赤毛のアン

小説『アンの青春』感想。教師になったアンを描く『赤毛のアン』続編

2018/4/2    

モンゴメリ『アンの青春』村岡花子訳、(新潮文庫、2008年) 『アンの青春』はモンゴメリの小説で、『赤毛のアン』の続編にあたる物語。 教師になった16歳のアンがの成長と、アボンリーの人びととの交流を描 ...

小説『赤毛のアン』あらすじと感想。大人にこそおすすめの純文学。

モンゴメリ『赤毛のアン』村岡花子訳、新潮社、2008年 児童文学の名作とされている『赤毛のアン』。 じつは、大人になってから読むと、味わいが倍増する作品でもあるよ。 今回は、新潮文庫刊の村岡花子翻訳『 ...

Copyright© ももちんの書評情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.