で聡明な美少女メアリー・シェリーを演じている。 『フランケンシュタイン』 ...

続きを見る

 

1931年映画『フランケンシュタイン』

1931年映画『フランケンシュタイン』ポスター[public domain]

映画『フランケンシュタイン』(原題:Frankenstein)は1931年アメリカで公開された。

世界的に大ヒットし、全8作にわたりシリーズ化された。

続編の『フランケンシュタインの花嫁』(1935年)は現在でもDVDでみることができる。

ボリス・カーロフの怪演も有名になり、3作目『フランケンシュタインの復活』(1939年)までモンスター役をつとめた。

参考:Wikipedia

 

1957年映画『フランケンシュタインの逆襲』

1957年映画『フランケンシュタインの逆襲』1シーン。[public domain]

映画『フランケンシュタインの逆襲』(原題:The Curse of Frankenstein)は1957年イギリスで公開された。

今作のヒットにより、『フランケンシュタイン』全6作にわたるシリーズとなった。

監督のテレンス・フィッシャーはホラーの名匠として知られ、『吸血鬼ドラキュラ』(1958年)などの監督もつとめた。

参考:Wikipedia

 

1973年映画『真説フランケンシュタイン』

映画『真説フランケンシュタイン』(原題:Frankenstein: The True Story)は1973年アメリカでテレビ映画として放映された。

3時間超の映画だが、日本では短縮吹替版がテレビ放映された。

『ロミオとジュリエット』(1968年)のレナード・ホワイティング、『007 死ぬのは奴らだ』(1973年)でボンドガールを演じたジェーン・シーモアなど、当時の豪華スタッフ&キャストが集結している。

参考:Wikipedia

 

1994年映画『フランケンシュタイン』

映画『フランケンシュタイン』(原題:Frankenstein)は1994年アメリカで公開された。

巨匠フランシス・フォード・コッポラが『ドラキュラ』(1992)に続き製作したゴシック・ホラー。

監督・主演はケネス・ブラナー、モンスター役はロバート・デ・ニーロ。

終盤でヴィクターの手によって女性のクリーチャーも創造されるという、映画オリジナルの展開がある。

参考:Wikipedia

 

2015年映画『ヴィクター・フランケンシュタイン』

引用元:20世紀フォックスエンターテイメント公式サイト

 

映画『ヴィクター・フランケンシュタイン』(原題:Victor Frankenstein)は2015年アメリカで公開された。

主演は『ナルニア国物語/第1章: ライオンと魔女』(2005年)のジェームズ・マカヴォイと『ハリー・ポッター』シリーズ(2001~2011年)のダニエル・ラドクリフ。

今作のポイントは、ヴィクターの助手として登場するイゴール(ラドクリフ)。

優しい性格のイゴールは、ヴィクターの病的な研究への情熱を心配しながらも、ついには共同で怪物を生み出してしまう。

スター俳優が出演しているものの、日本では劇場公開はされず、DVD公開となった。

参考:Wikipedia

 

まとめ

この中でもおすすめをあげていくね。

  1. 文庫はどれもおすすめ!ももちんが読んだのは光文社古典新訳文庫
  2. 無料で読める電子書籍は宍戸儀一訳
  3. 豊富な挿絵やわかりやすさを求めるなら「痛快世界の冒険文学」
  4. ホラー的怖さを堪能したいなら伊藤潤二の漫画
  5. 映画5作品

あなたにとってのとっておきの1冊を見つけてね!

 

小説『フランケンシュタイン』のあらすじや感想を知りたい人は、こちらの記事をどうぞ。

おすすめ
『フランケンシュタイン』感想。早熟の天才メアリーシェリーの怪奇小説

シェリー 小林章夫:訳『フランケンシュタイン』/光文社古典新訳文庫 小説『フランケンシュタイン』はイギリスの女流作家メアリー・シェリーが10代で書いた名作。 怖いイメージしかなかったけど、小説を読んで ...

続きを見る

スポンサーリンク

Kindleまとめ

そもそも電子書籍って何?っていうところから、Kindleアプリの操作、Kindle Unlimitedまで、Kindleの記事をまとめたよ。

関連記事と広告

-まとめ記事(児童文学)
-

Copyright© ももちんの書評情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.