「 絵本 」 一覧

絵本『くまとやまねこ』感想。誰かを亡くした悲しみに優しくしみこむ

2018/11/30   -書評(絵本)
 

『くまとやまねこ』は、『夏の庭』の湯本香樹実と、『よるくま』の酒井駒子によって生み出された、スペシャルな絵本。 愛する存在を失った悲しみにそっとしみこみ、寄りそってくれるような絵本だよ。 著者紹介 絵 ...

【大人クリスマス】一人読みたい極上絵本10選。1冊ずつ別記事で紹介

クリスマスが近づくと、本屋さんにあふれるクリスマスの絵本。 でも、たくさんありすぎて、自分に合った絵本を見つけられない人、多いんじゃないかな? 今回は、大人の女性が楽しめるクリスマス絵本10冊を紹介す ...

文字なし絵本『聖なる夜に』感想。クリスマスイブに活躍する人形たち

『聖なる夜に』はピーター・コリントンによる、文字なしクリスマス絵本。 貧しいおばあさんに起きる奇跡を、精密な絵だけで表現している。 著者・作品紹介 絵本を読んだきっかけ 主人公はおばあさん おばあさん ...

絵本『クリスマス・イブ』感想。マーガレットワイズブラウンの遺作。

『クリスマス・イブ』はアメリカの有名な絵本作家マーガレット・ワイズ・ブラウンの絵本。 子どもたちが体験する心たかなるクリスマスの夜を、繊細に表現している絵本。 著者紹介 絵本を読んだきっかけ 子どもに ...

北欧の妖精を描く『トムテ』感想。静かな冬の夜に読みたい大人の絵本

『トムテ』はスウェーデンの妖精の静かな冬の夜を描いた絵本。 19世紀の詩人リードベリが書いた詩は、味わい深く、大人におすすめの絵本。 著者紹介 トムテとは? 絵本を読んだきっかけ 北欧の静かな冬の夜 ...

文字なし絵本『天使のクリスマス』感想。静かで不思議な一夜の世界!

『天使のクリスマス』はイギリスの絵本作家ピーター・コリントンによる文字なし絵本。 女の子が寝静まった後に動き出す、クリスマス・イブの天使のお仕事を、精密な絵だけで表現している。 著者紹介 絵本を読んだ ...

『よるくまクリスマスのまえのよる』感想。酒井駒子大人気絵本の続編

『よるくま クリスマスのまえのよる』は酒井駒子の大人気絵本『よるくま』の二作目。 クリスマスイブの夜の、男の子と「よるくま」のふしぎな物語。 一作目『よるくま』を読んだことがない人にもおすすめの素敵な ...

絵本『クリスマスの森』サンタクロースと森の動物たちの心温まる物語

絵本『クリスマスの森』は、おっちょこちょいなサンタクロースと森の動物たちのあたたかな交流を描いた絵本。 ファンタジックな絵童話は、大人の絵本タイムにもぴったり。 同じあらすじの絵本『サンタおじさんのい ...

『長くつ下のピッピ』12作品比較。絵やシリーズなど特徴別まとめ。

『長くつ下のピッピ』は、スウェーデンの作家リンドグレーンが生んだ、児童文学。 現在さまざまな出版社から刊行されているので、特徴別にまとめてみた。 2018年11月に徳間書店より刊行!「長くつ下のピッピ ...

サンタおじさんのいねむり感想。どうぞのいす画家のクリスマス絵本!

『サンタおじさんのいねむり』は、『どうぞのいす』で有名な柿本幸造が絵を描いた、クリスマスの絵本。 かわいらしいサンタと動物たちにほっこりする。 同じ原作の絵本に『クリスマスの森』があるんだけど、全く違 ...

Copyright© ももちんの書評情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.