乳がん

乳がんをカミングアウトして感じたメリットとデメリット。

更新日:

あなたは、もし自分ががんになったら、周りにそのことを言うかな?

ももちんは、乳がんと診断されて1ヶ月くらいで、SNSでカミングアウトしたんだよね。

結果的に、カミングアウトして良かったと思うし、後悔はしていない。

でもたしかに、嫌な思いもしたよ。

今回は、がんをカミングアウトして良かったこと、良くなかったこと、両方書いていくよ。

カミングアウトするメリット

  1. 応援してもらえる
  2. 隠さなくていいから楽
  3. 生きがいができる
  4. 自分を肯定できる

デメリット

  1. いつまでもがんの人として見られる
  2. 離れていく人もいる
スポンサーリンク

私がカミングアウトした理由

そもそも、なんでカミングアウトしたかって?

ももちんがカミングアウトした理由は、ひとつだけ。

自分を楽にしたかった。

家族や親しい友人だけならまだしも、SNSで大々的にいう必要なくない?って思うかもしれない。

ももちんは、違ったんだよね。

大々的にいう必要はないけど、黙ってる必要もないよね。隠す必要もない。

がんになったという事実は変えられない。

どんなになかったことにしたくても、なかったようにふるまっても、それは偽りの姿でしかない。

それを受け入れて生きていく以上、その自分を周りに表明し、認めてもらうことが、大事なことだと思ったんだよね。

あと、がんになりましたって表明することで、少なからず周りにショックを与えるでしょ?

今後の関わり方も変わるだろうなぁって思ったけど、それを望んでもいた。

がんになったんで、ちょっとは気を遣ってねーっていう感じ。

カミングアウトすることで、周りに応援と気遣いを暗に求める、ずうずうしいももちんだったんだよね(笑)

メリット①応援してもらえる

ここからは、カミングアウトして、良かったー!って思ったことを書いていくよ。

応援してもらえる。これ、一番強く感じたこと。

SNSでカミングアウトしたときは、何年も連絡とってない友達もコメントくれたし、それはそれは勇気づけられた。

ひとりでがんばる必要ないんだって思えたんだよね。

メリット②隠さなくていから楽

アラサーでがんになると、同世代で共通の話題に、ほとんど共感しなくなる。

妊活、仕事、子育て、老後のこととか。

こっちは闘病真っ最中で、数年後生きてるかもわからない。

本当は妊活も、仕事も、老後もあきらめざるを得ない状況にいるのに、それを隠して、そういう話に加わることは、苦痛なこともある。

けど、カミングアウトしたら、そんな悩みはなくなった。

周りの話にあわせる必要もなくなったし、周りもそういう話、してこなくなった。

え?寂しいって?

これ、ももちんにとっては、楽以外のなにものでもなかったよ。

カミングアウトしたことで、確かに周りとできる話題は変わった。

それって、寂しいことじゃなく、ありがたいこと。

がんの話も隠さずできるようになったから、どんどん前向きに受け入れられるようになっていったよ。

メリット③生きがいができる

ももちんは、闘病中のことをブログで更新していた。

闘病中は、リアルタイムだったから、あまり体調悪いとか書くと心配かけちゃう。

だから、気持ちのことも体調のことも、抑えめに書いてたんだよね。

がんの経験に感謝できるようになったのは、その後何年か経ってから。

回想録として、気持ちの整理のために、ブログに更新していたんだよね。

このとき書いてたブログは、たくさん心と向き合って、できるだけ素直にその頃の気持ちを書いていた。

それをSNSでシェアして、家族や友人も読んでくれた。

これが、今のももちんのブログにもつながる原点。

初めにカミングアウトしてなかったら、ブログに書くこともしていなかった。

もし隠しながらブログを書いていたとしても、それはただの愚痴だったり、ネガティブな気持ちを吐き出すだけの内容になりがち。

弱い部分もしっかり見て、受け入れながら、素直な気持ちを書いたなら、誰に見られても自信を持っていられるんだ。

今では、書くことがももちんの生きがい。

メリット④自分を肯定できる

がんであることをカミングアウトするしない、いろんな選択がある。

ももちんは今は、あえて新しく知り合った人に、がんの経験を話すことはない。

でも、告知から闘病中にかけては、自分の心の大半をがんが占めていた。

そんな大きな存在のがんのこと。

本当は黙っているっていうだけで、ものすごいストレス。

「ある」のに「ない」としていることだから。

カミングアウトするっていうことは、その「ある」を素直に「ある」と認めることでもあるんだよね。

自分が無視していた部分を、ちゃんと見てあげるということ。

カミングアウトをおすすめしているわけではない。人それぞれ事情があるし。

でも、ひとつの行動として、ももちんが自分を肯定するきっかけになったことは確か。

デメリット①いつまでも「がんの人」としてみられる

カミングアウトして良かったな、と思うことが多かった。

でも、カミングアウトしなければ、こんな思いしなくてすんだのにな、って思うこともあった。

ここからは、カミングアウトすることのデメリットを書くよ。

ひとつめは、何年経っても、周りから「がんの人」として見られること。

実際ももちんは、がん告知されてから5年経って、元気なんだけど、いまだに言われるよ。

「体調どう?」

「今はもう元気なの?」

一生言われ続けるんだろうな、って思うと、めんどくさくなる。

もう自分の中では終わったことなのに、釘さされる感じ。

カミングアウトすると決めた自分の選択。

一度言ってしまった言葉は元には戻らないから、よく考えて選択しようね。

デメリット②離れていく人もいる

これは、しょうがないこと。

カミングアウトした時に覚悟した。

ここで残る絆はさらに強くなるし、逆に切れてしまう関係はそれでいいってこと。

カミングアウトしたことで、周りが静かになったなー、とは感じたけど、それを寂しいとも思わなかったな。

実際には、がんという経験をしたことで、ももちん自身の価値観が変わってしまったことが大きかった。

だから、ももちんから、付き合いをやめた人もたくさんいる。

30代は、子育てや仕事で忙しい時期でもあるから、今後また復活するかもしれないし、人間関係はまだまだ観察の余地あり、かな。

まとめ

がんであることをカミングアウトするメリットまとめ。

  1. 応援してもらえる
  2. 隠さなくていいから楽
  3. 生きがいができる
  4. 自分を肯定できる

デメリットまとめ。

  1. いつまでもがんの人として見られる
  2. 離れていく人もいる

カミングアウトするしない、どちらを選択するにしても、メリットデメリット両方ある。

よくよく考えて決めたなら、それが最善の選択。自信を持ってね。

カミングアウトしたとき、どんな言葉をかけられた?って気になったら、次の記事をどうぞ。

PC記事下

スポンサーリンク


PC記事下

スポンサーリンク


-乳がん
-

Copyright© ももちんの書評情報 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.