精神世界

石井ゆかりさんとしいたけさん

更新日:

毎週楽しみにしているコンテンツがあって、

それは、石井ゆかりさんの週報と、しいたけさんの週刊占いなのです。

石井ゆかり公式サイト『筋トレ』

VOGUE GIRL しいたけ占い

石井ゆかりさんのは手帳も持ってます。

お二人とも有名な西洋占星術家ですね。

私は魚座なのですが、自分の「魚座」というアイデンティティに並々ならぬ愛着があります。

いつだったか巷で、「いままでの12星座が13星座になるかもしれない!?」ていう情報が流れましたが。

13星座になると、自分は水瓶座になります。

https://ja.wikipedia.org/wiki/13星座占い

・・・全然なじまねぇ。

これまで物心ついてから、30年以上も魚座だと思い込み、雑誌の最後の占いページはかかさず読み込み、

自覚はなくとも、少なからずそれらの情報から「魚座としての性格」をこつこつ作り上げてきた私が、実は水瓶座だった、なんてことになったら。

そうやって、私は自分や他人を12星座のいずれかに分類することで、所属欲求を満たし、「わからない」ことに対する漠然とした不安を解消していたんだなぁ。

石井ゆかりさんの文章、詩的で好きです。言葉の使い方が好きです。

そこには善悪や長所・短所というような、二元性によってむやみに分類・ジャッジする言葉がありません。

時期的なことでいう「要注意日」とかもないので、水星の逆行でも、なんか変に構えずに、こういうことなのねん。とまったり過ごせる。

すべてはキラキラした個性のかけらたち。愛の目線から繰り出される言葉たちは、すっと心の中に入ってきます。

あと、手帳は12星座ごとに出ているのがうれしいですね。

魚座へのメッセージがふんだんに盛り込まれているので、「私専用」という特別感を味わえます。

ニートなので、予定はだいたい真っ白です。

2019年の手帳、出ましたね!

来年はどうしようか迷ってます。

 

しいたけさんも、いいです。

男性だなぁ、と感じます。石井ゆかりさんは詩的ですが、こちらはわかりやすく、論理的に、てきぱきと、でもやっぱり愛が感じられる。

しいたけさんの言葉は、読んでて「そう!そうなの!なんでわかるの?」っていう、ドンピシャなものが多いです。

しかも、そのポイントが絶妙で、変なところ、マニアックなところ、誰にもわかってもらえないようなところを言葉にしてくれるセンス。

かゆいところに手が届くその感性は、ご自身が、自分を深く見つめてきた経緯を感じられます。

自分のことをよくわかってなくては、他の人がわかってほしい言葉も出てこないから。

昔、いろんな占いやスピリチュアルの本を読んでいた時は、

新月の願い事のワークや、春分のコラージュづくりなんかもやってましたが。

そういう定期的なワーク、やっぱり続かないのよね。(さすがずぼら!)

そんな適当な私にも、優しく寄り添ってくれる、お二方のコンテンツに感謝です。

あぁ。もうすぐ春分だよぅ。

コラージュやろうかなぁ。

PC記事下

スポンサーリンク


PC記事下

スポンサーリンク


-精神世界
-, ,

Copyright© ももちんの書評情報 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.