「 絵本 」 一覧

絵本『100万回生きたねこ』感想。誰もが涙する。後世に残る名作!

2018/05/10   -書評(絵本)
 ,

『100万回生きたねこ』は、誰でも一度は読んだことがあると言えるほど、ロングセラー絵本。 ももちんは大人になってから読んだけど、本当に本当に大好きな絵本。 読むたびに、新たな発見がある絵本でもあるよ。 ...

絵本『ちいさいおうち』感想。変わらずにあるものの大切さに気づく。

2018/05/09   -書評(絵本)
 

この前、銀座教文館のバージニア・リー・バートン展に行ってから、バートンが描いた絵本たちをおさらいしてみたくなった。 『ちいさいおうち』は子どものころに読んでから、数十年ぶりに読んでみた。 新しい発見が ...

絵本『猫のプシュケ』感想。読み始めて1分で涙。猫好き必読の良書。

猫が登場する泣ける絵本といえば、やっぱり『100万回生きたねこ』ですって? もちろん、名作絵本。ももちんも何度となく読んでは感動の涙を流しました。 そんなあなたに、もう1冊、おすすめしたいのが『猫のプ ...

絵本『サンタのなつやすみ』感想。さむがりやのサンタの夏のバカンス

『さむがりやのサンタ』の続編、『サンタのなつやすみ』。 クリスマスのお仕事が終わり、バカンスに行くサンタクロースの物語。 今回はこの『サンタのなつやすみ』の魅力を紹介するよ。 さむがりやのサンタの新た ...

『さむがりやのサンタ』感想。一度は読みたいクリスマス絵本の名作!

クリスマスが近づくと、あったかいココアを飲みながら、絵本でも読んでほっこりしたくなるよね。 クリスマスの絵本の中でも、ももちんが一番好きなのは『さむがりやのサンタ』。 今回は『さむがりやのサンタ』の魅 ...

絵本『せいめいのれきし』感想。バートンの代表作、改訂版の特徴

2018/05/01   -書評(絵本)
 

バージニア・リー・バートンの展示をみてから、代表作の絵本を読み返したくなって、『せいめいのれきし』を図書館で借りてきたよ。 子どもの頃にも読んだはずなのに、大人になってから読むと、新鮮に感じる。 今回 ...

絵本『猫は生きている』感想。衝撃の結末に戦争を考えさせられる。

2018/04/30   -書評(絵本), 映画
 ,

1973年に出版された『猫は生きている』っていう戦争の絵本。 幼少期に読んでトラウマになっている人もいる衝撃的な内容。 大人になってから読むと、また深く考えさせられる。 平和と悲劇のギャップ おかあさ ...

絵本『ちいさいおうち』バージニア・リー・バートンの世界。

この前、銀座教文館に行ったとき、たまたま、バージニア・リー・バートンという絵本作家の展示をやっていた。 ももちんは、この人のこと、よく知らなかったんだけど、チラシに載っていた絵がとってもかわいかったの ...

Copyright© ももちんの書評情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.