【第10話】30代乳がん闘病記。抗がん剤脱毛の恐怖とウィッグデビュー

スポンサーリンク

30代子なし主婦の乳がん闘病記。

今回は、脱毛の恐怖、初めて抗がん剤、ウィッグデビューまでを書くよ。

この記事のポイント

  • 抗がん剤前に一番恐れていたのは「脱毛」
  • ウィッグデビューで恐怖が安心に変わる

ももちんの乳がん闘病記って?

サイト主ももちんが2013年31歳で体験した、若年性乳がん回想録です。

告知時ステージⅡリンパ節転移あり。

術前化学療法〜乳房温存手術・リンパ節郭清〜放射線〜分子標的薬。

2019年4月ホルモン療法を終え、無治療になりました。

乳がん闘病記一覧を見る

スポンサーリンク

1.髪が抜ける恐怖

治療スケジュールが決まり、初めに抗がん剤をすることになったももちん。

治療方針決定

【第8話】30代主婦乳がん闘病記。東京での初診と検査、治療方針決定

30代子なし主婦ももちんの乳がん体験記 第8回目は、東京での初診の様子と気持ちを書いていくよ。 東京での初診 たび重なる検査で総費用52万円(保険適用外含む) 化学療法(抗がん剤)にビビる 目次1.東 ...

続きを見る

初めての抗がん剤が近づいてきて、ももちんがなによりも怖かったのは、なんだと思う?

それは、気分が悪くなったり、身体が持ちこたえられるか?という心配じゃなかった。

ももちんが一番怖かったのは、「髪が抜けること」だったんだよね。

「髪」はあって当たり前

お医者さんによると、初めに投与する抗がん剤「パクリタキセル」はほぼ100%の確率で脱毛する、とのことだった。

ふつうに生きてたら、女性は髪がなくなる心配はないに等しい。

白髪や薄毛の悩みだってそもそも「髪がある」という大前提だし、そんな悩みには美容室や専用サロンがこたえてくれる。

だけど抗がん剤の脱毛は、ぜんぜん違う。

誰もがひと目見て「がん患者」と予想できる「髪がない姿」だけは、誰にも見られたくない

美容室になんて行けないし、誰に何を相談したら良いかもわからなかった

ももちん

(髪が抜けるってどういう気持ちなんだろう。

頭の形悪いし。

髪が抜けた姿は、絶対に誰にも見られたくない。

家族にも見られたくない。

ばれないカツラってあるのかな。

帽子も買わなくちゃな。)

一瞬にして不安に飲み込まれ、ウィッグや帽子のことを調べる日々が始まった。

ももちん

このときの不安は、当時の日記にも書いてある。

2013.6.23

今日から日記つけます。

まだまだ元気。

考えることたくさん。

得るもの、絶対あるからね。うん。

とりあえず2013年下半期。人生の転換点になるんじゃないかしら。

こわいこと。

髪が抜けること。

とってもこわい。

夫と久しぶりに手をつないだよ。

夫とはなれていても二人三きゃく。

Facebookやブログでの公開…

これは、脱毛を受け入れて、上手につき合えるようになったらしようと思う。

あせることはない。たっぷり時間ありますよ。

内観する時間。

私にはめいそうより、書くってことが合ってるかもね。

義理のおとうさん、おかあさんに感謝。

本当にありがとう。

元気になること。それが一番の親孝行です。

引用元:ももちんの日記(私物)

 

2.プチカツラノイローゼ

外出用に使うウィッグは、たくさん調べた。

乳がんあるある

記事では「ウィッグ」という言葉を多用しています。

なんか、初めは「カツラ」という言葉に抵抗あったのです。

がん闘病中も、誰かと話すときは「カツラ」ではなく「ウィッグ」とかたくなに言っていました。

もっとも途中からどうでもよくなって、「ヅラデビュー」「脱ヅラ」とか普通に使ってたけど。。(笑)

ももちんは、多少高くてもいいので「自然で付け心地のいいウィッグ」を探してた。

大体病院においてあるパンフレットは、「医療用ウィッグ」が主流。

だけどけっこう値段が高くて、写真見ても「50代以上の女性向けなのかな?」って思うものが多かったんだよね。

ヘアエピテーゼのウィッグ

いろいろ調べた結果、「え!これウィッグなの?」って、衝撃をうけるくらい自然なウィッグの画像に出会った。

その画像は、医療用ウィッグ製作のNPO法人「ヘアエピテーゼさん。

ヘアエピテーゼ提携美容室のHPには、実際のお客さまのスタイルがたくさん載っていたので安心できた。

ウィッグのケアから自髪デビューまでトータルで面倒見てくれて、お値段は大手の医療用ウィッグよりお手頃

美容師さんがウィッグを扱うので、その仕上がりの自然さには美容師魂が感じられる

もちろん個室。

求めていた条件が揃っていたので、救世主を見つけた!と、すぐに提携サロンに連絡を取り、予約した。

ももちん

いろいろ調べて思ったのは、目に入るところ(病院のパンフレットや乳がん雑誌)は、ほとんど高価な大手企業のウィッグ

ウィッグの世界も、広告にお金をかけて売る「がんビジネス」の世界なんだなぁ。って思っちゃった。。

日記は、初めてヘアエピテーゼ提携美容室に行ったときのもの。

この日は希望スタイルと色の打ち合わせ。

髪があるうちにウィッグの試着をしたので、不自然さに不安が増したけど(笑)最終的には自然に仕上げてもらえました。

2013.6.25

ウィッグいったよ。

正直、より自然にしてもらえるのか、不安やでー。

えりあしういてたし。変にボリューム出てたしねぇ。

Kさん!(美容室の担当の人)たのむー!!

あなたしかいないのよ、頼みのつなは!たのんだよー!!

うし。信じましょう。

納得いかなんだらくいさがるぞ。

そのぐらいの気持ちでいくよ!

明日は、いよいよ抗がん剤デビューやで。

私は治る。それを信じる。

これからは、今まで以上に、ポジティブに信じる気持ちが必要なのです。

だから。治療に関しても、その他に関しても。

ネガティブなものは見ない

それに限ります。

引用元:ももちんの日記(私物)

ももちん

この翌日、初めての抗がん剤。

そのときの気持ちは次の記事をどうぞ。

初めての抗がん剤

【第11話】30代乳がん闘病記。初めての抗がん剤の気持ちと一日の流れ

30代子なし主婦の乳がん闘病記。 今回は、初めて抗がん剤をしたときの気持ちと一日の流れ、家での過ごし方を書くよ。 この記事のポイント 抗がん剤を心から受け入れたわけではなかった 毎回通院。抗がん剤で入 ...

続きを見る

 

おすすめのウィッグと帽子

【体験談】抗がん剤脱毛した30代主婦がおすすめの帽子とウィッグ

ももちんは30代前半で抗がん剤による脱毛を体験したんだけど、初めに悩んだのが帽子とウィッグ。 結論からいうと、実際に使ってよかったと思うのは「タンドレ」の帽子と、「ヘアエピテーゼ」のウィッグ。 この記 ...

続きを見る

アンジェリークのHP(ももちんがお世話になった美容室)

 

スポンサーリンク

3.抗がん剤後〜ウィッグデビュー

抗がん剤3回目の投与を終えた頃(初回から3週間後)、いよいよ「脱毛」が始まった。

ごっそり一気に抜ける感じではなく、ブラシでとかすと髪の毛がたくさんついてくる感じ。

いよいよきたな。

脱毛始めからウィッグへ移行のタイミングは人それぞれ

ギリギリまで自然に抜けるにまかせ、ギリギリまで帽子でしのぐか。

それとも、早い段階で丸坊主にしてカツラデビューするか。

ももちんは、髪が長いまま抜けていく方が精神的にきついだろうと考え、すぐに坊主にすることを決めた

ももちん

髪が抜け始めたときの日記。

帽子をかぶって外出していました。

2013.7.14(3回目PTX5日目)

今日は1日家にいた。

体調はふつう。

髪、抜け始めたっぽい。

まだごっそりっていうわけではなく、乾かしたりとかしたりすると抜けるって感じ。

ごっそり抜け始める日もくるのかな。

覚悟ですな。

明日、近所の駅に行ってみようかしら。ちとブラブラしに。

私ブラブラ好きだから。

でも、帽子かぶっていくかね。

早く、ウィッグつくってもらいたいものですね。

それまでは、帽子onlyで良いかな。うん。

明日予約とろうかなあ。

夫は元気かな。

ももは元気よ。

いろんな人に応援してもらって、ありがたい。

引用元:ももちんの日記(私物)

ウィッグデビュー

私です。下は丸坊主です。

髪が抜け始めてから数日後、ヘアエピテーゼの美容院にいた

まるで禊ぎの気持ちで、美容師さんのバリカンを感じていた。

坊主になった自分は、どっかの小さい男の子みたい(笑)

ウィッグのサイズ調整、ヘアスタイリングまでしっかりしてもらい、慣れない付け心地にちょっとドキドキしながら、美容院を出たことを憶えている。

道を歩きながら、周りにばれてるんじゃないか?って、とても不安だった

夫が帰宅して、ももちんを見て一言。

ぜんぜんわかんないね!似合うじゃん!

この一言にすくわれ、ほっと胸をなでおろしたのでした。

 

まとめ

30代子なし主婦乳がん闘病記、抗がん剤と脱毛まとめ。

抗がん剤と脱毛

  • 抗がん剤の副作用で最も怖かったのは脱毛
  • お世話になったのはヘアエピテーゼの医療用ウィッグ
  • 初抗がん剤後3週間でウィッグデビュー

 

ももちんが愛用していた医療用帽子とウィッグは、次の記事で詳しく紹介しているよ。

check
【体験談】抗がん剤脱毛した30代主婦がおすすめの帽子とウィッグ

ももちんは30代前半で抗がん剤による脱毛を体験したんだけど、初めに悩んだのが帽子とウィッグ。 結論からいうと、実際に使ってよかったと思うのは「タンドレ」の帽子と、「ヘアエピテーゼ」のウィッグ。 この記 ...

続きを見る

ヘアエピテーゼ公式サイト

アンジェリークのHP(ももちんがお世話になった美容室)

 

次回は、初めての抗がん剤と体調面での副作用、気持ちの変化について書くよ。

next
【第11話】30代乳がん闘病記。初めての抗がん剤の気持ちと一日の流れ

30代子なし主婦の乳がん闘病記。 今回は、初めて抗がん剤をしたときの気持ちと一日の流れ、家での過ごし方を書くよ。 この記事のポイント 抗がん剤を心から受け入れたわけではなかった 毎回通院。抗がん剤で入 ...

続きを見る

スポンサーリンク

Kindleまとめ



そもそも電子書籍って何?っていうところから、Kindleアプリの操作、Kindle Unlimitedまで、Kindleの記事をまとめたよ。

関連記事と広告

-闘病記, 乳がん
-

© 2020 ももちんの書評情報 Powered by AFFINGER5