【2019年版】30代主婦に最適ながん保険6商品を乳がん経験者が選ぶ!

投稿日:2018年5月29日 更新日:


アラサーで乳がんを経験したももちん。かかったお金は200万円超。

経験者の厳しい視点から、実際に役に立ってくれそうな保険6商品を選んで、比較してみたよ。

こんな方におすすめ

  • がんの保障をしてくれる保険を探している
  • がん保険を選ぶポイントを知りたい
  • 結局、30代主婦にはどの保険がいいのか手っ取り早く知りたい
スポンサーリンク

1.がんの補償がある保険の種類

現在、保険を取り扱う会社には、大きく分けて生命保険会社と損害保険会社の二種類あるよ。

がんの保障をしてくれる保険は、生命保険会社にも損害保険会社にもあるから、それぞれの特徴を見ていこう。

生命保険会社

生命保険は、人の生死や病気・ケガによる入院などを保障する保険。

事故や災害、病気の原因を問わず、亡くなれば死亡保険金が支払われる。入院や手術をした場合も、入院給付金や手術給付金が支払われる。

入院給付金などは1日5000円・1万円など単位で設定する医療保険・医療特約が一般的。中には、入院すると日数に関係なく、一律10万円などの一時金が支払われる保険も。

いずれの保険も、契約した金額が支払われる「定額払い」

生命保険の商品例

終身保険、定期保険、定期付終身保険、アカウント型保険、収入保障保険、医療保険、がん保険、養老保険など

損害保険会社

損害保険は、偶然の事故や災害によって発生した損害を保障する保険。対象はモノや財産が基本だが、人の身体を対象とする傷害保険もある。

保険金の支払われ方は、生命保険とは違って、実際の損害額が基本

ただし、傷害保険の死亡・入院などの保険金は、定額払い。

損害保険の商品例

火災保険、自動車保険、傷害保険、海外(国内)旅行保険、個人賠償責任保険、レジャー保険など

現在、損害保険会社が医療保険やがん保険の販売を始めている。

かかった治療費の全額を支払う実損てん補型のがん保険など、損害保険らしい商品を扱っている。

医療保険とがん保険の違い

がんの保障をしてくれる保険は2種類ある。それが、医療保険とがん保険。

医療保険ががん以外の病気やケガを保障してくれるのに対し、がん保険は原則として「がん」のみを対象として保障する保険。

対象ががんに特化しているだけあって、入院・手術だけでなく、通院の保障や、診断時にまとまった金額を給付できるタイプもある。

がん保険を契約後、一定期間(通常90日間)は、がんになっても保障が受けられない猶予期間があるのも特徴。

医療保険がん保険
保障範囲がん、がん以外の病気、ケガがんのみが対象
猶予期間猶予期間なし猶予期間あり(通常90日間)
入院日数の限度限度日数あり限度なし
通院保障あっても入院前後の通院のみ保障多くの場合通院治療の保障あり
先進医療保障あるものもないものもある
診断一時金一般的に診断確定だけでは支払い対象となる給付金はない多くの場合「診断給付金」が給付される
ももちん
ざっくりいうと、医療保険は広く浅く、がん保険はがんだけを手厚く保障してくれる、というイメージ。

がんの保障なら「がん保険」

ここでがん経験者のももちんが、がんの保障のためにおすすめするのは、医療保険よりも断然がん保険。

理由は、がん保険には診断一時金があるものが多いこと。これにつきる。

入院・手術・通院・抗がん剤保障ももちろん大事だけど、それよりも重視するのはこの診断一時金。

先進医療の保障も大事なので、医療保険に加入せず、がん保険のみ加入する場合は、先進医療保障はつけておこう。

関連記事
乳がん治療費200万円超!30代主婦が体験から学んだがん保険の2大条件

アラサー主婦が、がんになったら、どれだけお金がかかると思う? ももちんは、200万円超えました・・・。 実際に乳がん治療をしたももちんが保険に求める2大ポイントは、診断一時金と先進医療保障。 こんな方 ...

続きを見る

ももちん
経験者が実感した「がん保険で大切なポイント」は、診断一時金先進医療保障

2.ぶっちゃけ入っとけばよかったと思うがん保険

2018年5月現在取り扱われているがん保険の中で、ももちんが良いなとおもった保険をあげていく。

参考にした保険比較サイトは次のとおり。これらのサイトから資料請求もできるよ。

さらに詳しく

ももちん
あくまでももちんが個人的にいいなって思う商品の紹介です。

特定の保険商品の締結・勧誘を目的としているわけではありません。

①新がんベスト・ゴールドα(FWD富士生命)

引用元:FWD富士生命公式サイト 

新がんベスト・ゴールドα(FWD富士生命)は、診断給付金のみというシンプルな保障内容。

新がんベスト・ゴールドα(FWD富士生命)特徴

  • 診断給付金50.100.200.300万円(2年に1回を限度、回数無制限)
  • がんと診断されたらそれ以降の保険料の支払いが免除
  • がん先進医療特約あり(上限2000万円)
FWD富士生命公式サイト


FWD富士生命のほかの保険の資料もみたい方はこちら。【FWD富士生命保険資料請求サイトへ】

②がん保険「ダブルエール」(ライフネット生命)

がん保険「ダブルエール」(ライフネット生命)は、診断一時金に加えて、毎月一定額を受け取れる「治療サポート給付金」が特徴。

一時金の給付は1回のみだが、その分保険料が安く設定されている。

安く一時金を備える保険としては優秀。

がん保険「ダブルエール」(ライフネット生命)特徴

  • がん診断一時金は100万円~300万円で設定可能(50万円単位)。1回限り。
  • 「治療サポート給付金」月に1回10万円が受け取れて回数が無制限。
  • 「ベーシック(C型)」「プレミアム(D型)」はがんになったら、以後の払い込みが免除される。
  • 「ベーシック(C型)」「プレミアム(D型)」はがん先進医療給付金あり(上限2000万円)。
ライフネット生命公式サイト


③終身ガン治療保険プレミアムDX(チューリッヒ生命)

引用元:YouTubeチューリッヒ生命公式チャンネル

終身ガン治療保険プレミアムDX(チューリッヒ生命)は、治療を受けた月ごとに一生涯給付される。

先進医療給付金や診断給付金など治療スタイルに合わせた特約が選べる。

設計の自由度が高いので、自分で最適な保険を組み合わせて加入したいときにはおすすめ。

終身ガン治療保険プレミアムDX(チューリッヒ生命)特徴

  • 放射線治療・ホルモン治療・抗がん剤治療を受けた月ごとに一定額(10,20,30万円)一生涯給付される(主契約通算2,000万円限度)
  • がん先進医療給付金、診断給付金も特約で選べる
  • 初めてがんと診断されたとき、以後の払い込みが免除される特約がある
チューリッヒ生命公式サイト


④がん診断保険R(東京海上日動あんしん生命)

がん診断保険R(東京海上日動あんしん生命)は、貯蓄のかわりに保険を利用するというやり方。

毎月1万円ずつ積み立て貯蓄するのと同じ感覚で、保険に加入することができる。

そもそもがんの罹患率が2人に1人であり、生涯がんにならない場合も多い

その場合、掛け捨てではないこちらの保険は最適。

がん診断保険R(東京海上日動あんしん生命)特徴

  • 診断給付金100.150.200.300万円から選択、回数無制限(2年に1回を限度)
  • 毎月の保険料は割高だが、もしガンにならなければ、掛金が決められた年齢(70歳など)で全額戻ってくる
  • 保障は一生つづく
  • がん先進医療補償特約あり(上限2000万)
東京海上日動あんしん生命公式サイト


⑤アクサダイレクトのがん終身(アクサダイレクト生命)

アクサダイレクトのがん終身(アクサダイレクト生命)は、少ない保険料で最低限の診断給付金がほしい人におすすめ。

アクサダイレクトのがん終身(アクサダイレクト生命)特徴

  • がんと診断されたら50、100、150、200万円の一時金。(1回限り)
  • 入院保障あり。
  • がん先進医療特約あり(上限500万)
  • 診断給付金100万以上やがん先進医療特約をつけると保険料が高くなる
アクサダイレクト生命公式サイト


⑥自由診療保険メディコム(新ガン治療費用保険)(セコム損害保険)

がん保険以外にも、自動車保険や火災保険を販売しているセコム損害保険。

診断給付金を回数無制限で給付してもらえるほか、入院治療・通院治療、いずれも日数無制限で実額を補償してくれる。

魅力なのは、治療費を直接病院に支払ってくれるので、立て替えが必要ないこと。

つまり、治療費は一切気にしなくてよく、さらに診断給付金がついてくる

5年ごとの更新型で、更新ごとに保険料が上がっていく。

セコム損害保険公式サイト
スポンサーリンク

3.どこへ相談する?

たくさんある保険の中から最適な保険を選ぶのは難しいし、誰かに相談できるのがいいよね。

保険の相談に行くなら、まずはいろいろ比較できる、中立的な相談窓口に行くことをおすすめする。

ちゃんと詳しい担当者の人なら、節約から資産形成のお話まで、アドバイスくれるよ。

保険相談予約サイトを活用

引用元:「保険相談ニアエル」HP 

保険の相談したいけど、どこに行ったらいいの?って思ったら、保険相談予約サイトで近くの保険ショップを探してみよう。

保険相談の予約ができるサイトはたくさんあるけど、よくあるのが、自宅への訪問相談とか、お近くのカフェとかでの相談。

自宅に来られるのは荷が重いし、カフェでお金の話、したくないよね・・・。

保険相談予約サイトニアエルは、オープンな環境で気軽に相談できる保険ショップを主として紹介している。

ももちんの地元で検索してみたら、よくいくショッピングセンターにあるショップが多かった。

保険ショップの紹介サイトは他にもあるけど、店舗数、口コミの数・質ともに、他サイトより高い水準を保っているのもポイント。

  • 紹介店舗数が業界No.1。全国対応なので、ニーズに合った店舗が見つかりやすい。
  • 「口コミを書いたらポイントプレゼント」といったことを一切行わず、実際に来店したユーザーが能動的に投稿する口コミを独自に集めている。

保険ショップだから気軽に相談できるんだけど、予約はしておいた方がいい。

ももちんは前予約なしで相談に行ったら、その日はヒアリングだけで、保険の話は再予約になっちゃったので。

ももちん
たくさんある中から店舗選べることや、生の口コミや店舗からの情報発信を見ながらショップを選べる点が好感度アップ!

相談予約はこちらから。

まとめ

30代主婦ももちん(乳がん経験者)が入っとけばよかったと思うがん保険

  1. 新がんベスト・ゴールドα(FWD富士生命)
  2. がん保険「ダブルエール」(ライフネット生命)
  3. 終身ガン治療保険プレミアムDX(チューリッヒ生命)
  4. がん診断保険R(東京海上日動あんしん生命)
  5. アクサダイレクトのがん終身(アクサダイレクト生命)
  6. 自由診療保険メディコム(新ガン治療費用保険)(セコム損害保険)

みんなも参考にしてね!

がん経験者が入れる保険を探している方はこの記事をどうぞ。

おすすめ
【術後経過年数比較】30代主婦で乳がん経験者が入れる11保険まとめ!

乳がん経験者のももちんは、2018年6月現在、手術後4年が経過した。 そこで、今後のために、がん経験者でも入れる保険にはどんなものがあるのか、調べてみた。 こんな方におすすめ 乳がん経験者でも入れる保 ...

続きを見る

スポンサーリンク

Kindleまとめ

そもそも電子書籍って何?っていうところから、Kindleアプリの操作、Kindle Unlimitedまで、Kindleの記事をまとめたよ。

関連記事と広告

-保険, 乳がん
-

Copyright© ももちんの書評情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.