乳がん

初めての布ナプキン、タイプと素材の特徴。おすすめはこれ!

更新日:

布ナプキンって、初めて購入するとき、どうやって選んだらいいか迷うよね…

布ナプ歴3年のももちんがおすすめするのは、ホルダー組み合わせタイプ。素材は、肌に当たる面はシルクがいい。

今回は、布ナプキンをタイプ別・素材別に、それぞれのメリット、デメリットも踏まえてお伝えするね。

  1. タイプは、ホルダー組み合わせ型がおすすめ。
  2. ライナータイプ、使い捨てタイプもある。
  3. 素材は、肌に当たる面はシルク推し。
スポンサーリンク

タイプ別・メリットとデメリット

布ナプキンは、基本的に「クリップオンタイプ」の「ホルダー型」か「一体型」を使用するよ。

「クリップオンタイプ」とは、両端に付いたスナップなどでショーツに固定するタイプ。

市販の羽根つきの紙ナプキンと一緒で、羽根の部分がスナップでとめられるようになっている。

①おすすめは、ホルダー組み合わせタイプ

画像:アンダーホルダー+シルク小判布ナプキン/あるでばらん楽天市場店

ホルダー型は、ハンカチタイプやパッドタイプの布ナプキンと、ホルダー(本体)を組み合わせて使うタイプ。

ホルダーにスナップがついているので、ズレたり落としたりする心配はない。

ホルダー型の特徴

  • 替えの布ナプキンをホルダーから取り外しできるので、荷物の量が減る。
  • 替えの布ナプキンのみ買い替えができる。
  • ポケットタイプは取り替えに少し手間がかかる。
  • 厚みが出やすく、アウターに響きやすい。

ホルダー

ホルダーは、布ナプキンを固定するタイプで分かれているよ。

リボンタイプ、ポケットタイプ、スナップタイプなどあるので、自分に合ったものを選ぼう。

画像:アンダーホルダー+シルク小判布ナプキン/あるでばらん楽天市場店

リボンタイプは、写真のように、ホルダーの前後にリボンが縫ってあって、リボンの下に布ナプキンを差し込むタイプ。

布ナプキンの取りかえが簡単なのと、経血がホルダーにつきづらいのがメリット。

ももちんもこのタイプを使っているよ。

画像:nunonapu.jp

ポケットタイプは、ホルダーの前後に布が縫ってあってポケット状にしてある。

このポケットに、布ナプキンを差し込む形だよ。

リボン型に比べて、布ナプキンのホールド力があって一体感がある。

デメリットは、ホルダーに経血がつきやすいことと、取り替えるとき、布ナプキンをポケットに入れるのが手間なこと。

ホルダーと合わせて使おう!ハンカチタイプ&パットタイプ

画像:シルク布ナプキンにネルを重ねて/あるでばらん楽天市場店

ホルダーに差し込む布ナプキンの形もさまざま。

四角い形の布ナプキンは、ハンカチタイプ、またはプレーンタイプとも呼ばれる。

その名のとおり四角いまっさらなタイプで、びょうぶだたみや三つ折りにして使う。

大きい分かさばるけど、吸収力があるので、ももちんはこっちを使ってる。

 

ネル布ナプキン パッド生成り2枚組み

パッドタイプは、数枚重ねて、ハンカチタイプの布ナプキンで包んでセットするのに使うよ。

ハンカチタイプだけで用は足りるけど、かさばるのが嫌な人は、パッドタイプで、経血量に合わせて重ねる枚数を減らせば、さらに快適に使える。

ハンカチタイプ、パッドタイプともに、スナップなどはついていない。

単品ではショーツに固定できないので、基本的にはホルダー型とセットで使おう。

②これ1枚でOK!一体型

一体型は、ナプキン本体に吸水シート・防水シートが内蔵されていて、一枚で使えるタイプ。

布の厚みが比較的少なく、アウターに響きにくい。

一体型の特徴

  • 一枚でサッと使えるため、取り替えの手間が少ない。
  • かわいい色柄のものが多い。
  • 数時間ごとに、まるごと取り替えるため、荷物の量が増える。
  • 比較的薄手で、アウターに響きにくい。
  • 防水シート・薄型吸収体で、比較的蒸れやすい。
  • 生地や吸収体が何層にも重なっているため、汚れが落ちにくく、洗濯後かわきにくい。

ももちんは、初めて布ナプキンを使ったとき、この一体型を使って挫折した。

出かけるとき、一体型を何個も持ち歩いて、使用後も持ち歩かなくちゃいけない。

あと、やっぱり洗濯がしづらかったな。

タイプ別比較表

比較ポイント ホルダー組み合わせ型 一体型 市販の紙ナプキン
取り換えの手間 ★★★☆☆ ★★★★★ ★★★★★
荷物の量 ★★★☆☆ ★★☆☆☆ ★★★★☆
アウターへの響きやすさ ★★★☆☆ ★★★☆☆ ★★★★☆
蒸れ ★★★★★ ★★★★☆ ★★☆☆☆
臭い ★★★★★ ★★★★☆ ★★☆☆☆
洗濯時の汚れ落ち・乾きやすさ ★★★★★ ★★☆☆☆
価格帯 初期費用約1万円 初期費用約1万円 月1000円弱

※評価はももちんの主観です。

初めて布ナプにするにしても、やっぱりホルダーに布ナプをセットするタイプをおすすめするよ。

こうしてみると、市販の紙ナプキンの手軽さはありがたいよね。

広がるバリエーション!

①ライナー用布ナプキン

シルクライナー茜/ライナー アルデバラン 冷えとり

布ナプキンは、生理の時以外でも、ライナーとして使えるものがたくさん販売されているよ。

ライナーとしてなら、外出先で替える心配もないので、気軽に使える。

あと、生理になりそうなとき、終わりかけのときも、薄くて小さいライナーで事足りる。

たいていは羽根つきで、スナップでショーツに固定するタイプのものが多い。

お気に入りを探してみよう。

こんな人におすすめ

  • ふだん使っているパンティライナーを、布ナプキンに変えたい。
  • 生理の前後など、経血量がごく少ないときは、薄くて小さい布ナプキンを使いたい。

②使い捨て布ナプキン

画像:womwarm公式通販サイト

使い捨ての布ナプキンは、市販の紙ナプキンの上にしいて使う、布ナプキン。

いつも使っている市販の紙ナプキンの上に、ネルでできた薄い布ナプキンを貼り付ける。

紙ナプキンを取り替えるときに、布ナプキンも捨てる。

そして新しいのを貼り付けて使うんだ。簡単でしょ?

洗濯の必要がないのがありがたいよね。

使い捨ての布ナプキンはいくつかのメーカーが出しているけれど、両面テープが施されているものといないものがある。

よれやすいのでテープ付きをおすすめするよ。

こんな人におすすめ

  • どうしても市販の紙ナプキンの手軽さを手放せない働き女子。
  • 普段は布ナプキンだけど、旅行中や外出時に使い捨てにしたい人。
  • 市販の使い捨てナプキンのムレやにおいが気になる人。

素材別・メリットとデメリット

布ナプキンは形だけでなく、素材もさまざま。

基本的には天然繊維(綿・麻・絹)を使用しているものが多い。

それぞれの素材の特徴を見ていくよ。

①木綿(コットン)

コットンは、布ナプキンで最も使われてはるか昔から人類に親しまれてきたコットン(綿)は、吸湿性や保温性の高さが特徴の植物繊維。

コットンは肌触りが良く、しっかりと汗を吸収し通気性も良い。

ただし、他の天然繊維に比べると、乾きがおそい。

織り方や加工の仕方によってさまざまな名前で呼ばれる。

今回は布ナプキンの生地の代表格、ネル、ガーゼ、パイル、ワッフル、ニット生地についてみていくよ。

ネル

画像:あるでばらん楽天市場店

布ナプキンに使われる、もっともポピュラーな生地。片面だけ毛羽立ちされた丈夫な綿の織物。

ふかふかと起毛しているのが特徴で、吸収力抜群&あたたかみがある。

布表面が毛羽立った部分で経血を吸収し、詰まった織り目が経血を通しにくいという利点がある。

その分、通気性が少し悪いので、暑い時期の布ナプキンにはあまり向かない。

ガーゼ

ガーゼは、包帯や手術時に用いられることからもわかるように、吸収力に優れている。

軽くて柔らかく、サラッとした肌触りで、経血が肌残りしにくい。

ガーゼは目が粗い分、吸湿・通気性に優れているが、吸水力があまりなく貫通モレしやすい。

おりものや軽い日用向け。

パイル

生地の表面がループになっているのが特徴で、タオルによく使われる生地。

このループが瞬間吸収を高める。

ただし、ガーゼ同様、目が粗いので、貫通モレしやすい。

こちらもおりものや軽い日用向け。

ワッフル

ワッフル生地は、でこぼこが特徴。立体的なマス型は織ることで生地に現れる。

でこぼこのため表面積が2倍になり、水分吸収率がアップ。乾きも早い。

また肌に触れる部分が減るので、濡れた後の気持ち悪さも軽減される。

ニット生地

ニット生地は起毛がないので、とても滑らかな触り心地。

布ナプキンの肌面にすると、血液の吸収が悪く下へ血液を下ろす前に横モレすることも。

また、伸縮性がある素材なので、洗濯を繰り返すと変形してしまう恐れもある。

②絹(シルク)

シルクも、布ナプキンでは人気の素材。

シルクは、天然繊維の中でも、動物繊維に分類される。

すべすべとして光沢があり、ふんわりとした心地よさもある。

シルクは綿と比べても約1.5倍の吸湿性(吸毒)・放湿性(排毒)があると言われている。

また余分に取り入れた湿気を外気に放出する作用もあるため、身体から放出された汗も簡単に吸収・放出してくれる。

変色しやすく、生地自体の耐久性も、他の天然繊維と比べると弱い。セスキ炭酸ソーダなどアルカリ性の洗剤とは相性が悪い。

③リネン

リネンは、亜麻の繊維を原料とした生地。麻特有の、カラッとした風合いがある。

汚れ落ちもよく、蒸れ知らずのリネン生地は、布ナプキンでも人気の生地。

繰り返し洗うごとに柔らかさはいっそう増す。

他の天然繊維と比べてみても、耐久性があり、抗菌性・消臭性・吸汗速乾性などにも優れている。

繊維が固く、肌にチクチクとした刺激を感じることもある。

素材別おすすめ

どの素材もメリットとデメリットはある。

実際に使ってみた好みだけど、ももちんは肌に当たる面はシルクが好み。

コットンより経血の瞬間吸収が早い。シルクは生地が弱いといわれているけど、三年使ってもバリバリ現役。

変色は確かにあるし、洗濯にセスキ炭酸ソーダは使えないので、気をつける必要があるけどね。

中に重ねる布ナプキンは、やっぱりネルが多い。

こんどほかの生地も使ってみたいな。

まとめ

布ナプキン、タイプ別、素材別まとめ

  1. タイプは、ホルダー組み合わせ型がおすすめ。
  2. ライナータイプ、使い捨てタイプもある。
  3. 素材は、肌に当たる面はシルク推し。

初めて布ナプキンを購入するときの参考にしてね。

実際にそろえる枚数や使い方、洗い方についてはこちらの記事をどうぞ。

PC記事下

スポンサーリンク


PC記事下

スポンサーリンク


-乳がん
-

Copyright© ももちんの書評情報 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.