乳がん

30代子なし主婦乳がん闘病記⑦病院選びの決め手とステージ確定。

更新日:

30代子なし主婦ももちんの乳がん闘病記。

第7回目は、病院選び、ステージ確定の時の気持ちを書いていくよ。

  • セカンドオピニオンはどこにする?
  • 転院を決めた理由
  • ステージ確定と、その時の気持ち
ももちんの乳がん体験記って?
サイト主ももちんが2013年より体験した、若年性乳がん回想録です。2014年2月完全奏効に至り、4年7ヶ月経ちました。(2018年9月現在)

 

スポンサーリンク

1.病院選び

M先生とのお話で、もう一つ話題があった。

それは、このままY病院で治療するのか、それとも他の病院を探すのか、ということ。

M先生が提示してくれた治療の流れは、先に手術→抗がん剤というながれ。

M先生
手術の予約は、1か月後にはとれますよ。
ももちん
あー、ちょっと待ってください。。
できれば、他の病院にセカンドオピニオンを受けに行って、納得してから治療に入りたいです。
ももちん
なるべく早く、手術でしこりをとりたいけど、まだ納得できない。
M先生は信頼できるけど、他の先生の意見も聞きたい。
M先生
もちろん、セカンドオピニオンを受けるのもひとつの案です。
数週間手術を延期したからといって、病状に影響はないから、しっかり考えたら良いですよ。
ただ、山梨県内はどの病院にでもたいして変わらないので、セカンドオピニオンを受けるなら、東京の病院に行ってはどうでしょうか。
病院の希望があれば、紹介状を書きます。
ももちん
ありがとうございます。次回の検査までに考えてきます。

たいていは流されるままのももちん。

だけど、がんの治療に関わる選択は、どんな結果になっても後悔しないように、自分で納得をして、ひとつひとつ選択をした。

その初めの選択が、この病院選びだった。

地元での治療にこだわらなかった理由

病院からの帰り、さっそく本屋によって、乳がんのムックを買った。

ももちんが買ったのは、この本。

『「乳がん」といわれたら- 乳がんの最適治療2014~2015 (日経BPムック)』の、2013年版を買った。

全国の病院リストが詳しく載っていて、セカンドオピニオンはどの病院にするか決めるのに、参考になりそうだったから。

もともと、山梨の出身ではないももちんは、山梨での治療にはこだわっていなかった。

むしろ、がんという言葉にびびっていたから、イメージで、東京の経験豊富な病院の方が、最先端の治療もできそうだし、何かと安心かも。なんて思ってた。

東京に近くに夫の実家があり、東京の病院にくる場合は全面的にサポートしてくれると言ってくれたことも、心強かった。

セカンドオピニオンをS病院にした理由

ムックをひらいてみると、乳がん治療の全国の病院リストがずらりと並んでいた。

手術件数のみならず、再建or温存の比率や、術後のケア、化学療法中のケア、緩和ケア、メンタルケア・・・

さまざまな項目をみていくうちに、ガイドラインは一緒でも、治療において大切にしていることは、病院によって微妙に違うことが、わかってきた。

例えば、手術において、全摘の件数が多いのか、温存の件数が多いのかも、病院によって違う。

全摘で再発の可能性を少しでも減らそうという方針の病院。はたまた、温存で、できるだけ胸を残す方針の病院。

そういう違いが見えてくる。

リストから東京や神奈川の病院をいくつか選んで、今度はそれぞれの病院のHPをみてみた。

最終的に、ももちんがセカンドオピニオンに選んだのは、東京のS病院。

選んだポイントは、次の通り。

  • HPから伝わってくる雰囲気が明るいこと。
  • 患者同士のサークル活動が活発なこと。
  • 若年性(35歳以下)の乳がんに特化したコミュニティーがあること。
  • 同じ病院内に産科婦人科があり、妊娠を望むがん患者の診療も受け付けていること。

このとき夫は、迷ってる時間があるならY病院に決めてしまって、早く手術した方がいいという意見だった。

でもももちんは、珍しく自分の意見をゆずらず、時間をかけて吟味した。

焦って決めるより、ここで時間をとっても行きたい方を選んだ方が絶対いい、という確信があった。

治療が長引くならなおさら、山梨から東京に通うことになっても、快適な環境を妥協せずに選びたい、という気持ちがあった。

セカンドオピニオンか、転院か

さっそく、S病院にセカンドオピニオンの予約の電話をかけた。

ももちん
もしもし。セカンドオピニオンの予約を入れたいんですが。
S病院
はい、わかりました。状況を教えていただけますか?(話をする)少々お待ちください・・・セカンドオピニオンの予約は、1ヶ月先までいっぱいです。
ももちん
1ヶ月先って!Y病院に決めていれば、すでに手術しているくらいの時期じゃん!そこまではさすがに待っていられない!
ももちん
1ヶ月も待つんですか?なんとか、もう少し早めることはできませんか?(必死)
S病院
えーと、セカンドオピニオンではなく、こちらで治療を受ける前提で、初診としての予約でしたら、10日後にお取りできます。
ももちん
そうですか・・・わかりました。考えてまたご連絡します

いったん電話をきって再考。

いくら雰囲気が良さそうとはいえ、一度もいったことがないS病院に、転院を決めてしまうことには不安がある。

山梨のY病院は、M先生には信頼がおけるし、その面では安心だ。

どんな結果になろうが、後悔はしたくない。

どっちを選んだら後悔しないか。

最終的に、何の根拠もなく、一度も行ったことがないけどなんか良さげなS病院にする。と決めた。

優しかったM先生

S病院への転院を決め、数日後、Y病院に予約していたCTとMRIをしにいった。

ももちん
東京のS病院で治療を受けようと思います。
M先生
わかりました。S病院なら安心ですね。
紹介状を書きますね。
当院での病理の検査結果なども、S病院でも使えるように、資料としてお渡ししますね。
山梨に住みながら通院は東京ということでしたら、何かあったらすぐにこちらに来てもらえれば、対処できます。
副作用で気分が悪くなったりしたら遠慮なく来てくださいね。
ももちん
ありがとうございます。
ももちん
ほんと、M先生、優しいなぁ。

2.ステージ確定

このとき、まだ告知から一週間。CTの画像は、怖くて一度もみたことがない。

この日、CTとMRIの検査をした。

がんの転移がないか、全身を調べる検査。

この結果次第で、がんは転移しているのか、それともしていないのかステージが判明する。

さらっと受けたこれらの検査だけど、考えてみると怖い検査。

結果を聞くときはドキドキだった。

一年足らずで大きくなっていたがんのことを思うと、遠隔転移の可能性も頭をよぎった。

結論から言うと、しこりの大きさは2.1cm。左脇のリンパ節に転移があった。

それ以外の遠隔転移は見つからず、ステージとしてはⅡbということになる。

ステージについては、Y病院でも、その後通院することになるS病院でも、「あなたのステージは○○です」とはっきりとは言われなかった。

資料の分類をみて、「しこりが二センチ以上でリンパ節転移がありだと、ステージⅡbだなー」と、自分で判断した。

この結果については、正直、複雑な気持ちだった。

早期とはいえるかもしれないけど、初期ではないし、リンパ節に転移している。

CTやMRIではわからないかもしれないけど、全身に運ばれてる可能性はあるのだ。

可能性の話をしても、らちがあかないことはわかっている。

それでも、いつまでも、悪くなる可能性、想像はついてまわる。

絶望と希望が入り混じった状態、ももちんはこの心をなだめることも、前向きに向かわせることも、全くできなかった。

ただ、このどうしようもない恐れを携えたまま、先に入っている診察予定をひとつひとつこなしていく、なるべく頭は使わず、たんたんとこなしていくしかない、そんな状態だった。

乳がんの検査とステージについて。国立がん研究センターがん情報サービス https://ganjoho.jp/public/cancer/breast/diagnosis.html

まとめ

ももちんの乳がん闘病記⑦病院選び、ステージ確定の時の気持ちまとめ。

  • セカンドオピニオンはどこにする?
  • 転院を決めた理由
  • ステージ確定と、その時の気持ち

次回は、仕事の休職や、カミングアウトのことなどを書いていくよ。

PC記事下

スポンサーリンク


PC記事下

スポンサーリンク


-乳がん
-

Copyright© ももちんの書評情報 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.