【第11話】30代乳がん闘病記。初めての抗がん剤の気持ちと一日の流れ

2020年4月28日

30代子なし主婦の乳がん闘病記。

今回は、初めて抗がん剤をしたときの気持ちと一日の流れ、家での過ごし方を書くよ。

この記事のポイント

  • 抗がん剤を心から受け入れたわけではなかった
  • 毎回通院。抗がん剤で入院は一度もしなかった
  • 初めは副作用は大きく出なかった

ももちんの乳がん闘病記って?

サイト主ももちんが2013年31歳で体験した、若年性乳がん回想録です。

告知時ステージⅡリンパ節転移あり。

術前化学療法〜乳房温存手術・リンパ節郭清〜放射線〜分子標的薬。

2019年4月ホルモン療法を終え、無治療になりました。

乳がん闘病記一覧を見る

1.初めての抗がん剤

毎回静脈注射。トータルで数十回、注射慣れました。

ウィッグの予約をした翌日、初めての抗がん剤をした。

ウィッグ予約

【第10話】30代乳がん闘病記。抗がん剤脱毛の恐怖とウィッグデビュー

30代子なし主婦の乳がん闘病記。 今回は、脱毛の恐怖、初めて抗がん剤、ウィッグデビューまでを書くよ。 この記事のポイント 抗がん剤前に一番恐れていたのは「脱毛」 ウィッグデビューで恐怖が安心に変わる ...

続きを見る

乳がん告知から初めての抗がん剤まで、わずか一ヶ月

激しい心境の変化だったけど、いざ治療が始まるときはなぜか静かで落ち着いていた

まるでそこだけスローモーションのように、注射をする瞬間、抗がん剤が体内に入ってくる瞬間、流れている体内の感覚を、細かく感じていた。

初めて抗がん剤を投与するとき、ももちんはどんな気持ちだったと思う?

ももちん

あー、私の体、汚れるのだな。

これが、抗がん剤を体内に感じたときの素直な気持ち。

気持ちは冷静だったけど、抗がん剤をポジティブに受け止めていたわけでもなかった

 

「抗がん剤」への複雑な気持ち

「ガン」って自分でかかってなくても、テレビやネットでだれでもなにかの情報に触れている。

ももちんもそうだった。

特に「抗がん剤」というものに対しては、少なからずネガティブなイメージを持っていた。

うわさ

抗がん剤はガン細胞とともに正常な細胞まで傷つける

副作用がきつく、何年も続くかもしれない。

ガン細胞が抗がん剤に耐性ついて効かなくなるかもしれない。

こんな色んな情報が頭をよぎった。

だけど、だからって自分に何ができるだろう?

お医者さんに提示された治療法は「抗がん剤」

それを拒否できるほどがんについて詳しくもなければ、他の治療も思いつかない

それに、抗がん剤を拒否して病状が悪化したなら、それこそめっちゃ後悔するだろう。

何が正解か?

ふたを開けてみないとわからない。

どちらかを選んで、進んでいくしかない。

ももちん

どんな結果になっても、自分が一番後悔しないのは何だろう?

それを自分に問うたとき、答えを出すのは簡単だった。

「抗がん剤をやる。それ以外の選択はない。」

だけど、いざ抗がん剤を投与されているときも、心は複雑だった。

ももちん

自分がした選択は本当にこれで良かったのか?

足を踏み入れてはいけないゾーンに入ってしまったのかもしれない。

だけど、もう後戻りはできない。

そんな、妙に静かな気持ちで抗がん剤を投与していた。

怖いイメージがちらつきながらも、それに飲まれないように。

アンチ抗がん剤の本とかは、視界に入らないようにしていた。

ももちん

初めて抗がん剤を受けた日の日記を紹介。

2013.6.26(初回PTX当日)

初・抗がん剤行ってきたでー!!

副作用とかは別にない。

後は、髪が抜けるのを待つだけ。

うん。

意外に元気だけどね。

ウィッグがちゃんとしあがるまで、人には会えませんな。

それまでは身辺整理をしていきましょう。

情報発信していきましょう。

一人タイム、楽しみ。

夫と二人タイム、楽しみ。

ももはもう、ネガティブなものは見ないのだ。

うん。

あとは脱毛、始まってしまえー。

オー。

体に良いもの、食べるべし。

引用元:ももちんの日記(私物)

 

2.一日のスケジュール

なかなか快適な空間です。

ももちんが受けた抗がん剤のスケジュールは、次のとおり。

抗がん剤のスケジュール

  1. 「パクリタキセル」毎週水曜×12回(3ヶ月)
  2. 「FEC」3週間に1回×4回(3ヶ月)

※すべて日帰りの通院。

抗がん剤って、副作用がきついから入院してやるのかと思ったけど、実際は毎回通院でした。

一日の流れはこんな感じ。

簡単な流れ

  • 朝8時過ぎに病院到着、受付。
  • 採血して、その結果と問診が終わるまでに約2時間。
  • 投与OKが出たら、そこから2~3時間かけて点滴。

帰る頃には、軽く14時を回っています。

カーテンでくぎられている個室は、テレビあり、飲食自由の快適な空間

ここで、点滴が終わるまで、自由な時間を過ごせるので、あまり退屈はしなかった。

てか、ほとんど寝ていた(笑)

前半3ヶ月に投与するパクリタキセルに予想される副作用は、脱毛、むくみ、手足のしびれなど。

抗がん剤投与初日は副作用はあまり感じず、少し安心した。

 

3.「何もしない」をする

初回抗がん剤投与が終わり、しばらくは家で日常生活をゆるりと送っていた。

この頃の日記を見ると、ぐうたら生活に若干の罪悪感を感じているけど、今現在の生活リズムとほぼ変わらない。。

ももちん

今のももちん元気だけど、罪悪感一切なし。。

このときは闘病中だけど、休んでいることに居心地の悪さを感じていたもんなぁ。

弱音を吐く。

周りに頼る。

何もしないをする。

そんなことを、実体験を通して、学び始めたところでした。

ももちん

この頃の日記を紹介。

2013.6.28(初回PTX3日目)

ひとりの夜は久しぶり。

時間の制限なくねむっておりました。~AM10:30まで。

DVD(トゥワイライトブレーキングドーンだっけ?)みて、

冷やし中華、洗たくして、ねて(PM3~8じくらい)、またDVDみて、返しに行って、ついでにモスという。

ぐうたら。

誰ともしゃべらず。

でも、そんな1日も1日くらいあってもいいよね。

こうやって、ぐうたら…ポジでもなく、なにを精力的にするでもなく。

いつまでつづく?

でも、帰ってきて良かったね。うん。

明日は母にTELしてみよう。

小さいピーチちゃん。

元気にしてますか?

今日はヒーリングしてあげましょう。

チベットのヒーリングCD、いいね。

怪しげな夜にぴったり。

明日は、桃買いに行くか。

天気良ければ良いな。

引用元:ももちんの日記(私物)

 

4.2回目の抗がん剤

2回目抗がん剤の日のSNS投稿。

毎週水曜日の通院は、ももちんにとっておっくうなものではなかった。

副作用はあまりきつくないので、通院の日は、少しずつ周りに意識を向ける余裕も出てきた。

せっかく東京に来てるのだから、素敵なところでランチしよう、とか。

大きな本屋に行こう、とか。

ももちん

それでもこのあと、抗がん剤が体内に蓄積して現れる副作用に悩まされることになったけどね。

2回目の抗がん剤治療からの帰り道、立ち寄ったカフェでランチをしていたら、片隅でスピリチュアルカウンセリングをしているお兄さんが。

受けとったメッセージは、当時のももちんにはとても難しいことに聞こえたけど、気づけば今、すべて叶っている。

「願いが叶う」というより、「もう決まっている未来を、そのとき暗示してくれていた」ような気がしている

ももちん

2回目抗がん剤のときの日記を紹介。

2013.7.3(PTX2回目当日)

wPTX2回目。眠ー。

しかし順調。時間はかかったけど。

えーと。8:30ー14:30くらいか。6時間。

混んでたもんね。

点滴中はずっとねてた。

さむかった。

WBC(白血球)4200だっけ?

4500→4200になってたんだよね。

さがらない対策も必要かな。

帰りはね。

ベジタリアン&ビーガンのお店でおそめのランチ。

スピリチュアルカウンセリング15分つき。

伝わったメッセージは、ハートを大切に。

選択するとき、心の底から本当にしたいことをするってことだ。うん。

あと、こだわり、ブロックを外す。

「わ」の中でのJoyだ。

本当にしたいと思うこと。

自分にしかっと向き合って考えてみよう。

今日は、ねむろうね。

引用元:ももちんの日記(私物)

 

まとめ

30代子なし主婦乳がん初めての抗がん剤の気持ちと家での過ごし方まとめ。

初めての抗がん剤

  • 「抗がん剤」への複雑な気持ち
  • 通院抗がん剤の一日の流れ
  • 「何もしない」をする
  • 2回めの抗がん剤

 

次回は、抗がん剤の副作用について書くよ。

next
【第12話】30代主婦乳がん闘病記。体に出てきた抗がん剤前半の副作用

30代子なし主婦の乳がん闘病記。 今回は、抗がん剤の副作用について書いていくよ。 この記事のポイント 抗がん剤前半(パクリタキセル)の副作用 むくみ、毛包炎、切れ痔、動悸・息切れについて 目次1.乳が ...

続きを見る

Kindleまとめ



そもそも電子書籍って何?っていうところから、Kindleアプリの操作、Kindle Unlimitedまで、Kindleの記事をまとめたよ。

  • この記事を書いた人

ももちん

夫と猫たちと山梨在住。海外の児童文学・絵本好き。 紙書籍派だけど、電子書籍も使い中。 今日はどんな本読もうかな。

-抗がん剤の副作用, 闘病記
-

© 2021 ももちんの書評情報 Powered by AFFINGER5